ここはREV.3のページです。

高機動型ザク(R-3S)  MS-06R-3S

ゲルググの先行試作機体。ジェネレーター出力向上により、ビーム・ライフルを装備可能。

基本データ
兵種 前衛/射撃型
出撃可能地域 地上:×
宇宙:○
コロニー:○
アーマー値 267
コスト 280
バランサー/よろけ/基礎バランサー 高/100/300
着地硬直
オーバーヒート時の
回復速度
? (?cnt.)
支給ポイント 60勝利P


ザクと名の付くMSとしては最高コストであり、ジオン軍280コスト機体で唯一の宇宙専用機。
メインとサブに性能の異なるビーム・ライフルを持つ。
同コストのゲルググM(S)よりも機動性は高いが扱いが難しい。

先行支給
以下の期間にて勝利数を満たすことで先行支給
  • サマーバトル2014(2014年8月7〜24日)で25勝
  • 頂上決戦 直前祭(2014年10月9〜20日)で25勝
  • 勢力戦「ビルドファイターズバトル」(2015年3月18〜31日)で12勝


REV.3.37より正式支給
○階級が少佐以上
○【I】段ドム・トローペンズゴック(S)ザクII(FS)ゲルググゲルググJが全て支給済み
○ターミナルがオンラインとなっている
状態で配備申請画面に登場する。
支給申請後は勝利ポイントを60P貯めれば支給される。

REV.3.54にてバックブラスト機体へと変化。
メイン武器にFCS距離は非常に短いが射程が長く、貫通性能のあるビームライフルを装備可能

■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン
補正値
リロード
速度
対拠点
能力
備考
ビーム・
ライフルA
2/
単発
固定45
BB後30(※注)
100
低1:2発
中1:-発
高1:-発
6.7cnt 赤ロック
150m
射程152m
ビーム・
ライフルC
3/
単発
密着33
最長55
BB後 ~45(※注)
:100
低1:2発
中1:3発
高1:3発
7.8cnt 赤ロック
84m
射程215m
機動力向上

《ビーム・ライフルA》

1トリガー1発、装弾数2発。
装弾数やダウン値、トリガーレスポンスなど基本的な性能はゲルググM(S)のBRAとほぼ同様。
相違点はこちらの方がリロード時間が約2cnt近く長いことである。
装弾数や威力、リロード時間はガンダム(G-3)と同等。
BRCよりは癖が少ないものの、性能的にはコスト不相応と言わざるを得ない。
本武装を装備する際は、コストが同じか低いゲルググ(G)ゲルググM(S)も考慮したい。

(※注)BB中に発射した時は、通常45から30へ威力が低下する。
よって、BBによるライフルコンボダメージは 1Hit→BB後1Hit: 45 + 30 = 75ダメージ。

《ビーム・ライフルC》

1トリガー1発、装弾数3発。貫通性能あり。
ロック距離が80mという驚異的な短さを持っている代わりに、その他の性能を飛躍的に向上させた武装である。
他のBB機体と比べると
○優っている点
・最大射程距離が60m長い
・当たり判定が非常に大きい
・貫通性能がある
・装弾数が3発
・BB後の威力低下が少ない
・機動力が上がる

○劣っている点
・ロック距離が非常に短い(80m)
・ロック距離が非常に短いことにより上方を相手にとられると対処が非常に難しい
・置き撃ちができないと命中率、ダメージ効率が非常に悪い
・リロード時間が長い

と素人目に見ても扱いが非常に難しい。
特にロック距離が問題であり、80mといえば格闘距離目前である。そのため相手の位置を常に把握しておかないと何もできず一方的にやられるということも多い。
射撃戦をしようにも、置きうちが必須である以上、相手の位置も本機と水平に近くなければならず、相手がロングジャンプ持ちの機体であった場合逃げるか味方の合流を待つしかなくなってしまう。

しかし、この問題点さえ解決できるのならば本武装は非常に高いポテンシャルを持つ。
当たり判定はガーベラ・テトラのビーム・マシンガンBと同等である

108m以遠で最大ダメージ?(検証中)
密着で初撃33ダメージ、BB後27ダメージ
80mで初撃38ダメージ、BB後32ダメージ
100mで初撃48ダメージ、BB後39ダメージ
120m最大ダメージ


(※注)BB中に発射した時は、通常最大ダメ55から最大45へ威力が低下する。
本武装とガンダム(G-3)のBRBはBB後のダメージ計算も異なり威力が非常に高く設定されている。
しかし距離が近くなるに連れ威力が下がっていく点に注意。
BBによるライフルコンボダメージは 1Hit→BB後2Hit: 55 + 45 + 45 = 145ダメージ。

■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン
補正値
リロード
速度
対拠点
能力
備考
頭部50mmバルカン砲 16/
4発
最小 2
最大 8
100
低1:2発
中1:3発
高1:3発
8.0cnt × 赤ロック
150m射程160m
フルオート可
ビーム・ライフルB 1/
単発
最小 30
最大 60
1発ダウン 約18.9cnt × 赤ロック
80m
射程約215m
貫通性能あり
機動低下(小)


《頭部50mmバルカン砲》

1トリガー4発、装弾数16発。
本機の持つ武装で唯一射撃硬直が発生しない。
ジオン軍射撃型では数少ない高ダウン値タイプのバルカン砲。
メイン武装と組み合わせることで楽にダウンを奪える。
牽制やカット、カス当てからのメインなど汎用性は非常に高い。
フルオートも可能だが、装弾数が4トリガー分しかないので注意。
BRC装備時には本武装に切り替えることでロック距離を伸ばすことができる。

REV.3.54で個別ロック距離へと変更されたが持ち替えなし武装のため、BRC装備時にロック距離を切り替えるには1トリガー分空打ちが必要となる点に注意。

《ビーム・ライフルB》

1トリガー1発、装弾数1発。貫通性能あり。装備時機動低下(小)。
メインのBRCと同じく、ロック距離が非常に短く射程距離が非常に長い。
貫通性能があり、トリガーレスポンスも良好、当たり判定もBRCより更に大きくなっている
メインヒット後に繋げることで80~100前後のダメージを素早く与えることができる。
一発ダウン・貫通性能ありのためカットがしやすく、味方の援護にも向いている。
リロード時間は非常に長いため管理に注意
ノックバック距離15m

215mにて60ダメージを確認(検証中)
130mで41ダメージ

■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
対拠点
能力
備考
ヒート・サーベル 10→16→24 60→50→ダウン
3回
合計威力50
追尾距離59m
タックル 30 1発
ダウン
突:40

《ヒート・サーベル》

斬り降ろし→斬り上げ→突き、とゲルググMと同じモーション。
REV.3.54より2・3撃目の威力が下がり、合計50と低コスト射撃機すら下回る威力となった。

《タックル》

BB機体化に伴い30に低下
タックルセッティングのみ40に増加する。


■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
267 253km/h 1.5cnt ?m 208km/h 12.9rpm 28f 30 117km/h

(硬直減)
269 250km/h 1.5cnt ?m 206km/h 12.0rpm 24f 30 117km/h

(歩行)
276 250km/h 1.5cnt ?m 206km/h 12.0rpm 28f 30 129km/h

(ジャンプ)
261 245km/h 1.4cnt ?m 228km/h 12.0rpm 29f 30 117km/h

(ダッシュ)
251 277km/h 1.5cnt ?m 200km/h 12.0rpm 30f 30 117km/h

(機動)
241 265km/h 1.5cnt ?m 218km/h 12.4rpm 29f 30 117km/h

(ブースト)
279 231km/h 1.6cnt ?m 190km/h 11.6rpm 28f 30 117km/h

(タックル)
281 219km/h 1.5cnt ?m 180km/h 11.3rpm 28f 40 117km/h

(装甲)
326 206km/h 1.5cnt ?m 170km/h 11.3rpm 28f 30 117km/h
※REV.3.54より機体仕様の変更に伴い全セッティング、ショートダッシュに変更。

旋・硬・歩セッティング

全体的に既存のバックブラスト機体よりも1ブーストあたりのダッシュ時間が長くなっている。

跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング



+ REV.3.38まではこちら

■支給(コンプリートまで11800)

順番 武器名 支給パイロットポイント
初期 ビーム・ライフルA
頭部50mmバルカン砲
ヒート・サーベル
旋回セッティング
-
1 硬直減セッティング 700
2 歩行セッティング 700
3 ビームライフルB 1800
4 ジャンプセッティング 900
5 ダッシュセッティング 900
6 ビームライフルC 2000
7 機動セッティング 1100
8 ブーストセッティング 1100
9 タックルセッティング 1300
10 装甲セッティング 1300

+ REV.3.38まではこちら

■まとめ

ジオンにようやくに配備されたオーソドックスなコスト280射撃機。
トップクラスの高機動力を誇り、恐らく連邦のガンダム(G-3)を意識して実装された機体だろう。
しかしながらメインの性能でやや劣る上に宇宙とコロニー内でしか出られないことを考えると、バルカン装備時は同コストとして十分なパフォーマンスを見出すのは難しい。
ライフルAB装備時は回転・火力・カット力それぞれ優秀であり、僚機との連携を含みつつダメージソースとして活躍できる。しかし自衛力が落ちるため、立ち回りには高い技術や判断力が求められる。
また、本機は誘導兵器を持たないため偏差撃ちや置き撃ちの技術が無いと歩き合いになるとお手上げになってしまう。
加えて出撃可能な宇宙ステージではフワジャンでの睨み合いが地上よりも多く、滞空時間の長さから着地硬直を狙える機会が少ないのも誘導兵器を持たない本機にはやや辛い。
以上の点やBRBやBRCの性能を最大限に引き出すために、偏差撃ちや置き撃ちの技術は必須といえるだろう。

REV.3.54にてBB機体に移行。これで連邦ジオン合わせてオーソドックスなビームライフル装備機体はガンダム6号機B.D.3号機ゲルググの3機だけとなってしまった。
とはいえ「コストの割に物足りない」だけであっていずれの武装も及第点ではあり、熟達したパイロットが扱えば十分な戦果が期待できる。
今後の研究によってゲルググJ(SM)には無い強みが見出されることに期待したい。

■その他

詳細な設定は高機動型ザクII(wikipedia)を参照。