|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

DPL 4セル化

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Cross-Xさんから頂いた「DPL4セル化」の投稿記事を御紹介します。


Cross-Xと言います。
ドリパケライト単四×4セル化作成の投稿させて頂きます。


かっちゃんさんのHPで紹介されている電源ラインのマイクロインダクタを取り外し、その空いたラインへ、1セルを追加しています。


使用した単四電池BOXです。
※ 型名:BH4111A マルツ電波で購入\63でした。


私の、ボディは180SXの為、元の電池の真上に取り付けようとすると、ボディーに干渉してしまいます。そのため、写真のように10mmほど後ろにオフセットさせる事にしました。
※ さりげなく、「しげの秀一/講談社」(笑)


できる限り純正っぽく?(笑)作りたかったので、基板保護用カバーを残します。
左側のネジ止め部分をカッターでカット。


シャシ側も、干渉部分をカットして、電池BOXの搭載スペースを作ります。
これは加工前の様子。


こちらが加工後です。


ドリパケライトの電源は、向かって右(リア側)へ「+」、左(フロント側)へ「-」を接続する必要がありますが、今回準備した電池BOXは「+」と「-」の向きが逆の為、付属の電源ラインを伸ばしてクロス接続しています。




電池BOXの固定には、基板保護カバー固定用のネジ穴を利用しています。
電池BOXは側面2箇所に穴を開け、ドライバーを差し入れて一点止め。
※ 基板を固定してあった+ネジを転用しています。




出来上がった状態です。



管理人より

Cross-Xさんのこの車体は、Tr換装も行っています。
使用したTrは「Q10,Q11:2SA1244Y Q12,Q13:2SC3074Y」。
モータは「PowerDash」。
きっと、すごい走りを見せ付けてくれるんでしょうね。

ノーマル基板のまま、この記事を見て4セル化するのは・・・ チョット危険な香りがします。
4セル化には、Tr換装は必須でしょう。

ロングランしたときの、モータや基板の発熱も気になるところです。
※ ちなみに「プラズマダッシュはピクリとも動きませんでした。」とのことでした。













































































































★印の項目は準備中です






















★印の項目は準備中です。



































ご意見/ご質問は
    こちらからどうぞ




■ Links




■ メニュー