|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ベアリング装着

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


フロントアクスルにボールベアリングを装着



リアドライブシャフトにボールベアリングを装着

初期Lotのモデルは、フロントもリアもシャフト径が3mmです。
多少の面取り加工等は必要ですが、外形6mm内径3mm厚み2mmの「630」というボールベアリングが、ほぼ無加工で取り付けられます。
 *Dカット部分のバリが意外と大きく、ダイヤモンドやすりでかなり大胆に削ってやらないと、ベアリングが入りません。


シールドベアリング(ZZタイプ)を取り付ける場合は、ベアリングの厚みが2.5mmになってしまうため、ホイールエンドを約1mmほど切削加工する必要が必要となります。
ちなみに、父ちゃんハマーには、フロント「630」・リア「630ZZ」が装着してあります。

現行Lotのフロントアクスルでも、軸径を3mmにまで細く切削加工してやれば、同様に取り付け可能です。(フロントアクスル項を参照)








































★印の項目は準備中です






















★印の項目は準備中です。



































ご意見/ご質問は
    こちらからどうぞ




■ Links




■ メニュー