ジェガン RGM-89D


ジムシリーズとネモの設計思想を統合させた
地球連邦軍の量産MS


基本データ
兵種 前衛/格闘型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
コロニー内:○
アーマー値 280
コスト 220
バランサー/よろけ/基礎バランサー 中/80/240
着地硬直 中 38f
オーバーヒート時の回復速度 ?
再出撃レベル LV3
支給ポイント 先行支給



■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
QD処理値 備考
ビーム・
ライフルA
4/
単発
密着 12?
最長 16?
100/1発
低1:2発
中1:3発
高1:3発
11.1cnt ?
1発ダウン
ロック127m
射程150m
ビーム・
ライフルB
3/
単発
密着 40?
最長射程時 20?
1発
ダウン
常時
リロード
約11cnt
/1発
?
1発ダウン?
コスト+10
ロック107m
射程135m


《ビーム・ライフルA》

1トリガー1発発射、装弾数4発。
発射遅延が無く硬直の発生しないBRで、威力は低いが高バランサーまで1発でよろけが取れる。

ロック距離限界辺りまでは距離が離れる事に威力が上昇するが、それ以上離れると今度は威力減衰が起こる。

高バラまでQSが可能なので扱いやすい。


《ビーム・ライフルB》

1トリガー1発発射、装弾数3発。装備時コスト+10。
常時リロード。
Aとは異なり、発射硬直の発生する1発ダウンのBRで、威力も密着から最大威力で離れる事に減衰する。
貫通属性がついているので、カット等にも使いやすい。

同コストのB.D.2号機の持つビーム・ライフルに比べると威力と装弾数で劣っているが、射程と1発あたりの
リロード時間、増加コストの軽さで優っている。

3連撃からの密着QDで121ダメージ。

■サブ

武器名 弾数 ダメージ
ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
QD処理値 備考
バルカン・
ポッド
20/
4連射
固定 3 100/1発
低1:2発
中1:3発
高1:3発
11.1cnt ?
3発ダウン?
フルオート
射程137m
ハンド・
グレネイド
2/
単発
固定 10 60/1発
低1:3発
中1:4発
高1:5発
14.4cnt ?
1発ダウン?
強制よろけ
射程120m
2連ミサ
イル・
ランチャー
4/
2連射
固定 17 150/1発
低1:2発
中1:2発
高1:2発
11.1cnt ?
2発ダウン?
コスト+10
射程140m

《バルカン・ポッド》

1トリガー4連射、装弾数20発。
標準的な性能のバルカンで、1トリガーで高バランサーまでダウンが取れる。

サブ武装で唯一持ち替え動作が発生しないので、咄嗟のカットやタックルカウンターに向いている。


《ハンド・グレネイド》

1トリガー1発発射、装弾数2発。
下手投げするグレネイドだが、転がすのではなく敵機に向けて放り投げるタイプ。
ロックせず投げた場合も、地面に着くこと無く射程限界あたりで爆発するが、壁などに当たった場合は他のグレネイド同様に跳ね返る。

威力は低いが爆風は広く、強制よろけ属性がついているので、敵のバランスを崩すのに使える。
ダウン値自体も低いので、ヒット確認から全バランサーに対して3連撃まで入る。

QD外しにも使えるが、弾数が少なくリロードも長いので要注意。


《2連ミサイル・ランチャー》

1トリガー2連射、装弾数4発。装備時コスト+10。
誘導性のあるミサイルを2連射する。
弾速は遅いが誘導はそれなりに有り、甘い横歩き程度なら刺すことができる。

ロック距離はメイン武装と同じなので、BR・Bを装備している場合はロック距離が短く、長所である誘導性が発揮しにくくなる点に注意。

発射時に僅かに硬直が発生する。



■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
備考
ビーム・サーベル 25→27→29
(理論値25→34→46)
60→0→ダウン
6回
合計威力 81
追尾距離 60m
タックル 40/50 1発
ダウン
セッティングによりダメージ値変動

《ビーム・サーベル》

3連撃の合計ダメージは81で、連邦同コスト帯格闘機の中では最も威力が低い。

幸い連撃回数は6回あるので、QD外しでダメージを伸ばす事は出来る。
QD外し6連撃の合計ダメージは163(計算上の端数部分が繰り上がってる模様)。


《タックル》


■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
283 243km/h 1.0cnt ?m 190km/h 12.9rpm 36f 40 109km/h

(硬直減)
285 240km/h 1.0cnt ?m 188km/h 11.6rpm 32f 40 109km/h

(歩行)
292 240km/h 1.0cnt ?m 188km/h 11.6rpm 36f 40 130km/h

(ジャンプ)
277 235km/h 1.0cnt ?m 209km/h 11.6rpm 37f 40 109km/h

(ダッシュ)
262 266km/h 1.0cnt ?m 183km/h 11.6rpm 38f 40 109km/h

(機動)
257 254km/h 1.0cnt ?m 199km/h 12.0rpm 37f 40 109km/h

(ブースト)
295 221km/h 1.1cnt ?m 174km/h 11.3rpm 36f 40 109km/h

(タックル)
297 210km/h 1.0cnt ?m 165km/h 10.9rpm 36f 50 109km/h

(装甲)
342 198km/h 1.0cnt ?m 155km/h 10.9rpm 36f 40 109km/h

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング



■支給(コンプリートまで 13400)

順番 武装名 ポイント
初期 ビーム・ライフルA
バルカン・ポッド
ビーム・サーベル
旋回セッティング
-
1 硬直減セッティング 500
2 歩行セッティング 500
3 ハンド・グレネイド 1200
4 ジャンプセッティング 700
5 ダッシュセッティング 700
6 機動セッティング 900
7 ビーム・ライフルB 2500
8 ブーストセッティング 900
9 タックルセッティング 1100
10 装甲セッティング 1100
11 2連ミサイル・ランチャー 3500


その他

連邦5機目となる220コスト格闘機。
比較的扱いやすいメイン2種、幅の広いサブ武装を取り揃えており、選択次第で戦い方に幅が持てるようになっている。
反面、同コスト帯の格闘機体と比較すると、格闘威力の低さや機動性の凡庸さなどが目立ち、これといった強い優位点を見出しにくい。

しかし、BR・Aが同コスト帯のメイン武装で唯一高バランサーまで1発よろけが取れるので、他機体よりQSが仕掛けやすい事。
BR・Bを装備した場合でもサブのハングレでよろけが取れるので、QS・高威力QD・QD外しのどれもが可能なセッティングに出来るなど、長所が無いという訳ではない。

同コスト間でも格闘機の選択肢は多いため、目的を持って扱いたい。