マラサイ(UC)  RMS-108

ハイザックの発展型。ジェネレーター出力が向上し、装甲はガンダリウムγを使用。


基本データ
兵種 前衛/近距離型?
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
コロニー内:○
アーマー値 290
コスト 220
バランサー/よろけ/基礎バランサー 中/80/240
着地硬直 中 32f
オーバーヒート時の回復速度 ?
再出撃レベル LV3
支給ポイント 勝利ポイント60

勢力戦「アーリーサマーバトル」にてジオン貢献ポイント750達成にて先行支給される。
REV4.18に登場
REV4.23より正式支給。

REV4.23にて、下記のとおり調整が入った。
  • ビーム・ライフルのダウン値が増加し、フルオート射撃が可能に。
  • ザクマシンガン改Bの発射数増加、装弾数減少、ダウン値増加、ダメージ増加、リロード時間延長、集弾率低下。
  • ザクマシンガン改Aのノックバック効果減少。
  • ハンド・グレネイド(×3)のリロード時間短縮、威力増加。
  • 機体本体のAPが増加、旋回性能向上、ダッシュ性能向上(いわゆるロングダッシュに変更)。


■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点能力 備考
ビーム・ライフル 10/
単発
14~20 80/1発
低1:3発
中1:3発
高2:4発
10.0cnt ? フルオート可
ロック距離 250m
射程距離 252m
ザク・マシンガン改B 30/
5連射
7~11×5発 50/1発
低2:4発
中2:5発
高2:6発
9.2cnt? ? ロック距離 200m
射程距離 240m

《ビーム・ライフル》

連射性がある近距離のビームライフル。フルオート連射可能。
REV4.22以前は低バランサーまでだったが、REV4.23から中バランサー機に対しても1発でよろけさせられるようになった。

REV4.23にて、ダウン値が増加しフルオート連射が可能に。

《ザク・マシンガン改B》

ヅダ高機動型ゲルググが持つような5連射のマシンガン。
ダウン値が一般的なマシンガンよりやや高めなため、乱戦時に安易にばら撒いて複数の敵に無敵時間を献上しないようにしたい。

REV4.22までは集弾率が高く硬直を撃たないとほぼ全弾当たらなかった。

REV4.23から1トリガー5発発射の敵を転倒させやすい武器に変更されたことに伴って集弾率が下がり弾がばらけるようになった。イメージとしてはゲルググMの《MMP-80マシンガン》のような挙動をする。
尚、武装の仕様変更に伴いこの機体のウリでもあったロック距離が−50mとなり、200mと通常の近距離機体より短いので注意が必要である。


■サブ

武器名 弾数 ダメージ
ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点能力 備考
ザク・マシンガン改A 40/
5連射
6×5発 20/1発
低3:9発
中4:12発
高5:15発
10.4cnt ? 射程距離 185m
60mmバルカン砲 24/
4連射
4×4発 30/1発
低1:6発
中1:8発
高1:10発
10.0cnt ? 射程距離 140m
強制よろけ
フルオート可能
ハンド・グレネイド(×3) 3/
3発同時
25 1発ダウン 6.9cnt ? 射程距離 160m

《ザク・マシンガン改A》

1トリガー5発発射、装弾数40発。フルオート可能。

集弾率が低いため、弾幕を張るのに適している。ただし距離を取ると命中率は低下する。
どちらのメインとの持ち替えでも、持ち替え動作が発生する。
REV4.23にて、ノックバック効果減少の調整が入った。

余談だが、連邦互換機であるネモの《90mmブルパック・マシンガン》に比べて弾数が8発少なくリロード時間が2.6cnt長くなっているので、同じ使用感で使うと弾がない状況が起きるので注意が必要である。


《60㎜バルカン砲》

1トリガー4発発射、装弾数24発。
トリガーを引き続けると、4発毎に間隔を開けてのフルオートが可能。
集弾性と弾速に優れているタイプの頭部バルカン。
強制よろけの為、QSがしやすい。
持ち替え動作が発生しないので、主に咄嗟のカットやダウン取り、タックルカウンター等に有用。

《ハンド・グレネイド(×3)》

1トリガー3発発射、装弾数3発。
上方向に緩やかな放物線を描く形で3つ同時に投げる。
連邦のジム・コマンドライトアーマーのハンド・グレネイドCのような軌道で3つを横一列に投げるため範囲は非常に広いのだが、クラッカーよりも少し低い高さを緩やかな放物線を描く軌道で投げるため、相手が前ブーストなどで距離を詰めようとすると、相手の位置次第で弾の軌道の内側に入られてしまい当たらなくなるといった弱点もある。
何も考えずに投げるのではなく地形や相手との高低差を意識して投げる必要があるだろう。

弾数が1トリガー分しか無く、リロード時間も長いため要注意。

REV4.23にて、リロード時間短縮、威力増加の調整が入った。


■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
備考
ビーム・サーベル 22→22→24
(理論値22→28→38)
60→50?→ダウン
3回
合計威力 68
追尾距離 59m
タックル 30/40/50 1発
ダウン
セッティングによりダメージ値変動

《ビーム・サーベル》

3連撃の合計威力は68と相応の威力。
右から振り下ろし斬り→左から右に横払い→両手で振り下ろしの動作。

《タックル》

左肩からタックルする。


■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
290 233km?/h 2.3cnt 184km/h 12.9rpm? 32f 30 113km/h

(硬直減)
287? 230km?/h 2.9cnt 182km/h 11.6rpm? 28f 30 113km/h

(歩行)
294? 230km?/h 2.9cnt 182km/h 11.6rpm? 32f 40 135km/h

(ジャンプ)
279? 226km?/h 2.9cnt 202km/h 11.6rpm? 33f 30 113km/h

(ダッシュ)
264? 251km?/h 3.0cnt 177km/h 11.6rpm? 34f 30 113km/h

(機動)
264 242km?/h 2.9cnt 195km/h 12.0rpm? 33f 30 113km/h

(ブースト)
297? 219km?/h 3.1cnt 174km/h 11.3rpm? 32f 40 113km/h

(タックル)
299? 212km?/h 2.8cnt 168km/h 10.9rpm? 32f 50 113km/h

(装甲)
339 201km?/h 2.8cnt 159km/h 10.9rpm? 32f 40 113km/h
※REV4.23より、全セッティング ロングダッシュに変更。
ゲルググMよりはダッシュ時間が短いが、一般的なコスト220近距離戦型よりは長め。

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング



■支給(コンプリートまで 13400)

順番 武装名 ポイント
初期 旋回セッティング -
1 硬直減セッティング 500 
2 歩行セッティング  500 
3 60mmバルカン砲     1500 
4 ジャンプセッティング 700 
5 ダッシュセッティング 700 
6 ザク・マシンガン改B  2500 
7 機動セッティング 900 
8 ブーストセッティング  900 
9 ハンド・グレネイド(×3)  3500 
10 タックルセッティング  1100 
11 装甲セッティング   1100 


その他

武装の関係上、近接戦を余儀なくされる可能性がある。
サブ武装に関しては他の機体で代用が効いてしまう。
マシンガンを持った場合、弾幕に優れるドム・バラッジが。
バルカンを持った場合、格闘威力がほぼ同じのザク・デザートタイプが。
ハンドグレネイドを持った場合、リロード速度に優れるザクII改がそれぞれ存在する。

本機ならではの活躍は難しいが、幸い機動力は癖がなく軽いイメージがあるため、機動性能を活かして戦場を駆け回りたい。
またREV4.23からロングダッシュ機に変更されたので支援機を積極的に抑えて行きたい。