ザクレロ  MA-04X

MIP社により、ビグロやグラブロに先駆けて開発された試作型モビルアーマー。


基本データ
兵種 前衛/格闘型
出撃可能地域 地上:×
宇宙:○
アーマー値 306
コスト 200・210・220
バランサー/よろけ/基礎バランサー 高/100/300
着地硬直 ?
オーバーヒート時の
回復速度
?
再出撃レベル LV3
支給ポイント 先行支給

勢力戦「メモリアルバトル」にてジオン貢献ポイント750達成にて先行支給される。
REV4.14に登場

格闘カテゴリーの機体だがブーストリミッターが解除されている。
また、空中ではロングダッシュが可能。

見た目的に無理そうであるが、コロニー内マップで出撃が可能。


■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン補正値 リロード速度 対拠点能力 備考
拡散ビーム砲A 3/単発 5~10 100
低1:2発
中1:3発
高1:3発
10.0 cnt × 射程距離 107m
ロック距離 127m
拡散ビーム砲B 1/単発 30~48 300 14.1 cnt × コスト+10
射程距離 115 m
ロック距離 127m

《拡散ビーム砲A》

1トリガー1発発射、装弾数3。
発射時に軽微な硬直が発生し、ブーストが止まる。

ショットガンの様に拡散するビームを発射する。
遠くへ飛ぶほど拡散の範囲も広くなるが、射程距離が赤ロックの限界距離よりも短いため、置き撃ち等には向かない。

ダウン値100という性能は本来よろけ取りに向いているが、ブーストが止まるためケンプファーのショットガンAのような挙動ができず、QSにはやや使いづらい。

《拡散ビーム砲B》

1トリガー1発発射、装弾数1。
装備時コスト+10。

こちらは高威力1発ダウンの武装となっており、発射時の硬直もAより大きい。
ゴッグのメガ粒子砲Bと似た物のように思えるが、あちらほど威力はなく貫通もしない上に、リロードは長い。
密着から最大威力が出る点は同じなので、QD用としては適している。


■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン補正値 リロード速度 対拠点能力 備考
ミサイル 24/6連射 4 100
低1:2発
中1:3発
高1:3発
13.3cnt × 射程距離 130m
ロック距離 持ち替え前と同じ
ヒート・ナタB - 31→43?
(理論値31→53)
- - × コスト+10
ロック距離 59m
合計威力 74

《ミサイル》

1トリガー6発連射、装弾数24。
左右のミサイルポッドから直進するミサイルを交互に6発連射する。

一度に6発を連射する割に1発あたりのダウン値は高く、低バラで2発、それ以上でも3発当たればダウンする。
咄嗟のダウン取りの他、ロック送り等で複数の敵をダウンさせたりも出来る。
ただし、いたずらにバラまくと複数の敵に安いダメージで無敵時間を与える事にもなるため注意したい。

《ヒート・ナタB》

追加格闘武装、装備時コスト+10。
連撃回数は2回で、合計ダメージは74。

他の格闘機体の追加格闘武装とは異なり、ヒート・ナタAからこの武装に繋ぐ事は出来ず、BからAの繋ぎのみ可能(ガンダムGP02AのサーベルBと同じ仕様)。

B→Aの5連撃の合計威力は131と高い数字であるが、A3擊→拡散ビーム砲Bの合計が132で殆ど変わらない。
しかもB2擊からA3擊まで入れた場合、連撃回数が5回に達して敵機がダウンしてしまうので、QDを入れる事が出来ない。

この武装込みの最大ダメージを出す場合、B2擊→A2擊→拡散ビーム砲Bでの158ダメージとなる。

なお、2連撃までで74と纏まったダメージを出せる事も頭に入れておきたい。
B2撃→A1撃の時点で92ダメージと、A3連出し切りよりも高いダメージが出せる。
QDも普通の格闘と同じように行える。


■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
備考
ヒート・ナタA 29→28→27?
(理論値29→35→41)
60?→0?→0?
5回
合計威力 84
追尾距離 59m
タックル 40 1発ダウン タックルセッティング:50

《ヒート・ナタA》

両手のヒート・ナタによる攻撃で、モーションは右手→左手→両手の順で振り下ろす。
合計ダメージは84とコスト相応。

連撃回数は5回だが、武装の都合上能動的にQDを外す事がほぼ不可能なので、Bとの組み合わせを考慮した数字と思って間違いない。

《タックル》

肩を突き出して体当りする、ごく普通のタックル。
タックルセッティングでのみ威力が50になる点も他の格闘機体と同じ。


■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
306 237km/h 4.1cnt ?m 182km/h 11.2rpm 43f 40 85km/h

(硬直減)
308 234km/h 3.9cnt ?m 180km/h 10.3rpm 39f 40 85km/h

(歩行)
315 234km/h 4.1cnt ?m 180km/h 10.3rpm 43f 40 102km/h

(ジャンプ)
300 230km/h 3.9cnt ?m 200km/h 10.3rpm 44f 40 85km/h

(ダッシュ)
285 255km/h 4.2cnt ?m 175km/h 10.3rpm 45f 40 85km/h

(機動)
280 246km/h 4.1cnt ?m 193km/h 10.6rpm 44f 40 85km/h

(ブースト)
318 216km/h 4.3cnt ?m 166km/h 10.0rpm 43f 40 85km/h

(タックル)
320 205km/h 3.9cnt ?m 158km/h 9.7rpm 43f 50 85km/h

(装甲)
365 193km/h 3.9cnt ?m 149km/h 9.7rpm 43f 40 85km/h

全てのセッティングでブーストリミッターが解除されている上に、空中に限りロングダッシュが可能。
表のダッシュ時間は全て空中時のもので、接地状態では半分程度の数値。

空中ダッシュの持続持続だけ見れば、超ロングダッシュ可能であるギラ・ズールさえも上回る数値を誇る。
反面、接地状態ではブーストゲージの消耗が激しく、歩行速度も極端に遅くオーバーヒートからの復帰もかなり遅いため、一度ブーストが切れると非常に危険な状態に陥る。
また着地硬直も大きいので、着地を晒す事は他機体以上に避けたい。

旋・硬・歩セッティング

支給状態の旋回セッティングから既に、空中に限れば4カウント近くブーストダッシュが持続する。
ただし、ダッシュ速度自体は同コスト帯でも遅い部類なので、実戦では機動系セッティングが無難と言える。

跳・走・機セッティング

走セッティングでは自慢のロングダッシュに磨きがかかり、速度自体の遅さを補えるものになる。
低めの旋回性能を補える機セッティングも充分に有用と言える。

推・突・装セッティング

ロングダッシュ自体は可能であるものの速度自体が落ち込むので、アーマーを確保しつつロングダッシュで自在な踏み込みも…という訳にはいかない。
着地硬直の大きさや低めな旋回性能の事もあるので、使用する場合は慎重に。


■支給(コンプリートまで10300)

順番 武器名 バトルスコア
初期 ? -
1  硬直減セッティング 500
2  歩行セッティング 500
3  拡散ビーム砲B 900
4  ジャンプセッティング 600
5  ダッシュセッティング 600
6  機動セッティング 800
7  ブーストセッティング 800
8  ヒート・ナタB 3600
9  タックルセッティング 1000
10  装甲セッティング 1000


その他

Rev4.14現在で唯一のモビルアーマーであるが、目新しい機能や仕様は特に無い。
公式サイトにおける実装告知時にも「まさか」と銘打たれており、MAの実装は本機のみに留まると予想される。

ブーストリミッターが解除されている格闘機は幾つかあるものの、空中限定とはいえ全セッティングで超ロングダッシュ可能な格闘機は他に無く、本機の大きな特徴となっている。
公式の謳い文句には「圧倒的火力で勢い良く敵戦線を突貫せよ」とあるが、ブーストダッシュの速度自体はそれ程速くなく、火力はむしろ貧弱なので鵜呑みにするのは禁物。

追加格闘武装の仕様が少々特殊な事もあり、武装の選び方一つで運用法も変わってくる。

  • 拡散ビーム砲A、ミサイル
支給直後の状態。
拡散ビーム砲によるQS、ミサイルで手早くダウン取りやカットが可能であり汎用性に長ける組み合わせ。
反面、これといった特徴はロングダッシュのみであり、攻撃面はコスト相応とは言いにくい。
ブースト特性を除けば、一回りコストの低いザクII(S)高機動型ザク(R-1A)(3S)でも同様の役割を果たせる上に、攻撃面でそれらに大きく差を付けられてる。

  • 拡散ビーム砲A、ヒート・ナタB
QSの仕掛けやすいビーム砲Aと追加格闘の組み合わせ。
高威力の連撃を狙いやすくなるのが大きな利点だが、まともな射撃戦は望めず手早くダウンを取る事も難しくなる。
とはいえビーム砲A→ナタB2撃→ナタA3撃のダメージは141とそれなりに高く、ブースト特性を活かした闇討ち、強襲にはもってこいだと言える。

  • 拡散ビーム砲B、ミサイル
メイン射撃の威力が大幅に上がり、QDを用いて短時間に大きなダメージを取る事が可能となる。
サブのミサイルがあるお陰で一応の射撃戦も出来る。
ただしQSを仕掛ける事は出来ないため、格闘のチャンスは慎重にうかがう必要がある。

  • 拡散ビーム砲B、ヒート・ナタB
本機の最大ダメージを狙える組み合わせ。
QSを仕掛けられず、一度メイン射撃を撃ってしまうと暫く射撃が出来なくなるという大きな問題を抱えるものの、状況に応じて仕掛ける攻撃方法を吟味し、ワンチャンスを活かしていけば敵に大きなプレッシャーをかけていけるだろう。
コストアップには要注意。

コロニー出撃可能な点に疑問の声もあるが、これはモビルポッド群やドラッツェと違い両腕がAMBAC(自動姿勢制御)として機能する設定のためと思われる。