Hardwood Backgammon

項目数:12
総ポイント:200
難易度:★★☆☆☆

製品情報:マーケットプレース
配信日:2005年12月10日
DL費用:515円
サイズ:18.78 MB
ジャンル:テーブル ゲーム, アバター

Mega Streaker 連続で 25 ゲーム勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 30
Backgammon Veteran 合計 100 ゲーム勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。
※上記の実績の説明文は誤り。正しくは、
合計 100 ゲームプレイしましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。
10
Online Gammoner Xbox Live で 10 ゲームをプレイしましょう。 10
Pip Master 合計 25 ゲーム勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 10
Mini Streaker 連続で 10 ゲーム勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 20
Bar Baron 対戦相手のチェッカーを一度に 4 つバーに出しましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 40
Backgammon Beginner 合計 10 ゲーム勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 10
Prime Pied Pipper 相手と 75 手差以上つけた状態で勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 20
Backgammon Baby Backgammon で 1 ゲーム勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 20
Pied Pipper 相手と 50 手差以上つけた状態で勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 10
Double Take ダブル キューブ ボーナスを獲得して 1 ゲーム勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 10
Gammon Grabber ギャモンで 1 ゲーム勝ちましょう。シングル プレイヤー モードまたは Xbox Live でこれを達成しましょう。 10

まずはゲームのルールをしっかり憶える事。
ニコニコ動画やYouTubeに日本語で判りやすくルール解説してくれている人がいるので参考にすると良いです。
Hardwoodシリーズ全てに言えるが、CPU相手に実績解除はかなり難しい。
実績は全てXbox Live対戦でも解除出来る&過疎化しているので、談合を推奨。
談合する相手もいない?じゃあ強豪ソフトのGNU Backgammonを使ってみようか?
http://www.ne.jp/asahi/tarenari/gammon/gnu/gnu01.htm

二人対戦の上、難易度も調節出来るのでHeartsやSpadesに比べればコンプは楽。


●Backgammon Beginner
●Pip Master
ダブルキューブを宣言し、相手が拒否した場合、無条件で宣言した側の勝利になる。
Xbox Live対戦でこれを繰り返せば簡単。

●Backgammon Veteran
「勝ちましょう」とあるが、100ゲームプレイすれば勝敗関係なく解除される。
シングルでも簡単とはいえ、ダブルキューブ法の方が手っ取り早いのも事実。

●Mini Streaker
●Mega Streaker
同じく、ダブルキューブ法で解除可能。
CPU相手の場合、劣勢になったらゲームの終了で抜ける事が出来るが、連勝が継続されるかは不明。少なくとも「ダッシュボードに戻る」で終了すると、連勝が途切れてしまうのは確認した。

●Pied Pipper
●Prime Pied Pipper
●Bar Baron
「二つ以上のコマが置いてあるマスには、相手はコマを置けない」というルールを利用すると簡単。
自分のゴール付近6マス(インナーと呼ぶ)にコマを二つずつ並べたら、相手のコマをヒットさせバーに戻す。
すると相手はバーから復帰しようとするが、振り出し地点にコマが並んでいるので動けなくなる。
この間に自分のコマをゴールに戻したり、更にヒットさせる事で解除がしやすくなる。
インナー6マスを6つとも完全制圧することが出来れば、まずPrime Pied Pipperも取れるだろう。
75手差以上で勝てば、50手差以上で勝ちの「Pied Pipper」も同時解除されました。

なお、現在の残り手数は画面端の各プレイヤーの上に表示されている。

●Backgammon Baby
相手のコマが自分のインナーかバーにある状態で、自分が上がり切るのがBackGammon 勝ち。

普通にプレイした場合、インナーを完全制圧できたとしても自分のコマが上がっていく過程で相手に逃げられてしまい、なかなか起きない。
以下のような状況だと、ある程度起きる可能性がある。

インナーを完全制圧 ⇒ 自分のコマがほとんど上がる ⇒ 残った自分のコマがバーから出てきた相手にヒットされる ⇒ ヒットされたコマが自陣に戻ってくる際に相手のコマを再度ヒット ⇒ 相手のコマがインナーを抜ける前に自分のコマが全て上がり切る

なお、インナーの状態は問わず相手が1枚も上がらないうちに自分が上がるGammon勝ちをすると解除できる「Gammon Grabber」は「Backgammon Baby」とは別判定の模様(同時解除されませんでした)



|