ここはREV.4のページです。

デルタプラス MSN-001A1


基本データ
兵種 前衛/射撃型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
コロニー:○
アーマー値 280
コスト 300・320
バランサー/よろけ/基礎バランサー 中/80/240
着地硬直 ?
ブーストゲージ回復速度 ?
再出撃レベル LV2
支給ポイント 先行支給

勢力戦「オータムバトル2017」にて連邦貢献ポイント750達成にて先行支給される。

まずは、戦闘シュミレーターやトレーニングモードでフライト操作、
変形、変形強制解除からのフライトゲージリロードのための消化方法、
戦場から脱出する操作を覚えよう。



■飛行性能

飛行時間はリゼルが12カウントに対して、当機体は7カウントと短い(回復は同等の10カウント強)
フライトスピードはリゼルより速い(要検証)が、飛行距離はリゼルにアドバンテージがある。
戦場の緊急離脱のカウントはある(フル加速、フル上昇)。
距離を稼ぐには変形解除直前に高さを稼いで解除してモビルモードのブーストで
落下-回復ブーストで移動する。
ちなみに、7カウントでは
  • キャリフォルニア・ベース、マスドライバー中央最上段にダッシュ終了直前に変形で開幕・復活時、ぎりぎり登れる。
  • ヒマラヤ(R)、山上側から中央高台に到達を確認。
  • サイド7・(R)、拠点・復活時中央山に、到達を確認。
  • アイランドイーズ、ちょうど中央高台を飛び越し落ちるくらいの位置
※スタート直後に変形して敵に向かうとだいたいのステージで敵の目前で変形解除になり、
進軍してくる敵集団を追い越せない。
リゼルはアイランドイーズで集団上空で解除、進軍集団の背後を取れたりする)
速度が速い、飛行カウントが短いため枚数があっているときは、1機を自分側にひきつけこまめに変形し
戦場を短距離移動で切り離し、瞬間枚数有利を味方に作りながら戦う戦術が有効か。

■メイン

通常時
武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
ビーム・ライフルA 8/
単発
密着 30
最長 55
160
低1:2発
中1:2発
高1:2発
9.6cnt
撃ち切り式
? 青ロック?m
赤ロック215m
射程217m
ビーム・ライフルB 6/
単発
密着 41
最長 75
160
低1:2発
中1:2発
高1:2発
12.0cnt
撃ち切り式
? 青ロック?m
赤ロック215m
射程227m?
貫通
ビーム・ライフルC 4/
単発
密着 38
最長 70
160
低1:2発
中1:2発
高1:2発
常時リロード
約6.3cnt?/
1発
? 青ロック?
赤ロック180m
射程235m
コスト+20

フライトモード時
武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
ビーム・ライフルA 2/
単発
密着 35
最長 54
60
低?:?発
中?:?発
高?:?発
8.9cnt
撃ち切り式
? 青ロック?m
赤ロック400m
射程700m
強制よろけ
ビーム・ライフルB 4/
単発
密着 42
最長 70
一発ダウン 11.9cnt
撃ち切り式
? 青ロック0m
赤ロック150m
射程350m
貫通
ビーム・ライフルC 1/
単発
密着 48
最長 80
一発ダウン 9.6cnt
撃ち切り式
? 青ロック?m
赤ロック250m
射程250m
チャージ式m
貫通


■通常時


《ビーム・ライフルA》


ほぼジェスタのBRAから偏差カーソルを除いたもの
サブ射で敵を動かせない本機では硬直が少なく切払いに対応できるこの武装が基本装備となる。

《ビーム・ライフルB》

最大75+貫通持ちのビーム兵器
硬直周り連射性能は一般的な射カテBRだが、逆を言えば可変機である本機と非常に相性が悪い
相手からすると孤立させれば切払いを使いながらBRの弾数を数えるというシンプルな対策で簡単に完封できる
味方を盾に貫通ビームを当てて変形逃げするだけなら素直にサブ射の強いジェスタやBD3号機で横から撃とう

《ビーム・ライフルC》

常時リロード
硬直はやや少ないようにも思われるが、バッタからの再浮上、低空ダッシュなどが間に合うようなものではないので弾数の少なさリロードの長さからしても、あくまで変形中のチャージビームのおまけとして考える事


■フライトモード時

この機体の強みの一つでフライト時の武器は旧スナに匹敵するその長い射程と旧スナにはない着弾ラグのない超狙撃を使い、スナイパーの待ち伏せ同様、相手と高度を合わせ(主に地上)一瞬の置き打ち固定砲台としての一撃が可能。
特に開幕会敵時が(知らない相手には)チャンス。練習してみよう。

《ビーム・ライフルA》

400の長ロックと左右に広いFCSが特徴
トリガーレスポンス、弾速どちらも優秀で奇襲に優れるが連射性能は非常に低く、独自の内部硬直があるので直後にミサイルも撃てないので注意が必要

《ビーム・ライフルB》

1ダウンの幅のやや広い連射に優れたビーム
しかしロック距離が短いため当てるために相手と高度を合わせるために低空を飛行しながら置き撃ちするか、ワンブーで殴れる距離による必要がある。
変形中はタックルも格闘も出来ないので非常に噛み合わない
BRBとセットなのもあり武装がばれると対策されやすい

《ビーム・ライフルC》

支援機のチャージビームを二回りほど小さくしたようなビーム
チャージ時間が4カウントほど必要でフライトゲージMaxからでもほとんどを費やしてしまう
相手からするとフライトゲージが切れるまでの数カウントに硬直を晒さなければ人畜無害な空気でMS時のライフルも貧弱なので明確な運用ビジョンがないなら使わないのが無難

■サブ

《可変機構》

フライトシステム参照
リゼルと違いフライト時間が短く7カウント

■格闘

通常時
武器名 ダメージ ダウン値
よろけ
:ダウン
対拠点
能力
備考
ビーム・サーベルAB共通 12→?→?
(理論値12→25→44)
60→50→ダウン
3回
× 合計威力
?
追尾距離
59m
タックル 30/40/50 1発
ダウン
× 旋・硬・跳・走・機:30
歩・推:40
突:50

フライトモード時(ビーム・サーベルABから切り替え)
武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
グレネード・ランチャー 8/
4発
固定 7×4 50
低?:?発
中?:?発
高?:?発
10.7cnt
撃ち切り式
? 青ロック 持ち替え前の武装と同じ
赤ロック250m
射程?m
ビーム・キャノン 30/
5連射
密着 0
最長 9
20
低?:?発
中?:?発
高?:?発
6.7cnt
撃ち切り式
? 青ロック 0m
赤ロック150m
射程?m
フルオート

《ビーム・サーベルA・B共通》




《グレネード・ランチャー》

ビーム・サーベルAを装備時のフライトモード中の攻撃。
左右誘導もやや強い。
弾道が横広がりから収束する。
この時は複数機体にもヒットするため間合いで複数機体のカットに使える
基本的にこの武装一択で良い。

《ビーム・キャノン》

ビーム・サーベルBを装備時のフライトモード中の攻撃。
FCSが発生しないノーロック武器で(他武器でロックして切り替えるとロック状態になる?)
説明では、連続して当てると大ダメージとある。
リゼルと使用感覚が近い連射装備

《タックル》

フライトモード時タックル不可


■セッティング(通常時)

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
280 250km/h 2.3cnt ?m 219km/h 13.8rpm 27f 30 110km/h

(硬直減)
282 248km/h 2.2cnt ?m 217km/h 12.4rpm 23f 30 110km/h

(歩行)
289 248km/h 2.3cnt ?m 217km/h 12.4rpm 27f 40 132km/h

(ジャンプ)
274 243km/h 2.2cnt ?m 240km/h 12.4rpm 28f 30 110km/h

(ダッシュ)
259 270km/h 2.4cnt ?m 210km/h 12.4rpm 29f 30 110km/h

(機動)
254 260km/h 2.3cnt ?m 231km/h 12.9rpm 28f 30 110km/h

(ブースト)
292 236km/h 2.5cnt ?m 206km/h 12.0rpm 27f 40 110km/h

(タックル)
294 294km/h 2.2cnt ?m 200km/h 11.6rpm 27f 50 110km/h


■セッティング(フライトモード時)

セッティング名 ダッシュ
速度
ダッシュ
距離
上昇
速度
下降
速度
旋回
速度
進行
速度
備考

(旋回)
253km/h ?m 65km/h 110km/h 8.2rpm 90km/h タックル不可

(硬直減)
267km/h ?m 69km/h 110km/h 7.9rpm 90km/h タックル不可

(歩行)
267km/h ?m 69km/h 110km/h 7.9rpm 99km/h タックル不可

(ジャンプ)
264km/h ?m 72km/h 110km/h 7.9rpm 90km/h タックル不可

(ダッシュ)
278km/h ?m 68km/h 110km/h 7.9rpm 90km/h タックル不可

(機動)
273km/h ?m 72km/h 110km/h 8.0rpm 90km/h タックル不可

(ブースト)
261km/h ?m 67km/h 110km/h 7.8rpm 90km/h タックル不可

(タックル)
257km/h ?m 66km/h 110km/h 7.7rpm 90km/h タックル不可


■まとめ

フライトモードを持った新機体
ただフライトモードはかなり制約があり使いこなすのが難しい。
変形で補えるが、サブ射がない分、牽制に容易な兵器がなく
経戦性能は変形をつかいこなさないと従来機体以下の運用になってしまう。
フライトモードを使った立ち回りで
生存率が従来機体より格段に高いがそれだけでは味方の負担になってしまう。
8VS8で敵拠点まで行きスナイパー等の支援型を対峙・制圧、相手の援軍を待ち
枚数不利を作り出し、一気に戦場移動を行い相手を切り離し味方と合流、
枚数有利を作り出す戦術を容易に実施することが可能。
使いこなせればローゼン・ズールクシャトリヤなど並の機体では対処が難しい機体を一方的に追い詰めるポテンシャルを秘めている。
従来機体とは違う運用で強さを引き出せ。