|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

雑記帳20

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼロスピ・モバイルPC 完成しました!


2009/10/10
【CF-R4ゼロスピンドル化 HARD編】
「HDDロジック回路の5V化改造」を施してから、1週間が経過しました。
へぼ半田の状態が少々不安だったのですが、今日まで問題なく動いてくれましたので、いよいよLet'snote CF-R4G のSSD換装作業に着手します。


用意したSSDは、Transcend の TS64GSSD25-M 。
JMicron製コントローラの採用で、時々「ぷちっ」とするらしい、楽しいヤツです。
高信頼性・安定性を目指すのなら、迷わずIntel!なんでしょうけど、IDE接続で、お値段そこそこで、M嗜好のある方ならば、この選択は有りということで・・・
※ ファームウェアがVerUPし、初期の頃に比べて大分安定したという噂も聞きますが、本当のところはどうなんでしょう?

※ 09/10/13追記
  JSMonitorによると、 Firmware Version:V090216  Firmware Date:09/01/18
  ということだったので、Verup品が当たったようです。ヨカッタヨカッタ?




本当はクリーンインストールしてあげた方が良いんだろうけど、環境構築が面倒くさくて、そんなことをする気はNOTHING!
USBでPCに接続し、TrueImageを使って160GBのHDDから一気にクローンを作成。

HDDパーティション構成そのままに、サイズの調整だけして・・・
 C:\ 32GB(System用) / D:\ 16GB(Data用) / TrueImageのバックアップ領域(SZ) 12GB
の3分割にしておきました。
※前回のHDDトラブルの復旧の時点で、リカバリー領域はとっとと削除してしまい、TrueImageのバックアップ領域に置き換えて使っています。いざとなったらDVDに複製してあるから大丈夫なのさっ!


慣れた手つきで分解し、SSDを収めようとする段階で「ぷち問題」が発生・・・
2.5"HDDコンパチといいつつも、高さ寸法が不足していて、上からの押さえが効きません。このままじゃ、持ち運んだ時に、がたついてしまう・・・


HDDと並べて見比べてみると、丁度ステンレスカバーの出っ張り高さ分(2mm弱)が、薄くなっている感じです。


そこで、2mm厚ほどのウレタンテープを細長く4mm幅位に裁断して、SSDケースの隅の部分に貼り付け、隙間を埋めてやることにしました。
初めは下側に入れようとも思ったんだけど、熱のことやウレタンのヘタリのことを考えたら、上が空いていた方がいいかな?なんて思ったのでこんな形に落ち着きました。

ぱぱっと組み上げ、さぁ、それじゃ、スイッチオーーーン
OSの起動時間は30秒弱。ブラウザも、Office関係も、パパッと起動して、なんともビックリ。R4の真の実力ってこんなに高かったんだぁと再認識することに。
5v化改造のおかげで、ピン折りも、プルアップ改造もせずに、あっさりと稼動することができました。気になった再起動時の不具合もありません。
これだけサクサク動いてくれるんだったら、当分PCを買い換えなくても良いかな?なんて。
これでSSD換装は作業終了。クローンの作成時間を除けば、15分程の作業でした。

で、ついでにもう一つ・・・


「SSD化するなら、メモリーは有れば有っただけ幸せだよ」ということなのですが、CF-R4の仕様書では最大塔載1GBが限界。
オンボード512MB+追加512MBの現状は、既にMAXな状況な訳で。。。などと思っていたら、どうやら追加1GBも認識してくれるらしいとの情報を見つけ、ELECOMの安いやつをGet。


何の苦労もすること無く、あっさりと認識してくれました。ははっ、だったらとっくにやっとけば良かった・・・なんて、今だからこそこんな値段でメモリーが買えるんだよね。


SSD化を施したことにより、MyPCは完全ゼロスピンドル化(回転部品ゼロ)され、安心感は大幅アーップ!!
起動したままベランダをうろうろしようが、寝転んでNETを眺めていようが、ゆっきーのボールがばぁーんって飛んでこようが、多少のことなら大丈夫。
※ でも「ばぁーん」はやっぱまずいな。こうなると今度は液晶が不安・・・

ハイバネからの復帰時間も早くなり、終了する時もDSなどのゲーム機みたいにパタンと閉めてポンとテーブルに置けるのは、すっごく便利です。
※ でもハイバネの書き込みが終わって、電源のインジケータが消えるまで、心配で眺めてしまうのは全く意味の無いことで・・・



2009/10/11
【続-CF-R4ゼロスピンドル化 初期設定編】
いくらM嗜好だといっても、いきなりのハードプレイは勘弁ね。
何度も何度もNetを徘徊して、先人達の知恵を集め回っているあたり、既にM属性状態なのですが、まあ少しは安定志向を目指しておかなくちゃね。
っと、更にずぶずぶと沼地に足を踏み入れることに。

あちらこちらから集めた情報を整理してみると、SSDを使いこなすために大事なことは・・・

その1)寿命を少しでも延ばすため、SSDの書き換え回数をなるべく減らすこと。
→ ということで、RAMdiskを活用して、TEMPファイルなどをSSDに書き込まないようにするといいらしい。
でも折角のノートPCなんだから、ハイバネは機能させたい。書替え云々とは逆行することだけど、この便利さは捨てられない。
で、何も考えずにRAMdiskを組んだら、シャットダウンの時にRAMdisk内のデータがぶっ飛んでトラブルになるのは必至!
OS起動のストレスが無くなったのだから、「毎回シャットダウンすればいいじゃん!」っていうのも有りなんだけど、作業の継続性は大事です。
そんな訳で、数あるRAMdiskアプリの中から、「VSuiteRAMdisk」が使い易そうということで、早速インストールすることに。


メモリーも1.5GBに増設したことなので、少々多めの256MBをRAMdiskに割り当てることにしました。
シャットダウン時(ハイバネも含む)には、メモリー上のデータをSSDに書き写す設定にしておきます。
んでっ、頻繁に書き換わるデータといえば、最初に思い浮かぶのがブラウザのキャッシュファイル。
FirefoxとIeのCash量を20MBほどにして保存先をこちらに指定しました。

その2)プチフリしないように、OSの機能を制限する。
→ OSが裏でグリグリ動いている便利機能(大きなお世話とも言う)を停止して、無駄な書き込みをしないようにすると良いということで。。。

1)Prefetchを無効にする。→ SSDには関係ないでしょ。
2)8.3型式のファイル名生成をしないようにする。 → 今更8.3なんていらんよ。
3)ファイルアクセス日時の更新をしないようにする。 → いらんいらん。
4)LargeSystemCacheを有効にする。 → 機能は理解できるけど、遅延書き込みってあわてんぼうのセッカチにはちょっと恐怖。
5)ドライブのファイルインデックスをオフにする。 → 無くても困らんよね。
6)システムの復元をオフにする。 → 未だかつて、役立ったことが無い。
7)自動更新を無効にする。 → メッセージだけ頂ければ自分でしますって。


1)~4)についてはレジストリを弄る必要があります。初めの内は手作業で書き換えていたのですが、SSD環境を構築するのに便利なツール「JSOptimizer」を使えばサクッと一発で実行できます。
ついでに、TEMPフォルダ関係も、「JSOptimizer」で丸ごと変更して。
後の3つ(4.5.6)は、手作業にてちょこちょこっと弄ってやって、設定変更は完了。

「ページングファイルを無しにする」なんて情報も見かけ、RAMdiskを除いた1.25GBの領域がある環境なら、やっておいた方が良いかなとも思ったんだけど、Dドライブに512MBほど確保してしまうあたりは、小心者ということで・・・
でもそんな心配よりもむしろ、TEMPフォルダの容量を固定化してしまったことの方が、遥かに大きな問題なんじゃないの?
RAMdiskの容量以上の作業が入った場合は、実行できなくなるのでは?
ということで、試しに4GBのファイルを外付けHDDからコピーしようとしたら、案の定動いてくれませんでした。
WindowsUpdateや大きなファイルを取り扱う時に備え、「JSOptimizer」を直ぐ起動出来る状態にしておいて、TEMPフォルダの設定をSSDに変更できた方が良さそうです。



2009/10/12
【続々-CF-R4ゼロスピンドル化 確認編】

環境を構築した直後の結果はこちらです。
数字を見たところで、何がどうだということでもないのですが・・・


リブさんから奪い取ったHDD(TOSHIBA MK8025GAS)はこんな程度で・・・


ちょいの間の仮HDD(WDC WD1600BEVE-00UYT)の値がこんなだったことと比べると、やはりSSDは高速であると認めざるを得ない訳で・・・

この状態がいつまで続いてくれるかな?
SSDは使い込んで空き領域の連続性が悪化すると、とたんにWRITE性能が低下するらしいので、この点にも注意を払う必要があるみたいです。



2009/10/14
【WindowsUpdateの後に・・・】

SSD化して初めての月例アップデート。
何気に実行し、再起動させると・・・

「なに?OSが見つからんだとー?」
良く見ると、BiosくんはOSを探しに、Networkをうろちょろしていた様子。
ということは・・・
案の定、SSDが認識されていません。

その後、何度か電源の入り切りをするも認識する気配なし。
バックアップから復旧しようにも、SSDをBIOSが認識していないんだもの、ダメじゃん。。。
で、ひとっ風呂浴びてから、再度起動させてみるとあっさりと立ち上がりました。
なんだこれ?
しかし、もう一度再起動させると、異常が再現。
アダプタ・バッテリーを一旦取り外して、もう一度やってみると異常なし。
あぁこれが噂の「リセット異常」ってヤツなのね。
何度やっても、100%再現します。
でもWindowsUpdateを実行する前は、問題なく再起動できてたんだよなぁ。。。
何で今になって、異常が起こるようになっちゃったの?
納得いかんなぁ・・・



2009/10/16
【リセット回路をちょこちょこっと・・・】

理由は何であれ、再起動をする度に電源切ったり、待ちぼうけさせられたりではたまりません。
先人達の知恵をお借りして、1-42Pin間にPullup抵抗(10K)をかませてあげることに。


ついでに、ぷかぷかしていて気になるシールド板をSSDに押し付けるべく、スポンジを追加。



はいこれでもう、心配無しです。



2009/10/29
【DSi LL となっ!】

クリスマス商戦に向けて新製品投入!ってとこですか?
i が出たときはあまり気にもならなかったけど、今度のは画面が随分でかくなるそうで・・・


でも、i&Liteと比べて、でかくなり過ぎ。
画面の大きさは魅力的だけど、携帯性も大事だよね。
子供の手には、大き過ぎなんじゃね?

※ 案の定、かっちゃんは「クリスマスプレゼントに是非!」などとホザイテいますが・・・
  買うわけねーだろ!勉強しろよ!



2009/11/03
【久しぶりのRC】
今日、かあちゃんはお仕事なので、三人でお留守番。
チョット寒いけど、すっごくいい天気なのに、お家でくすぶっているなんて・・・
という訳で、久しぶりにラジコンで遊ぼう!


先日、実家の近くに素敵な路面を見つけたので、今日はターマック・ドリフト仕様のインプ君ということで。
※ 昔のボディーで恐縮です。


でも、ゆっきーも一緒に遊ぶので、のんびり、ゆったり540でね。。。
バッテリーは3300乗せとくから、いっぱい走らせられるよ。

暫くの間、御兄妹がわいわい騒いでいると、見知らぬ車がスゥーと。

車から降りてこられた方は、BBSに何度か書き込んで頂いた「たくみパパ」さんでした。

いやぁ。ついに御対面してしまいましたね。
とうとう、とうちゃんの面も割れてしまった。うーん。

暫くの談笑の後、「チョット家に行ってきますね」と言い残して去っていった「たくみパパ」さんは、たくさんの改造トイラジと、二人の子供さんと一緒に再登場。

かっちゃんは、たくみくんと、ゆっきーは、のぞみちゃんと日が暮れるまで遊んでもらい、楽しい時間をすごす頃が出来ました。

で、更に更に・・・


でっかいお土産を頂いちゃいました。
「280円ですから・・・6台もありますから・・・」と差し出されたR/Cバイク。
「いえいえ、そんな、困ります」といいつつ、「たくみパパ」さんの改造マシンを見て、沸々と湧き上がるものが・・・


なんでも、バッテリーパックの販売が終了してしまったために、残った本体が投売り状態になっていたそうで・・・
それにしても280円とは。 遊楽房凄過ぎ!

という訳で、ありがたく頂戴し、でっかい箱を抱えて自宅に戻った訳で・・・

さぁーて、どう料理してくれようか。 って、イジッテいる暇があるのか?
きっとこれは「たくみパパ」さんの陰謀だ! きっとそうだ!!
※ 「たくみパパ」さんの様に、貫徹改造作業なんて、もう出来んよ。

とかなんとか言いながらも、NEWカテゴリー開始の予感・・・
とにかく、バッテリーだけは、早く何とかしなくっちゃね。




























<<<  雑記帳19                       雑記帳21  >>>






























































































★印の項目は準備中です






















★印の項目は準備中です。



































ご意見/ご質問は
    こちらからどうぞ




■ Links




■ メニュー