ザクⅢ改(TWA) AMX-011S


ザクIIの後継機としてアクシズで開発された
ザクIIIを改修した機体。


基本データ
兵種 前衛/格闘型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
コロニー内:○
アーマー値 266
コスト 220
バランサー/よろけ/基礎バランサー 中/80/240
着地硬直 中 38f
オーバーヒート時の回復速度 ?
再出撃レベル LV3
支給ポイント 先行支給

勢力戦「トワイライトバトル」にてジオン貢献ポイント750達成にて先行支給される。
REV4.18に登場


■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
QD処理値 備考
ビーム・マシンガン 18/
3連射
4 27/1発
低3:6発
中3:9発
高4:12発
8.3cnt ロック距離127m
射程距離130m

《ビーム・マシンガン》

1トリガー3連射、装弾数18発。
集弾性が高いマシンガンで、硬直に対しまとめて当てる事ができる。
中バランサーまで1トリガーでよろけが取れるが、高バランサー以上によろけを取るには2トリガー分必要。

サーベルを構えている場合は持ち替え動作を挟むので、QD外しも問題なく可能。

18発(6トリガー)という弾数に対して、リロード時間が長い点に注意が必要。
(リロード8.3cntというのは、平均して24発(8トリガー)の水準である。)


■サブ

武器名 弾数 ダメージ
ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
QD処理値 備考
クラッカー 2 15 1発ダウン 8.9cnt 射程距離 127m
頭部バルカン砲 24/
4連射
2 100/1発
低1:2発
中1:3発
高1:3発
10.0cnt 射程距離 126m
フルオート可能
クラッカー(×3) 3/
3発同時
5 20/1発
低1:-
中1:-
高1:-
11.1cnt 射程距離 115m
強制よろけ

《クラッカー》

1トリガー1発発射、装弾数2発。
1発ダウンの上手投げ手榴弾。

爆風の広さ等もあり障害物越しの牽制、ダウン取りやQD外し等に重宝するが、使う前に持ち替え動作が発生する為、タックルカウンターを狙う場合相打ちになる事も。

弾数や射程、リロード時間に関しては他のジオン格闘機体が持つ同名の武装と同水準であるが、ダメージは15とゲルググ(S)と並んで若干高い。

《頭部バルカン砲》

1トリガー4発発射、装弾数24発。
トリガーを引き続けると、4発毎に間隔を開けてのフルオートが可能。

集弾性と弾速に優れているタイプの頭部バルカン。
持ち替え動作が発生しないので、主に咄嗟のカットやダウン取り、タックルカウンター等に有用。

《クラッカー(×3)》

1トリガー3発発射、装弾数3発。
通常のクラッカーと同様に上手投げで、3つ同時に投げる。
射程こそ通常のものより短いものの、3つを横一列に投げるため範囲は非常に広い。

強制よろけ属性がついている上にダウン値自体も低いため、低バランサー機にもビーム・サーベルで追撃が可能。

QS用として非常に優秀ではあるものの、弾数が1トリガー分しか無く、リロード時間も長いため要注意。


■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
備考
ビーム・サーベル 29→29→28
(理論値29→37→43)
60→0→ダウン
6回
合計威力 86
追尾距離 59m
ビーム・サーベルS 29→29→28
(理論値29→37→43)
60→30→ダウン
制限無し
合計威力 86
追尾距離 59m
タックル 40/50 1発
ダウン
セッティングによりダメージ値変動

《ビーム・サーベル》

3連撃の合計威力は86と、同コスト帯ではEXAM解除状態のB.D.2号機(NS)(合計83)に次いで低い数値。

連撃回数自体は6回あるので、QD外しを用いてダメージを伸ばす事は可能。
6連撃の合計は172ダメージ。
3連QD外し→2連QD外し→タックルのコンボで184~194と若干ダメージを伸ばす事も可能。

《ビーム・サーベルS》

Sクラス専用武装。連撃に回数制限が無くなる。

入力タイミングがシビアになる事、ダウン値の蓄積が通常のサーベルに比べて若干高くなる等、他の機体が持つ同質の装備と同じ。

《タックル》



■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
266 251km/h 1.0cnt 195km/h 13.3rpm 31f 40 112km/h

(硬直減)
268 249km/h 1.0cnt 193km/h 12.0rpm 27f 40 112km/h

(歩行)
275 249km/h 1.0cnt 193km/h ?12.0rpm 31f 40 134km/h

(ジャンプ)
260 244km/h 1.0cnt 214km/h 12.0rpm 32f 40 112km/h

(ダッシュ)
245 276km/h 1.0cnt 188km/h 12.0rpm 33f 40 112km/h

(機動)
240 264km/h 1.0cnt 205km/h 12.4rpm 32f 40 112km/h

(ブースト)
278 230km/h 1.1cnt 178km/h 11.6rpm 31f 40 112km/h

(タックル)
280 218km/h ?1.0cnt 169km/h 11.3rpm 31f 50 112km/h

(装甲)
325 205km/h ?1.0cnt 158km/h ?11.3rpm 31f 40 112km/h

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング



■支給(コンプリートまで 13400)

順番 武装名 ポイント
初期 旋回セッティング -
1 硬直減セッティング 700 
2 歩行セッティング  700 
3 ジャンプセッティング 900 
4 頭部バルカン砲 1500 
5 ダッシュセッティング 900 
6 機動セッティング   1100 
7 クラッカー(×3) 3500 
8 ブーストセッティング  1100 
9 タックルセッティング  1300 
10 装甲セッティング   1300 


その他

ジオンの同コスト帯格闘機としては、際立った特徴や武装がほとんど無い、良く言えば扱いやすく、悪く言えば個性の無い機体。

「中コスト随一の機動力」と公式に謳われているだけあり、ダッシュ速度はEXAM起動状態のB.D.2号機(NS)とほぼ同等という優れた性能を持つ。
しかしジャンプや旋回、硬直等も含めた総合的な機動力で見ると必ずしも突出しているとは言えず、耐久値もロングダッシュ機体であるサイコ・ザク(サンダーボルト)と同じであるなど、厳しい面が目立つ。

ダメージを取れる射撃武装を持っていないため、格闘を仕掛けても1ドロー2ドローではダメージが伸びない。
QD外しによって、可能な限りワンチャンスで連撃を重ねる事を重視したい。