ここはREV.3のページです。

ズゴック(S)  MSM-07S

赤い彗星のパーソナルカラーが施された機体。
ズゴックよりも機動力が強化されている。
水中で機動力が向上

基本データ
兵種 前衛/近距離戦型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:×
コロニー:○
アーマー値 273
コスト 220
バランサー/よろけ/基礎バランサー 中/80/240
着地硬直 ダッシュ [ノーマル] 1.0cnt.
小ジャンプ 0.8cnt.
大ジャンプ 1.1cnt.
オーバーヒート時の回復速度 普通
[機動2] 5.4cnt.
[ノーマル] 4.7cnt.
支給ポイント 5800P

単発よろけで誘導に優れた射撃武装と高い機動性が特徴。
REV.3.30より格闘型から近距離戦型へ移動したが、REV.1の時(近距離型)とは性能が異なる。
REV.3.57よりメイン・サブ・格闘ともに性能が大幅に調整された。

■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード 備考
メガ粒子砲A 32/
4連射
密着7
最長??
30/1発
低 2:6発
中 3:8発
高 4:10発
9.4cnt フルオート可
赤ロック215m
射程約235m
メガ粒子砲B 6/
単発
密着20
120m付近19
最長26
100
低1:2発
中1:3発
高1:3発
常時リロード
5cnt/1発
赤ロック215m
射程約265m

《メガ粒子砲A》

1トリガー4発発射、装弾数32発。フルオート可。
近距離機では珍しい4発発射のメイン射撃武装。
ズゴックと同じくマシンガン系の使用感だが、こちらは弾が途切れない完全フルオート発射が可能。
弾速と集弾率も強化され、ズゴックに比べれば硬直に4発HITさせやすくなっている。
ただしリロードは1cnt以上長くなりFCSも狭い。
上記強化に伴い弾幕の制圧効果は薄くなり、弾数が少ないうえにリロードはバズーカ系武装並に長いことから
フルオート発射時の性能は一概に強化とも言い切れない。ここぞという状況のみに活用しよう。
バランサーダメージは同じく30なので高バランサー相手には10発HITでダウンor8発QSタックル、
低バランサーには4発HIT後にQSタックル推奨となり、強化された格闘との相性は悪い。
160m以遠では硬直を捉えても4発HITしにくく、カットに関しても万全とは言い難い。特に上下の軸ずれ時は安定しない。
基本的に近接戦を視野に入れた場合のみ選択したいが、メガBが最終支給のため新品の状態からは長く不便を感じることになるだろう。

威力減衰距離がかなり遠く、190m付近でも1発7ダメージある模様。

《メガ粒子砲B》

1トリガー1発発射、装弾数6発。常時リロード。
ズゴックと比べてトリガーレスポンス・弾速・誘導・威力で大幅に勝り、純粋に強化されている。
誘導は斜め歩きを捉えることもあるが、どちらかといえば硬直取りやカットの安定性に貢献しており
よろけ取りに関してはジオン武装群の中でも屈指の性能を誇る。
超高バランサーに1発よろけは取れないが、低バランサーに対しては威力の高い2連撃まで入れることが可能であり、メリットのほうが大きい。
FCSの狭さから歩き狙いの偏差撃ちも一応は可能。負け無しジャンケンは遅延の短さからより安定する。
問題は1発あたりのリロード。闇雲に乱射するとあっという間に弾切れとなる。
タイマン時ではあまり苦にならないが、敵を2枚見る状況では厳しい。この辺りはガーベラ・テトラのマシンガンBと共通している。

威力減衰が少々特殊で密着20、120m辺りで19に低下し、最長射程で26となる模様。(要検証)

■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード 備考
6連装
ミサイル砲A
3/
単発
19 150
低 1:2発
中 1:2発
高 1:2発
11.1cnt 射程約160m
6連装
ミサイル砲B
2/
単発
21 1発ダウン 8.9cnt 射程約160m

《6連装ミサイル砲A》

1トリガー1発発射、装弾数3発。
頭部から誘導性の高いミサイルを正面に飛ばす。接射でもHITする。
発射時に微硬直があり、ダッシュ時は止まるので、ポンピングジャンプしながらの発射が有効である。
発射遅延は短めで、ロック距離はメインに依存する。
射程距離は160mとなっているが爆風が発生するため実際には170m程度までは命中する。

使用感はB.D.1号機の有線ミサイルに似ている。
歩き合いやフワジャンに対して本武装でプレッシャーをかけ、メインで着地硬直を狙っていこう。

ノーロックの時弾道は、やや斜め下へと地面に向けて発射される。
このため水平の位置にいる敵機に置き撃ちすると、膝以下の判定がない部分を通過してしまう場合有り。

わずかに対拠点能力あり。
敵拠点付近の戦闘ユニットを2発で撃破可能。

REV.3.57より弾数:増、リロード時間:増、射程:長

《6連装ミサイル砲B》

1トリガー1発発射、装弾数2発。1発ダウン。
こちらも接射でHITし、複数HITも可能。
弾数の少なさが不安ではあるが、メインはいずれも残弾管理にやや難があるため、ダウン取りで時間を稼げるメリットは大きい。

■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
対拠点
能力
備考
アイアン・
ネイル
24→30→20 60→50→ダウン × 合計威力 74
追尾距離 59m
ノックバック有
タックル 40 1発ダウン × 装甲重視1:50
機動重視:30


《アイアン・ネイル》

右→左→右と爪を繰り出す。
メインサブ共に敵機をよろけさせやすいためQSは狙いやすい。
REV.3.57にて強化。2連撃めまでの威力が高くなり、ジオン近距離機では高機動ゲルググ?に次ぐ総合威力となった。
ただしそれを頼み強引に格闘を仕掛けられる機体性能ではなく、あくまでチャンスを窺うのが基本。
3連撃成立後にノックバック効果があり、敵がダウン後MS2機分ほど滑る。移動自体の効果は薄いが、ダウン時間がわずかに延びるため、敵からすればなかなか鬱陶しい効果である。

《タックル》

ジオン水陸両用機特有の頭突き。

■セッティング

単位:ダッシュ・ジャンプ・歩行速度(km/h) ダッシュ時間(cnt) 旋回(rpm) 小ジャンプ硬直(f)
セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
273 244 2.3 ?m 187 12.6 28 30 120

(硬直減)
275 242 2.2 ?m 185 11.8 24 30 120

(歩行)
282 242 2.3 ?m 185 11.8 28 40 133

(ジャンプ)
267 237 2.2 ?m 205 11.8 29 30 120

(ダッシュ)
257 263 2.4 ?m 180 11.8 30 30 120

(機動)
247 253 2.3 ?m 198 12.2 29 30 120

(ブースト)
285 230 2.5 ?m 176 11.4 28 40 120

(タックル)
287 223 2.2 ?m 171 11.1 28 50 120

(装甲)
322 211 2.2 ?m 162 11.1 28 40 120
全セッティング水中機動向上

地上機動力はザクII改と同等だが、硬直はコスト280帯に次ぐ短さであり、歩行速度はガーベラ・テトラと並びトップタイ。
このため、全体的には軽快な操作感がある。

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング



+ REV.3.38まではこちら

■支給(コンプリートまで10300)

順番 武器名 バトルスコア
初期 メガ粒子砲A
6連装ミサイル砲A
アイアン・ネイル
旋回セッティング
-
1 硬直減セッティング 700
2 歩行セッティング 700
3 ジャンプセッティング 700
4 ダッシュセッティング 700
5 機動セッティング 1000
6 ブーストセッティング 1000
7 タックルセッティング 1000
8 装甲セッティング 1500
9 6連装ミサイル砲B 1500
10 メガ粒子砲B 1500

+ REV.3.38まではこちら

■まとめ

REV.3.30より格闘型から近距離型機体に変更され、格闘機特有の爆発力と引き換えに優秀な射撃武装と機動力を持つ機体となった。
ジオン軍の機体としては癖が少なく、丁寧に立ち回れば射撃戦も格闘もそつなくこなせる。
本機のポテンシャルが最大に発揮されるのは水中で、特に横幅が狭く上空に逃げにくいジャブロー地上の水路とは極めて相性が良い。
足つきタンク、水陸両用格闘機と組ませての地下砲撃は敵支援型を無力化できるので、シンプルだが強力である。


敵機と格闘やタックルがかち合った際に、メガ粒子砲を撃ちながら格闘・タックルを出すことが可能。
使い手の腕が問われるテクニック。
ただし、自機と敵機の高低差などで、メガ粒子砲がタックルをすり抜けることもあるため、過信は禁物。
また敵がタックルした際は相手のダウン無敵前に格闘を空振りするので、対格闘機では控えたほうが良い。


■その他

かのシャア・アズナブルが復活を印象付ける名シーンで搭乗していた機体である。
本機が同編成に2機以上入ると、ザクII(S)同様に出撃番号が一番若い機体以外はカラーリングが薄い桃色に変わる。

REV.1において隠し機体として実装された。
取得条件は1クレジット中の戦闘内において、前衛機体(格・近)と後衛機体(中・遠・狙)でランクSを2戦とも獲得、かつ戦闘ステージがジャブロー地上ジャブロー地下のどちらかのときのみ、という非常に厳しい条件であった(前衛・後衛の順番は問わず)。
リロードが早く全バランサー1発よろけのメイン射撃メガ粒子砲、高誘導1発よろけのサブ射撃6連装ミサイル(ただし装弾数は4発であった)、格闘威力は近距離機でありながら格闘機に匹敵する威力(特に全バランサー1発よろけのメガ粒子砲からのQSは強力であった)と武装性能も良好でありながら、機体の機動性能も良好だったため猛威を振るう。

REV.2にて他のシャア専用機と共に格闘機へとコンバート。
謎のセッティング調整と装甲値の低さ、非常につかいにくい武装から一転して不遇の時代へ。

REV.3.30にて近距離機へ再びコンバート。実に5年振りである。
以前の猛威には遠く及ばないが、応用力のある機体に仕上がっている。