ここはREV.3のページです。

パーフェクトガンダム

ガンダムをベースとして、各部に増加装甲と追加武装を取り付けた機体。

基本データ
兵種 前衛/格闘型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
アーマー値 298
コスト 260
バランサー/よろけ/基礎バランサー ?/?/?
着地硬直 ?
オーバーヒート時の回復速度 ?


2015年7月16日から開催されているガンプラ35周年との期間限定コラボイベント「ガンプラコラボDAY」第一弾として登場したレンタル限定機体。
所属軍に関係なく、両軍出撃可能。



■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
QD処理値 備考
2連装
ビーム・ガン
4/
単発
密着24
最長 35?
1発ダウン ?cnt ?
?発ダウン
赤ロック132m
射程?m
肩部大型
キャノン砲
2/
単発
密着51?
最長20?
1発ダウン ?cnt ?
?発ダウン
赤ロック129m
射程?m

《2連装ビーム・ガン》

1トリガー1発、装弾数4発
弾速の速い単発のビームガン。距離が遠いほど威力が上昇する。
フルアーマーガンダムのメインBのように2発同時発射しているように見えるが、判定は1発扱いとなっている。
ベース機であるガンダムのビーム・ライフルAと威力減衰が似ているため誤解しやすいが、射撃硬直が発生する。
一応QD外しにも使えるが、説明に書いてあるほど反動が少ない訳でもなく、射撃硬直の関係で外した後の機動が制限されてしまう。
機動力の低い遠距離砲撃機体などへのQD外しにはいいが、それ以外の場合はサブによる外しが望ましい。
バックブーストQDで30ダメージ。


《肩部大型キャノン砲》

1トリガー1発、装弾数2発
射角調整は不可。こちらは距離が近いほど威力が上昇する。
2連装ビーム・ガンより硬直は大きいが、反動が大きいという割には少なくて一応外しは可能。
相手の硬直を捉えれば射撃戦でも使えなくはないが、もっともこちらを選ぶからにはQDでしっかり当てていく戦法が中心となるだろう。


■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
QD処理値
備考
機雷 8/
4発
密着11
最長?
1発ダウン ?cnt ?
?発ダウン
白表示 ?m
射程 ?m

《機雷》

1トリガー4発同時発射、装弾数8発
ジム・コマンドライトアーマーのハンド・グレネイドCと同様、下手投げから直接ぶつけるタイプ。
射程は短くなっており、散布は横一列ではなく田の字型で、横幅は広くないが奥行きが若干ある。
軽く上に投げるため、QD外ししやすい。


■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
対拠点
能力
備考
ビーム・サーベル 29→30→32 60→0→0
5回
× 合計威力91
追尾距離 59?m
タックル 40 1発ダウン 装甲:50(+10)

《ビーム・サーベル》

斜め斬り→横払い→サーベルを両手に持ち縦方向に回転斬り。
高コスト機相応の高い火力を持つ。
肩部大型キャノン砲装備時は三連撃QDで142ダメージとコスト280格闘機並みの火力をたたき出す。

《タックル》

機動重視でも下がらず、装甲重視で威力50。


■セッティング

セッティ
ング名
アーマー
旋回
速度
ダッシュ
性能
ダッシュ
距離
ジャンプ
性能
備考
機動重視1 273 +1 +5 94m 0 ダッシュ強化
ブースト消費24%
ノーマル 298 0 0 80m 0 支給時の状態
ブースト消費22-23%
装甲重視1 303 -1 -3 72m -3 タックル威力増
ブースト消費20%

ノーマル


機動重視


装甲重視


■まとめ


その他

元々は漫画『プラモ狂四郎』で、主人公の狂四郎が作成したオリジナルプラモデル。
主人公機に増加装備を付けてパワーアップという発想の元祖であり、これをリアル風にしたのがフルアーマーガンダム。
この『プラモ狂四郎』はプラモ&シミュレーションでバトルするという点では、ビルドファイターズの先祖でもある。
それらもあってのチョイスと思われる。