|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ステアリング干渉回避

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モンスター(OFFLOAD)はフルステアすると、サスアーム上のポストとタイヤが干渉してスピードダウンしてしまいます。Net検索すると、取付位置を大幅に変更する改造を、行っている方もいらっしゃるようですが、ここはやはり見た目重視で、オリジナル性を残して弄っていこうと思います。

取り合えず、一番簡単なのは蛇角を制限してやること。
タイロッドの移動範囲を規制して、蛇が切れすぎないようにすれば、干渉しなくなります。フルステアする2mm位手前に、1.5mm程度の穴を開けて、適当な棒(爪楊枝でも可)を差し込んで瞬接で止めるだけです。(左右に0.5mmずつ制限されることになります)
写真に見える穴は、その時の名残です。

でもこの方法では、回転半径が大きくなってしまうので、根本的な改善策は・・・





タイヤと干渉するのは、サスポストのフランジ部分が長過ぎて、その先端がタイヤの可動範囲にあることが原因なのですから、これを切除して、代わりに短いポストを取り付ければ良いわけです。

ということで、ジャンクを探すと、ダンガンレーサのローラ取り付け用のネジがピッタリ流用できそうです。

Φ3mmの段付きM2ネジです。
幸い黒染めもされていますので、取り付けても違和感が無くて済みます。


元のサスポストを段付きの部分(サスペンションのCクランプが入る部分) で、仮に切断した上で、干渉具合を見ながら徐々に適当な長さを探します。

下側サスアームの受け(フレーム側)と、ほぼ同じ高さ位まで短くすると、丁度良い感じです。

切断面をヤスリで仕上げ、Φ1.5mmのドリルで下穴を開けて、2mm用平ワッシャと共に、先のΦ3mm段付きM2ネジを捻じ込めば一応完成です。

ポストを短くすると、サスペンションとロアアームの支持部分が干渉する場合があります(○部分)ので、干渉する角の部分を切削除去します。


この改造により、サスペンションがほぼ垂直に取り付けられる形となり、タイヤがフルステアしても干渉しなくなります。




























1
★印の項目は準備中です






















★印の項目は準備中です。



































ご意見/ご質問は
    こちらからどうぞ




■ Links




■ メニュー