ここはREV.3のページです。


フルアーマーガンダム(TB)  FA-78

ムーア同胞団に配備されたガンダムタイプMS
フルアーマーの名に恥じない重装備機体。

基本データ
兵種 前衛/ 近距離型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
コロニー:○
アーマー値 274
コスト 240・250・260・270
バランサー/よろけ/基礎バランサー 高/100/300
着地硬直 中(33f)
オーバーヒート時の回復速度 ?
支給ポイント 先行支給

近距離型のフルアーマーガンダム。但し、キャッチコピー・見かけほど重装備ではなく
他のフルアーマー系に比べて機動性は高い反面、装甲値は低い。
メイン武装はいずれも1セット分撃ち切ると別武装に切り替わる。
またコストが追加される武装が少なくなく、組み合わせ次第ではコスト270に上昇する。

先行支給
2016年6月22日(水)~7月20日(水)開催のサンダーボルトMS先行支給キャンペーンにてサンダーボルトポイントを150獲得することで支給。

■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
大型ビーム砲
/ビームライフルA
3/
単発
密着40
最長65?
1発
ダウン
なし
(大型ビーム砲
撃ち切り後
ビームライフルAに
持ち替え)
FCS距離
青 m
赤 m
最長射程
m
偏差射撃可
ビームライフルA
(撃ち切り後)
20/
2連射
密着17
最長15?
80/1発
低1:3発
中1:3発
高2:4発
11.1cnt FCS距離
赤 m
最長射程
m
フルオート可
大型ビーム砲
/ビームライフルB
3/
単発
密着40
最長65?
1発
ダウン
なし
(大型ビーム砲
撃ち切り後
ビームライフルBに
持ち替え)
コスト+10
FCS距離
青 m
赤 m
最長射程
m
偏差射撃可
ビームライフルB
(撃ち切り後)
20/
2連射
密着11
最長8?
50/1発
低2:4発
中2:5発
高2:6発
11.1cnt FCS距離
赤 m
最長射程
m
フルオート可
偏差射撃可
大型ビーム砲
/ビームライフルC
3/
単発
密着40
最長65?
1発
ダウン
なし
(大型ビーム砲
撃ち切り後
ビームライフルCに
持ち替え)
FCS距離
青 m
赤 m
最長射程
m
偏差射撃可
ビームライフルC
(撃ち切り後)
5/
単発
密着
最長
130/1発
低1: 発
中1: 発
高1: 発
常時リロード
約5.6cnt/1発
チャージ式
FCS距離
赤 m
最長射程
m

《大型ビーム砲 共通》

1トリガー単発発射、装弾数3発、リロード無し。貫通属性、偏差機能有り。
発射時に射撃硬直あり。
ガンダムの最終決戦仕様やガンダムEz8のロケットランチャーのように1セット分撃ち切るとリロードされずに別の武装に切り替わる。
(切り替わった後の武装性能は各項目を参照)

性能は3種類とも同じ模様。射程・ロック距離が長く250m程ある。
また、弾速が速く大きめの命中判定と合わせてロック距離ぎりぎりでも硬直をとりやすい。
最大威力も1発65と近距離機にしては高いが、弾数が3発しかないため撃ち切る前に1発でも多く当てておきたい。

《ビームライフルA》

1トリガー2連射、装弾数20発。フルオート可。
1発当たりの威力が比較的高く2発当たれば30~34ダメージをとることができる。
ダウン値が高くカット性能に優れる反面、高バランサー機でも4発でダウンしてしまうため、味方の攻撃に被せるべきではないだろう。

《ビームライフルB》

1トリガー2連射、装弾数20発。フルオート可、偏差機能有り。装備時コスト+10。
Aに比べると単発当たりの威力はかなり下がっており、近距離型のマシンガンと同等であるが代わりにダウン値が低くなり味方との連携がとりやすくなっている。
射程が長いため置き撃ちにも使える。
偏差機能はついているものの横歩きに当たるのは150m?くらいまで。

《ビームライフルC》

1トリガー1発発射、装弾数5発。常時リロード。チャージ射撃。装備時コスト+20。

常時リロードとチャージ射撃という珍しい組み合わせ。
ビームライフルの上下の銃口から同時に発射されるが消費弾数は1発扱いとなっている。
上下の銃口から同時に発射されるので命中判定が大きめとなっている。
1発あたりのダウン値は高いが、チャージ武装なので咄嗟に撃つことができず
他のビームライフルに比べて特に乱戦時のカット能力に欠ける。

チャージ射撃武装であるが、なぜかチャージ中は銃口が発光しない。(チャージ音もしない)


■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
時間
対拠点
能力
備考
6連装ミサイル・ポッドA 6/
3発
20
(固定)
1発ダウン 10.0cnt × 白表示 ???m
射程 100m?
6連装ミサイル・ポッドB 12/
6発
9
(固定)
50/1発
低2:4発
中2:5発
高2:6発
13.3cnt × コスト+10
白表示 m
射程 約250m?

6連装ミサイル・ポッドA

1トリガー3発発射、装弾数6発。
バックパック左上にマウントされているせいか、やや高めの位置から横並びにミサイルが発射される。
ミサイル・ポッドの名を冠しているが誘導性は皆無に等しく
性能的には発射数を減らし射程を短くしたガンダム6号機のグレイネイド・ランチャーAに近い。
赤ロックで高位置からの爆撃は射程が短く途中で消えるためほぼ不可能である。

6連装ミサイル・ポッドB

1トリガー6発発射、装弾数12発。装備時コスト+10
ガンキャノンのスプレーミサイルランチャーのように一旦ばらけまた収束する。
こちらは高弾速・強誘導・長射程とAとは対照的な性能となっている。
約250mにも及ぶ長射程を有効に活用するためにも、できるだけ大型ビーム砲と組み合わせて使いたい。

■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
備考
ビーム・サーベル 22→22→24 ? 合計威力68
追尾距離?m
タックル 30/40/50 1発ダウン 歩・推・装:40
突:50

ビーム・サーベル

右腕が2連装ビーム・ライフルで固定されているせいか、左手にビーム・サーベルを持つが
グフ・カスタムなどのようにサーベルを抜刀したままメイン・サブを使うことはできない。
モーションはジム・コマンドなどを左右反転させたもの。
合計威力、威力分布ともに平均的な値。

タックル

シールドで突っ込む一般的なモーション。

■セッティング


セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
274 243km/h 2.3cnt ?m 192km/h 11.6rpm 33f 30 111km/h

(硬直減)
276 241km/h 2.2cnt ?m 190km/h 10.9rpm 29f 30 111km/h

(歩行)
283 241km/h 2.3cnt ?m 190km/h 10.9rpm 33f 40 123km/h

(ジャンプ)
268 236km/h 2.2cnt ?m 210km/h 10.9rpm 34f 30 111km/h

(ダッシュ)
258 262km/h 2.4cnt ?m 185km/h 10.9rpm 35f 30 111km/h

(機動)
248 252km/h 2.3cnt ?m 203km/h 11.2rpm 34f 30 111km/h

(ブースト)
286 229km/h 2.5cnt ?m 181km/h 10.6rpm 33f 40 111km/h

(タックル)
288 222km/h 2.2cnt ?m 175km/h 10.3rpm 33f 50 111km/h

(装甲)
323 210km/h 2.2cnt ?m 166km/h 10.3rpm 33f 40 111km/h

旋・硬・歩セッティング

機動性は陸戦型ガンダムとほぼ同等である。

跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング


■支給(コンプリートまで10200)


順番 武器名 バトルスコア
初期 大型ビーム砲/ビームライフルA
6連装ミサイル・ポッドA
ビーム・サーベル
旋回セッティング
-
1 大型ビーム砲/ビームライフルB 800
2 硬直減セッティング 500
3 歩行セッティング 500
4 6連装ミサイル・ポッドB 1800
5 ジャンプセッティング 700
6 ダッシュセッティング 700
7 機動セッティング 700
8 大型ビーム砲/ビームライフルC 1800
9 ブーストセッティング 900
10 タックルセッティング 900
11 装甲セッティング 900


■まとめ

機動性は陸戦型ガンダムと同等でペイルライダーと比べるとやや低い。
撃ち切りの大型ビーム砲は射程が長く、判定が大きめで偏差機能有りと使い勝手が良い。
また撃ち切り後の偏差射撃兵装を持てばホバー機体に対してもダメージを与えていける。

反面、撃ち切りビーム砲は残弾が少なく、また瞬間によろけをとれる武装が
メインを打ち切ると、サブのダウンのみで瞬間カットが射撃でできなくなる。
低コスト機でもマンセルでたたみかけられると途端に相方頼りになってしまう脆さを持つ。

■その他

本機は他に左腕部に5連装ロケットランチャー、機体各部にミサイルを装備するがこちらは実装されていない。
また本来ならバックパックにロケットブースターを装備するが省略されている。
機体選択画面などでバックパックにあるシールドを展開しているが、これといったギミックはない。