|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

電飾

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モンスタボディーの、「ハマー」と「ランクル」はヘッドライト部分に電飾用の穴が準備されており、直ぐに電飾キットが発売されるんだろうな...と思っていましたが、待ちきれずに自作してしまいました。

その後、2006/3になって漸く「カスタマニア(04)」が発売されましたが、コストパフォーマンスを考えるとちょっと・・・。それに、カスタマニアの電飾は、モータコネクタからの分岐給電なので、FWDの時しか点灯しないし・・・。

ってな訳で、やっぱり自作をお勧めします。





100均LEDランプ・電流制限用抵抗・熱収縮チューブ・リード線・3A程度の2Pカプラ を用意します。

白・青LEDは、Vf=3.0-3.6V程度、赤・緑LEDは、Vf=1.5-2.0V程度なので、それに見合った電流制限抵抗を用意する必要が有ります。
(「LED 抵抗値計算機」のキーワードでググれば、直ぐに調べられます)




抵抗リードは2mm程度に切除し、LEDのアノードに直付けしてから、熱収縮チューブで包み込んで、絶縁処理 兼 補強を行っています。

カプラは、配線を電池ボックス(シャシ)直結にすると、ボディー交換等が出来なくなったり、整備する時に邪魔になったりするので、切り離し用として取り付けたものです。(このカプラは、元々リレー基板の給電用に設けたもので、基板の+<YELLOW>と-<VIOLET>に接続しています)


【 ハマーの場合 】
ボディーには、ホットボンドを使って固定します。
一端グリルを取り外し、元からあるレンズパーツを取り外してから、LED(Φ5mm)をグッと挿入すると、ボンド無しでもピッタリ収まります。
Φ3mmのLEDが準備できるのであれば、レンズパーツの取り外しは無用です。

この後に、LEDの周りをアルミテープで包んでやると、ボディーの裏抜けが防止できます。

本体のスイッチをONにすると、こんな感じ・・・
レンズカバーを取り外してあるので、閃光が走ります。




【 ランクルの場合 】
ランクルにΦ5mmのLEDを取り付けようとする場合は、ハマーの様に簡単にいきません。(Φ3mmLEDにはピッタリ加工済みなのですが、100均LEDはほとんどがΦ5mmタイプなので・・・)


ライト穴が小さいため、ボディー・リフレクタ共に加工が必要です。元からあるLEDを差し込む筒穴の部分は全て切除し、尚且つ、キリで約4mm程度まで開口します。ハマーのようにLEDを差し込むことができないので、固定は多少難くなります。
光軸を合わせつつ、ホットボンドで固定するのは、結構しんどいです。(やけどに注意)
光漏れ対策(アルミテープ貼り)は、固定する前に処理しておきます。

LEDの取付位置が後退するため、光の広がり感には多少難がありますが、レンズパーツ全体が拡散発光するので、出来は悪くありません。

で、出来上がりはこんな感じ・・・



→→→ 初めからΦ3mmタイプを選択すれば、こんな面倒な事をしなくて済みます!!



以下編集中


【 Jeep Liberty の電飾 】
カスタマニア04と同時発売なのに、ヘッドライト部分が白塗り仕上げのJeep Libertyには、少々がっかりしました。
せめてレンズ部分だけでもクリアパーツを使って欲しかったなぁ。
そこで、一から電飾改造を行う羽目になりました。

画像













































1
★印の項目は準備中です






















★印の項目は準備中です。



































ご意見/ご質問は
    こちらからどうぞ




■ Links




■ メニュー