アクアゾーン

項目数:41
総ポイント:1000 *DLC未配信の為 1000Gは不可能
難易度:★☆☆☆☆(~480 DLC未購入)
    ★☆☆☆☆(~840 DLC購入)

注意

初期状態で育成出来る魚は14種類しかおらず、残りの実績はDLCを購入しなければ解除出来ない。
しかし、2013年 DLCの配信は終了している。

実績解除は「100日達成」を除き、全て「卵の孵化」が条件。
1日に2回、30分ほどの世話を一ヶ月も続ければ、ほぼ全ての実績が解除される。
実績解除のタイミングは、ゲーム終了時や別の水槽に切り替える時に行われるセーブの後。

初期状態で解除出来る実績:480
ハマクマノミの卵が孵化。 ハマクマノミの稚魚が誕生しました。 20
ハナビラクマノミの卵が孵化。 ハナビラクマノミの稚魚が誕生しました。 20
カクレクマノミの卵が孵化。 カクレクマノミの稚魚が誕生しました。 20
カクレクマノミ(黒)の卵が孵化。 カクレクマノミ(黒)の稚魚が誕生しました。 20
クマノミの卵が孵化。 クマノミの稚魚が誕生しました。 20
ルリスズメダイの卵が孵化。 ルリスズメダイの稚魚が誕生しました。 20
セバエアネモネフィッシュの卵が孵化。 セバエアネモネフィッシュの稚魚が誕生しました。 20
トゲチョウチョウウオの卵が孵化。 トゲチョウチョウウオの稚魚が誕生しました。 20
トウアカクマノミの卵が孵化。 トウアカクマノミの稚魚が誕生しました。 20
ヨスジリュウキュウスズメダイの卵が孵化。 ヨスジリュウキュウスズメダイの稚魚が誕生しました。 20
エンゼルフィッシュの卵が孵化。 エンゼルフィッシュの稚魚が誕生しました。 20
ブラックネオンテトラの卵が孵化。 ブラックネオンテトラの稚魚が誕生しました。 20
トランスルーセントグラスキャットの卵が孵化。 トランスルーセントグラスキャットの稚魚が誕生しました。 20
ネオンテトラの卵が孵化。 ネオンテトラの稚魚が誕生しました。 20
100日達成 水槽を作成して100日が経ちました。 200

DLCにて解除出来る実績:360
アケボノハゼの卵が孵化。 アケボノハゼの稚魚が誕生しました。 20
ハタタテハゼの卵が孵化。 ハタタテハゼの稚魚が誕生しました。 20
キイロハギの卵が孵化。 キイロハギの稚魚が誕生しました。 20
コンゴウフグの卵が孵化。 コンゴウフグの稚魚が誕生しました。 20
クレナイニセスズメの卵が孵化。 クレナイニセスズメの稚魚が誕生しました。 20
ミツボシクロスズメダイの卵が孵化。 ミツボシクロスズメダイの稚魚が誕生しました。 20
ナンヨウハギの卵が孵化。 ナンヨウハギの稚魚が誕生しました。 20
パウダーブルーの卵が孵化。 パウダーブルーの稚魚が誕生しました。 20
ブルーエンペラーの卵が孵化。 ブルーエンペラーの稚魚が誕生しました。 20
カージナルテトラの卵が孵化。 カージナルテトラの稚魚が誕生しました。 20
グローライトテトラの卵が孵化。 グローライトテトラの稚魚が誕生しました。 20
グリーンネオンの卵が孵化。 グリーンネオンの稚魚が誕生しました。 20
コリドラス・アエネウスの卵が孵化。 コリドラス・アエネウスの稚魚が誕生しました。 20
コリドラス・ジェリーの卵が孵化。 コリドラス・ジェリーの稚魚が誕生しました。 20
ペンギンテトラの卵が孵化。 ペンギンテトラの稚魚が誕生しました。 20
レッドファントムの卵が孵化。 ペンギンテトラの稚魚が誕生しました。 20
ラミーノーズの卵が孵化。 ラミーノーズの稚魚が誕生しました。 20
ミドリフグの卵が孵化。 ミドリフグの稚魚が誕生しました。 20

未配信のDLC:160
バイカラー・ドティーバッグの卵が孵化。 バイカラー・ドティーバッグの稚魚が誕生しました。 20
ゴールデン・バタフライフィッシュの卵が孵化。 ゴールデン・バタフライフィッシュの稚魚が誕生しました。 20
ゴールドリム・タングの卵が孵化。 ゴールドリム・タングの稚魚が誕生しました。 20
シリキルリスズメダイの卵が孵化。 シリキルリスズメダイの稚魚が誕生しました。 20
スミレナガハナダイの卵が孵化。 スミレナガハナダイの稚魚が誕生しました。 20
ホワイトバードボックスの卵が孵化。 ホワイトバードボックスの稚魚が誕生しました。 20
アジアアロワナの卵が孵化。 アジアアロワナの稚魚が誕生しました。 20
コリドラス・パンダの卵が孵化。 コリドラス・パンダの稚魚が誕生しました。 20

●○○の卵が孵化。
「卵が孵化」した記録が水槽に残る事が条件であり、その後の稚魚の生死は問わない。

魚の種類にもよるが、カップリング→産卵→孵化の条件は以下の通り。
  • 水質および水温が適切な値になっている
  • 健康度が100近くを維持している
  • サンゴや水草等、産卵可能なアイテムがある
  • 繁殖周期に入っている
  • 喧嘩や縄張り争いが発生していない
  • 相性の良い雄と雌がいる

まず、セットアップウィザードで300:100:100cm(3000リットル)の水槽を作成。
土・水草・サンゴ・木・岩・バクテリアを適当に入れたら、同種の魚を雄と雌を10匹ずつ投入。
水温と照明をAUTOボタンで設定し、餌はオートフィーダーのAUTOボタンで4~8時間の範囲に設定。
水質はNO3-(硝酸塩)やNH3(アンモニア)等、右側の項目を0に維持出来るように水替えを行う。
替える水の量やカルキ抜き等、水質調整はAUTOボタンでOK。一回で綺麗にならなければ連続して行う。
後はシミュレーション速度を100倍速にし、半日おきに水質やオートフィーダーの餌量を確認していけば、
淡水魚なら実時間で1~2日、海水魚でも5~6日でカップリングから孵化まで行けるかと。

ゲームをプレイしていない時も、経過した時間×シミュレーション速度分のシミュレーションを行っているので、
長期不在時や他のゲームをプレイしたい時はシミュレーション速度を調整して、餓死や病死がないようにしたい。
これを逆手に取り、オフライン状態で水槽作成→本体時間を進める→水槽チェック・・・と効率的に育成する方法もある。
もし育成に失敗して魚が全滅してしまった場合や、三つの水槽全てに同じ魚を入れたい場合、
フィッシュジェネレーターで新しい個体を作り、その都度入れていけばOK。

育成に注意が必要な魚は以下の通り。
  • ヨスジリュウキュウスズメダイ:満腹度の低下が早い。オートフィーダーは4時間おきに設定
  • トランスルーセントグラスキャット:GH(水の硬度)が5~10程度ないと健康度が落ち、死亡する
  • トゲチョウチョウウオ:異種でも同種でも、魚が多いと喧嘩しやすい。水槽内に入れる数は抑え目にする
  • コンゴウフグ:死体が出すアンモニア濃度が高い。フィルター汚染度が40%程度あれば問題なし
  • ペンギンテトラ:pH(水の性質)を7.2以下にしないと繁殖行動を起こさない
  • ミドリフグ:唯一の汽水魚なので、専用の水槽を作る必要がある

●100日達成
水槽作成日から実時間で100日が条件だが、その間の育成記録等は問われない。
よって、空の水槽を作って100日間放置するだけでも解除される。

サンプル水槽の水槽作成日はこのゲームの発売日(2006年7月12日、実際は延期している)になっているので、
サンプル水槽を作成→セーブするだけで解除可能。



|