ジム・スナイパーカスタム(SP)  RGM-79SC

「MSV-R』に登場する機体。
ア・バオア・クーに参戦したシモダ小隊仕様。
両肩にミサイル・ランチャーを装着している。
基本データ
兵種 前衛/支援型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
アーマー値
コスト 180
バランサー/よろけ/基礎バランサー ?/?/?
着地硬直 ?
オーバーヒート時の
回復速度
?
再出撃レベル LV4
支給ポイント 40

2017年10月16日に正式支給された機体。
2017年10月16日~11月6日の期間中のみ支給勝利ポイントが40ポイントから20ポイントに割引されていた。

ジム・スナイパーII同様マニュアルスナイパーライフルだが、1発あたりのダメージが高い。

■メイン


武器名 弾数 ダメージ ダウン補正値 リロード速度 対拠点能力 備考
R-4・ビーム・ライフルAB共通
(カートリッジ1)
5/
単発
密着20?
最長36?
80
低 1:3発
中 1:3発
高 2:4発
8.5cnt × 青ロック217m
赤ロック217m
射程距離217m
R-4・ビーム・ライフルA
(カートリッジ2)
3/
単発
密着40
最長68?
60
低 1:3発
中 1:-発
高 1:-発
20.7cnt × 青ロック700m
射程距離700m
強制よろけ
R-4・ビーム・ライフルB
(カートリッジ2)
2/
単発
密着50
最長100?
1発ダウン 28.9cnt × 青ロック700m
射程距離700m

《R-4・ビーム・ライフルA/B カートリッジ1》


《R-4・ビーム・ライフルA/B カートリッジ2》

カードリッジ2はマニュアルスコープライフル。
  • 相手を正面に捉えたら、ロック・レバーニュートラル即発射すれば当てられる。練習してみよう。
  • ジム・スナイパーII同様、相手の進軍先を予測しスコープを構えるのが基本。

《R-4・ビーム・ライフルA》

1トリガー1発発射、1発よろけ(要検証)、装弾数3発。打ち切りリロード。貫通性能無し。
距離でダメージが上がる。3発で約150のダメージを確認

《R-4・ビーム・ライフルB》

1トリガー1発発射、1発ダウン、装弾数2発。打ち切りリロード。貫通性能無し。
ビーム・ライフルAより1発あたりのダメージは高いが、
2発当ててもビームライフルAの3発と威力がそれほど変わらない模様

■サブ


武器名 弾数 ダメージ ダウン補正値 リロード速度 対拠点能力 備考
ミサイル・ランチャー 4/2発同時 20? 1発ダウン? 10.0cnt × 射程距離 150m
ロック距離:持ち替え前の武装と同じ

《ミサイル・ランチャー》

2発同時発射のミサイル。


■格闘


武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
対拠点能力 備考
ビーム・サーベル・ユニット ?→?→? 60→50→ダウン
3回
× 合計威力?
追尾距離 59m
タックル 30 1発
ダウン
× 旋・硬・跳・走・機:30
歩・推・装:40
突:50

《ビーム・サーベル・ユニット》



《タックル》



■セッティング


セッティング名 アーマー
旋回
速度
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
性能
硬直
時間
タックル
ダメージ
備考

(旋回)
??? ? ? ? ?m ? ? 30

(硬直減)
??? ? ? ? ?m ? ? 30

(歩行)
??? ? ? ? ?m ? ? 40

(ジャンプ)
??? ? ? ? ?m ? ? 30

(ダッシュ)
??? ? ? ? ?m ? ? 30

(機動)
??? ? ? ? ?m ? ? 30

(ブースト)
??? ? ? ? ?m ? ? 40

(タックル)
??? ? ? ? ?m ? ? 50

(装甲)
??? ? ? ? ?m ? ? 40




旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング



■支給(コンプリートまで12000)

順番 武器名 バトルスコア
初期 R-4・ビーム・ライフルA
ミサイル・ランチャー
ビーム・サーベル・ユニット
旋回セッティング
-
1  500 硬直減セッティング
2  500 歩行セッティング
3  500 ジャンプセッティング
4  700 ダッシュセッティング
5  700 機動セッティング
6  700 ブーストセッティング
7  2500 R-4・ビーム・ライフルB
8  900 タックルセッティング
9  900 装甲セッティング

その他

メインCT2の威力はそこそこ高いため、使い勝手は悪くないのだが、
CT1でカットしづらい事をどう対処するかが課題。
ジム・スナイパーカスタムはバルカンがあるため
前線補助も可能であったが、
こちらのミサイルのレスポンスは悪く同等の運用は厳しい。
運用方法の研究が求められる。