ここはREV.3のページです。

ゲルググ(G)  MS-14G

陸戦型のゲルググ
重力下での戦闘に特化し、ゲルググの中でも独特の武装を持つ。

基本データ
兵種 前衛/射撃型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:×
コロニー:○
アーマー値 266
コスト 220・260
バランサー/よろけ/基礎バランサー 中/80/240
着地硬直 ダッシュ [機動4] cnt
ダッシュ [装甲4] cnt
小ジャンプ 0.8cnt
大ジャンプ 1.1cnt
オーバーヒート時の回復速度 やや速 (3.4cnt)
支給ポイント 12プレイ(24戦)後
(又は3600P)

REV.3.41まではジオン軍の射撃型機体では、主武装としてビーム・ライフルを支給される最初の機体であったが
REV.3.50からは機体特性が一変し、ジム・スナイパーII(WD隊)と同様バックブラスト(以下BB)機体となった。
とはいえ素体コストは据え置きなので、以前のように入門機体としての側面も多分に残している。
まずは本機で練習を重ねよう。

《バックブラスト》

射撃型のビルドファイターズコラボ機体、および一部の射撃機体のみ可能なテクニック。
ブーストペダルを踏んでいない状態でメイン武装発射、その直後にブーストペダルを踏むことで、
射撃硬直をキャンセルし素早くダッシュに移行することが出来る。
なおブーストペダルを踏まない状態であれば、ジャンプ中や、またブーストリミットがかかった状態からさえもBBに移行可能。

一方でメイン武装の発射硬直が非常に長いものとなっており、キャンセルが出来ないと長い硬直を晒してしまう。
また、発射硬直中にはブーストキャンセルしない限り、抜刀以外のあらゆる行動(クイック・ストライクやタックル等)が制限される。
そのため、射撃した際には必ずキャンセルを挟む必要があり、本機を使用する際にはほぼ必須と言ってよい技術となる。
本機に搭乗の際には必ず修練を積んで確実にこなせるようになっておこう

エクストラタイプ
詳しくはエクストラタイプ参照。
  • ヴィッシュ・ドナヒューカラー
    • エクストラタイプMS支給キャンペーンにて支給。
      機体カラーが濃緑色になり額部にブレードアンテナが装備され、シールドはゲルググと同型のものに変更されている。
      シールドには眼帯を着けたドクロのマークがある。
      遠目からのシルエットはゲルググに近いため誤認されやすい。

■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
ビーム・ライフルA 2/
単発
密着 40
最長 40
BB後 30(※注)
100
低1:2発
中1:-発
高1:-発
4.4cnt
撃ち切り式
? 青ロック?m
赤ロック150m
射程?m
ビーム・ライフルB 2/
単発
密着 35
最長 35
BB後 ??(※注)
100
低1:2発
中1:-発
高1:-発
6.7cnt
撃ち切り式
? コスト+40
偏差射撃可
青ロック?m
赤ロック150m
射程?m

《ビーム・ライフルA》

1トリガー1発発射、装弾数2発。
コストが低いせいかBB前の威力が若干低くなっている

《ビーム・ライフルB》

1トリガー1発発射、装弾数2発。装備時コスト+40。偏差射撃可。





■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
クラッカー 2/
単発
密着 20
最長 20
1発ダウン 7.8 cnt × 射程 156m
141m以上で
威力低下
REV.2.10
クラッカー(×2) 2/
2発同時
密着 20
最長 20
1発ダウン 6.5 cnt × 射程 156m
141m以上で
威力低下
REV.2.10

《クラッカー》

1トリガー1発、装弾数2発。
ジオン軍御用達の汎用上投げ式手榴弾。
ゲルググと同く投擲後は持ち替え前の武装に自動で持ち替える。

131mまで最大の20ダメ。
接近戦は苦手な機体のため、接近されそうな場合はとりあえず投げておくべし。
通常のクラッカーよりも高く投擲されるが、爆風範囲は広い模様。
REV.3.23で弾速が向上し、より手早くより確実にダウンを奪えるようになった。
リロード時間がザクIIなどに比べてわずかに長く、ゲルググと同じ。

《クラッカー(×2)》

1トリガー2発同時投擲、装弾数2発。
REV.3.50よりMMP-80マシンガンの削除に伴い追加。

■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
備考
ビーム・ナギナタ 10→16→30 60→50→ダウン
3回
合計威力 56
追尾距離 60m
タックル 30/40 1発ダウン 突セッティングのみ:40

《ビーム・ナギナタ》

3連撃まで可能で、59mより黄ロック。
ナギナタの振り方はベースとなったゲルググと変わり無い模様。
機体カテゴリーの特性上、やたらと格闘戦を挑むのは避けたいところだが、不意討ち・カット等、決めるべき所では確実に3連撃を決めよう。

《タックル》

普通のショルダーチャージ。
ダメージが上昇するのはタックルセッティングのみとなった。

■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
266 248km/h 0.9cnt ?m 184km/h 11.8rpm 33f 30 105km/h

(硬直減)
268 246km/h 0.9cnt ?m 182km/h 11.1rpm 29f 30 105km/h

(歩行)
275 246km/h 0.9cnt ?m 182km/h 11.1rpm 33f 30 116km/h

(ジャンプ)
260 241km/h 0.9cnt ?m 201km/h 11.1rpm 34f 30 105km/h

(ダッシュ)
250 272km/h 0.9cnt ?m 177km/h 11.1rpm 35f 30 105km/h

(機動)
240 260km/h 0.9cnt ?m 192km/h 11.4rpm 34f 30 105km/h

(ブースト)
278 227km/h 1.0cnt ?m 168km/h 10.7rpm 33f 30 105km/h

(タックル)
280 215km/h 0.9cnt ?m 159km/h 10.4rpm 33f 40 105km/h

(装甲)
325 203km/h 0.9cnt ?m 150km/h 10.4rpm 33f 30 105km/h
※機体仕様の変更に伴い全セッティング、ショートダッシュに変更。

+REV.3.38まではこちら
REV.3.38まではこちら (この白文字テキストは折り畳みによって生じる改行の位置を調整するためのものですのでこのまま残してください)

■セッティング

セッティ
ング名
アーマー
旋回
速度
ダッシュ
性能
ダッシュ
距離
ジャンプ
性能
備考
機動重視4 256 +2 +4 154m +4 総合強化
機動重視3 265 +1 +5 162m +0 ダッシュ強化
機動重視2 272 +1 +1 139m? +5 ジャンプ強化
機動重視1 280 +4 +1 148m +1 旋回強化
ノーマル 290 0 0 129m? 0 (64)
装甲重視1 295 -1 -1 132m -1 タックル威力増
装甲重視2 305 -1 -1 132m -1 硬直減
装甲重視3 305 -1 -1 123m? -1 ブースト量増
装甲重視4 330 -1 -3 ???m -3 装甲特化
Rev.3.23にて特化セッティングに変更

《機動重視》

武装の特性上、間合いの調整や着地の取り合いに勝つことが重要なので、高い機動セッティングほど戦闘を有利に進めやすい。
元々コストの割に装甲は厚めなので、機動4を基本セッティングとしても問題ないだろう。
速度と硬直に優れるゲルググに比べると機動力・移動力ともに一段劣るため、同コスト帯の格闘型機体に張り付かれると対処が難しい。
また、瀕死時の撤退やリスタートからの戦列復帰が遅れる場合があるので注意しよう。

《装甲重視》

特化セッティング導入により、タックルダメージが50に向上するのは装甲1のみとなった。
装甲1セッティング時のBRA→QSタックルは瞬時に90ダメージを奪える強力な攻撃である。
瞬間ダメージが両軍でも随一のため、乱戦が想定されるマップや8vs8では下手な格闘機より高いダメージソースとなり得る。
乱戦時にアパムをするのか味方機と合成するのかは、周囲の味方やレーダーと要相談。
さらにコスト220ながら装甲1で耐久が300近いので敵軍からすれば非常に厄介な存在になる。
クラッカー持ちであることやBRの硬直の少なさからも自衛力は決して低くないため、殿や囮役を務めることも可能になる。

ただし、当然の事ながら機動力が相応に低下する。
間合い調節はもちろん、より適確な状況判断が求められるため、バースト出撃時の護衛任務等、状況に応じて使用するのが適切。
トレモでの消化には最適だが、戦場が流動的になる危険性がある場合は汎用性に優れる機動重視の方が利点が見い出しやすいだろう。

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング


■支給(コンプリートまで8400)

順番 武器名 ポイント
初期 ビーム・ライフルA
クラッカー
ビーム・ナギナタ
旋回セッティング
-
1 硬直減セッティング 400
2 歩行セッティング 500
3 ジャンプセッティング 500
4 クラッカー(×2) 700
5 ダッシュセッティング 700
6 機動セッティング 1000
7 ブーストセッティング 1000
8 ビーム・ライフルB 1200
9 タックルセッティング 1200
10 装甲セッティング 1200

+REV.3.38まではこちら
REV.3.38まではこちら (この白文字テキストは折り畳みによって生じる改行の位置を調整するためのものですのでこのまま残してください)

■支給(コンプリートまで8400)

順番 武器名 ポイント
初期 ビーム・ライフルA
クラッカー
ビーム・ナギナタ
-
1 セッティング1 400
2 セッティング2 500
3 セッティング3 500
4 MMP-80マシンガン 700
5 セッティング4 700
6 セッティング5 1000
7 セッティング6 1000
8 ビーム・ライフルB 1200
9 セッティング7 1200
10 セッティング8 1200

その他

中コスト版ゲルググとして設定されているため、機体性能においてはゲルググより若干劣っている。
しかし、ダウンするまでのバランサーが低いためゲルググよりも被ダメージは少なくて済み、また耐久値がほとんど変わらないため、本機の方が相対的に見て装甲が厚いと言える。
グラップルダッシュをした場合、硬直自体は減るが小ジャンプ状態になった瞬間のタイミングを狙われやすい。
障害物等で硬直を隠すことが重要となる。