|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

DPL Fタイヤ干渉改善

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドリドリしていると、予想外の挙動を示すこと数回。
よく見ると、フロントタイヤが、シャシに干渉しているじゃないか!
これじゃあ、駄目でしょ。




ステアを切った状態にすると、シャシ下部にしっかり当たっています。
なんじゃこりゃ。
設計ミスとしか言いようがありません。


金型の精度やら、部品のガタによる干渉とは違いますので、さくっと加工しちゃいましょ。
シャシ下端から内側(上側)に向かって、斜めに面取りします。
フロント下部カバーもタイロッドと交差するところまで切り飛ばしちゃいます。


樹脂製シャシなので、カッター一本で加工完了。
うーん。これでどうじゃぁ。。。

この後、電池ケースの淵の部分にも当たっていることが分かり、結構広い範囲を切り飛ばすことになりました。
これで、少しは舵角も増えたのかな? 小回りが利く反面、操作がシビアになったような・・・
むしろ舵角は制限したほうがいいのかも。















































































































































★印の項目は準備中です






















★印の項目は準備中です。



































ご意見/ご質問は
    こちらからどうぞ




■ Links




■ メニュー