ここはREV.4のページです。
REV.2.xの情報の閲覧・編集は アッグ/REV2? を参照。
REV.3.xの情報の閲覧・編集は アッグ/REV3 を参照。
ページをREV.4準拠に更新中のため、REV.3.xの情報が含まれている場合があります。

アッグ  EMS-05


ジャブローの地下岩盤を掘削し、侵入路を切り開くために開発された特務MS。

基本データ
兵種 前衛/格闘型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:×
コロニー:○
アーマー値 270
コスト 140・170
バランサー/よろけ/基礎バランサー 高/100/300
着地硬直 ?
オーバーヒート時の回復速度 ?
再出撃レベル Lv5
支給ポイント 勝利pt 60

公式大会「戦場の絆 頂上決戦~乱~2014」の決勝戦開催に合わせて先行支給された低コスト格闘機。
2種類のチャージ格闘武装を持ち、いずれもメインに割り振られている。

エクストラタイプ
  • ブルーカラー
    • 2016年8月26日~9月8日開催の「エクストラタイプMS支給キャンペーン」にて期間中100ポイント貯めることにより支給。
      機体カラーが青主体に変更される。ブルーカラーと名付けられているが、本来このカラーリングはアッグ重装型のものであり
      腕部4連装ミサイル・ランチャーと頭部4連装ミサイルランチャーを装備したのが本来の姿である。

■メイン

武器名 弾数 ダメージ
[1HIT]
ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
QD処理値 備考
大型ドリルB - ?→?→?→?→?
合計??[最小]
?→?→?→?→?
合計??[半分]
20→20→20→20→25
(理論値20→25→32→40→50)
合計105[最大]
60→15→15→15→ダウン - - チャージ式
最大チャージまで
約?カウント
追尾距離59m
大型ドリルC - ?→?→?→?→?
合計63?[最小]
?→?→?→?→?
合計107?[半分]
30→30→25→20→25
(理論値30→38→40→40→50)
合計130[最大]
60→0→0→0→ダウン - - コスト+30
チャージ式
最大チャージまで
約?カウント
追尾距離59m
腕部4連装
ミサイル・
ランチャー
30/
3連射
密着 4?
最長 4
15/1発
低4:12発
中6:16発
高7:20発
?cnt 40?
3発ダウン
赤ロック127m
射程167m
フルオート可

《大型ドリルB》

チャージ格闘武装。
REV.3.54よりチャージ格闘武装に変更された。
追加コストはないものの一般的なチャージ格闘武装と違い、2~4段目のダウン値が高くなっているため、被せる際は注意したい。

《大型ドリルC》

チャージ格闘武装。装備時コスト+30。
右突き→左突き×3→右突きの5連撃。チャージ中は独特の回転音とともにドリルに竜巻のようなエフェクトが発生する。
メインに装備されるため、ジム・ストライカー(ネメシス隊)と同様に
本武装であいこになっても格闘武器でリカバリー可能。
武装説明文にダウン値が低いとあるが、1段目60、2~4段目0と他のチャージ格闘武装と特に変わらない。
性能もジム・ストライカー(ネメシス隊)のツイン・ビーム・スピアB(TBSB)とほぼ互換ではあるが、コストアップや本機のバランサー性能なども考慮してTPOによって慎重に選びたい。

REV3.34より追加コスト+40→+30

《腕部4連装ミサイル・ランチャー》

1トリガー3連射、装弾数30発。 フルオート可。持ち替えあり。
本機メイン武装では唯一の射撃武装。
数値上は陸戦型ジムの100mmマシンガンBとほぼ同じ性能。

ばら撒きによる弾幕形成には優れているが、硬直取りやダメージソース、QSの布石としてはやや心許ない。
QD外し可で、カス当てからタックル可能。
単に射撃武装が欲しいだけであるならば、同コスト帯に類似した性能の武装を持つグフもいるため、そちらも考慮したい。

なお、本武装装備時は右腕部の大型ドリルがミサイル・ランチャーに換装される。

■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ
:ダウン
リロード
速度
QD処理値 備考
レーザー・
トーチ
18/
3連射
密着 4
最長 3
100
低1:2発
中1:3発
高1:3発
約13.3cnt 270?
3発ダウン
白表示???m
射程???m
頭部4連装
ミサイル・
ランチャー
8/
4連射
密着 16
最長 16
160
低1:2発
中1:2発
高1:2発
約17.8cnt ???
2発ダウン
白表示???m
射程???m

(REV.3.27)


《レーザー・トーチ》

1トリガー3連射、装弾数18発。
トリガー引きっぱなしで3発1セットのフルオート連射が可能。
一般的な格闘機の頭部バルカン砲を3連射にしたものが、青ロック及びノーロックの状態でのばら撒き具合はバルカン以上で、特に射程限界での全弾命中は難しいものの、逆にいうとかすりヒットからのQSは通常のバルカンよりも簡単。
低中バラ相手には1HIT、高バラ相手は2HITまでから格闘が入るので積極的に狙っても良いだろう。

負けなしジャンケンも可能な万能武装。
機動セッティングであれば青ロックから格闘に入った場合、QDの3発目を外し、追撃することが可能。(いわゆるバルコン)
4連射のバルカンよりも一発少ないため、外した後すぐ次の行動を取れる。

本機の連撃回数は4回であり、4連撃を狙うのならば素直にドリルBを用いた方が良いので、バルコンを狙うならミサイルランチャーまたはドリルC装備時だろう。

ドリルBorC装備時は仕掛ける手が増えるためかなり汎用性が上がるが、逆に言えば唯一の射撃武装になり非常に依存度が高い。残弾数管理や撃ち捨てリロードは慎重に。


《頭部4連装ミサイル・ランチャー》

1トリガー4連射、装弾数4発。 射撃硬直あり。
本武装選択時は頭部にミサイル・ランチャーが装備されたグラフィックになる。

ほぼ同時に4発のミサイルを発射する。
赤ロックしていればそこそこの誘導性能を発揮する。
ロック距離よりも射程距離のほうがはるかに長いので、ゴッグの魚雷と基本的に同じ運用することができる。
低コスト格闘機体の射撃武装のなかでは比較的ダメージが高くダウンも取れるため、追撃や歩き崩し、QDなど多くの場面で活躍が期待できる。

また、ノーロックでは正面に4発まとまって飛んでいくが、ガンキャノンのスプレーミサイルランチャーのように揺れながら進むため、置き撃ちは運次第。
ただし、リロード時間は長めなため注意が必要。

こちらもドリルBorC装備時は唯一の射撃武装となる。


■格闘

武装 武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
対拠点
能力
備考
格闘 大型ドリルA 26→27→29
(理論値26→34→46)
合計威力82
60→0→0
4回
× 追尾距離59m
タックル タックル 40~50 1発
ダウン
× 追尾距離59m

(REV.3.27)


《大型ドリルA》

同コスト帯の連撃回数4の格闘機は連撃威力83の上に1撃目の威力が高めに設定されているが、本機は連撃威力82の上に1撃目の威力が低くなっている。

《タックル》

タックルセッティングでのみ威力が50になる。


■セッティング


セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
性能
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
270 224km/h 1.1cnt ?m 177km/h 13.3rpm 38f 40 104km/h

(硬直減)
272 222km/h 1.1cnt ?m 175km/h 11.2rpm 34f 40 104km/h

(歩行)
279 220km/h 1.1cnt ?m 174km/h 11.2rpm 38f 40 124km/h

(ジャンプ)
264 215km/h 1.1cnt ?m 199km/h 11.2rpm 39f 40 104km/h

(ダッシュ)
254 243km/h 1.1cnt ?m 169km/h 11.2rpm 40f 40 104km/h

(機動)
244 235km/h 1.1cnt ?m 191km/h 11.6rpm 39f 40 104km/h

(ブースト)
282 202km/h 1.1cnt ?m 160km/h 10.9rpm 38f 40 104km/h

(タックル)
284 192km/h 1.1cnt ?m 152km/h 10.6rpm 38f 50 104km/h

(装甲)
329 181km/h 1.1cnt ?m 143km/h 10.6rpm 38f 40 104km/h

(ホバー)
244 216km/h 1.1cnt ?m 171km/h 10.3rpm 45f 40 112km/h ホバー
※REV.3.54より高バランサーに変更、全セッティングにて制動性能が低下。

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング


滑セッティング

REV.3.57より追加。


+ REV.3.38まではこちら

■支給(コンプリートまで9600)

順番 武器名 支給バトルスコア
初期 大型ドリルB
レーザー・トーチ
大型ドリルA
旋回セッティング
-
1 硬直減セッティング 500
2 歩行セッティング 500
3 頭部4連装ミサイル・ランチャー 800
4 ジャンプセッティング 700
5 ダッシュセッティング 700
6 大型ドリルC 1000
7 機動セッティング 700
8 ブーストセッティング 700
9 腕部4連装ミサイル・ランチャー 1000
10 タックルセッティング 1000
11 装甲セッティング 1000
12 滑セッティング 1000

+ REV.3.38まではこちら

■まとめ


ジオン低コスト格闘機としては初めてチャージ格闘武器を搭載した機体。
ジオン軍でチャージ格闘武装を持つのは本機とギャンイフリート(S)のみである。
格闘型機体の全体では本機を含め8機のみ。(REV.3.57現在)
QD外しなしかつ短時間で130ダメージを与えられるのは非常に魅力的。
REV.3.54より高バランサー機となったのでチャ-ジが解除されにくくなった。
しかしコストも+30と通常格闘はそのまま1クラス上の中コスト帯となり、足回りが改善される訳でもなく160コスト相応のままなので連邦チャージ機体と同じ立ち回りでは良い戦果が出せないので注意。

  • ドリルC・レーザートーチ・ドリルAを装備した場合
サブは敵機が高バランサーなら1発、超高バランサーなら2発で即よろけを取れるため、ブーストに頼る直線移動が多い敵機なら簡単によろけをとれて、そのあと8連コンボを一気に浴びせることができる。
ただし機動性は160コスト相応の性能であり、レーザートーチも誘導がある訳でもない。
あくまで限定されたケースにおいての理想的な高ダメージコンボに過ぎないので、そればかりに執着しないようにしよう。




詳細な設定はアッグ(wikipedia)を参照。