ここはREV.3のページです。


ガンキャノン重装型  RX-77-3

キャノン砲撃時の反動を改善し、全面的な
装甲強化が施されたガンキャノン。

基本データ
兵種 前衛/格闘型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
コロニー:○
アーマー値 298
コスト 160・170・190・200
バランサー/よろけ/基礎バランサー 高/100/300
着地硬直 大?
オーバーヒート時の
回復速度
普通?(装甲 ??cnt.)
支給ポイント 40勝利ポイント

Rev.3.21で追加された、地上と宇宙で出撃可能な連邦軍コスト160格闘型機体。
鈍足重装甲&コストアップによる強力なQDが可能な武装など、ゴッグの対となる機体。
水中で機動力上昇が無い代わりにこちらは宇宙にも出撃可能。同時にジオンに追加されたガッシャ同様、一部射撃武装で射角調整が可能。

配備申請可能条件(Rev.3.21)

○階級が軍曹以上
○【H】ジム・ストライカージム改のMSが全て取得済み
○ターミナルがオンラインとなっている
状態で配備申請画面に登場する。

支給申請後はバトルスコア/勝利ポイントを40P貯めれば支給される。



■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
時間
QD処理値 射程 対拠点
能力
備考
240mmキャノンA 4/
単発
13 100
低 1:2発
中 1:3発
高 1:3発
8cnt
60
1発
ダウン
ロック距離 127m
射程 162m
×? 射角調整可能
[爆風]
密着 ??
最長 ??
240mmキャノンB 1/
単発
密着 60
最長 18
1発ダウン
13.3cnt
??
1発
ダウン
ロック距離 127m
射程 140m
×?
コスト+30
[爆風]
密着 ??
最長 ??

《240mmキャノンA》

1トリガー1発発射、装弾数4発。
射撃時には硬直は一切発生しない。
ガンキャノンのように、トリガーを引く毎に右から始まり左右交互に発射する。
固定武装のため持ち替えが無く、格闘構え状態からトリガーを引くとそのまま射撃されるためQSを仕掛けやすい。サブの爆散榴弾同様、高バラまで一発よろけなのも心強い。
連射間隔はやや長め。
トリガーを押し続ける事によって射角調整が可能。10度から始まり45度まで上昇し、その後降下。調整速度は速い。
角度調整中も移動可能。
ある程度の障害物なら越えて撃つ事もできる。
QDCに使う事も可能で、その場合も射角調整を行なう。
非常にQDCしやすい性能だが、角度調整している間は攻撃ができない無防備状態であり、連撃回数も4回であるため外しを行なう必要性は低い。
硬直は発生しないため1QDで離脱する戦法も取りやすく、角度を付けてQDする事で背後を取る、いわゆる完璧な”ハメ”が可能。
少ない弾数をしっかり当てていく事を意識したい。

キャノン系武器だが赤字距離(最短射程)は無く、密着で最大角度でも命中する様子。

偏差射撃等を行なう場合は最低射角(0度)にしないと当たらない事もあり、あまり得意ではない。
その代わり角度を付けたノーロック射撃が可能であるが、調整時間や連射が効かないなどの隙ができてしまう点には注意。

砲口が高い事からロック射撃や角度のある射撃は地面に着弾する。
ノーロックで水平に射撃すると地面に着弾せずそのまま消失する。

ノーロック距離は要検証。
0度:???m
弾き打ち:???m
45度:???m

クイックドローを行なう際、トリガーをホールドする事で相手のダウンを奪うタイミングをある程度調整可能。
射角調整中でもブーストの使用は制限されないため、位置取りや立ち回りの助けになる。
本体機動力がやや鈍いので、隙を隠すテクニックになる。
ただしあまり長時間ホールドしていると相手が自由になったり、回り込んだりするとロックが外れたり相手の動きによりクイックドローが外れて逆に隙を晒す事になるため注意。
隙を隠すクイックドローとして、バルカンクイックドローの他にこういう事も可能、という事を頭の隅に置いておきたい。
高バランサーまでならよろけを取ることが可能


《240mmキャノンB》

1トリガー単発、装弾数1発。装備時、コスト+30。
射撃時に硬直あり。
固定武装のため持ち替え無し。
こちらは角度調整不可。両肩のキャノンから2発の弾丸が同時に発射され、機体正面へ水平に飛んでいく。
弾速もそこそこ速いため、BRのように扱う事で置き撃ち等も可能。

装弾数が1発で射撃硬直が大きく威力が高い、QD用の性能を有している。
密着および至近距離で60ダメージ。敵機との距離が60mを越えるあたりから威力減衰が始まる。
クイックドロー(QD)用の武器として優秀で、ほとんどの敵機を3連撃+QDを2セットで撃破できる。


■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
時間
QD処理値 射程 対拠点
能力
備考
頭部バルカン砲 16/
4連射
4 100/1発
低 1:2発
中 1:3発
高 1:3発
14.8cnt
110
2発
ダウン
射程127m
×?
爆散榴弾 3/
単発
10 60/1発
低 1:3発
中 1:4発
高 1:5発
10cnt 60?
1発
ダウン
ロック距離127m
射程 130m
×?
強制よろけ
コスト+10
[爆風]
密着 ??
最長 ??

《頭部バルカン砲》

1トリガー4発、装弾数16発。
格闘型機体が装備する標準的な性能のバルカン。
装弾数が少なく4トリガー分しかないため、乱用は出来ない。
しかし癖のあるメイン性能もあり、本武装を使いこなす事がより重要になってくる。

《爆散榴弾》

1トリガー単発、装弾数3発。装備時、コスト+10。
射撃時に硬直は発生しないため、QSに使っていける。
角度調整なし。
弾速は遅いが若干誘導する。イメージとしてはバズーカに近い。
こちらは持ち替えあり。ガンキャノンのように両の拳を打ち付けて持ち替えする。
強制よろけ属性あり。また爆風もあるため通常のキャノン弾よりも当てやすく、相手をよろけさせやすい。
それを活用した連係:爆散榴弾(QS)→3連撃→240mmキャノンB(QD)は非常に安定かつ強力。
ただし、バルカンを選択できないため枚数不利をさばきにくくなる点と、
240mmキャノンBと共に選ぶとコストが200に達する点には注意。
味方との連携を図るなど、ここぞというタイミングを見極めよう。

■格闘

武装 武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
対拠点
能力
備考
格闘 パンチ 29→28→26
合計威力 83
60→0→0
4回
×
追尾距離 59m
タックル タックル 40
装甲1:50(+10)
1発ダウン
×
追尾距離 59m

《パンチ》

モーションはガンキャノンと同じ、右ボディ→左ボディ→右アッパー。
威力や連撃回数はジム(指揮官機)と同じ。
240mmキャノンAと頭部バルカンを装備した場合はメインに癖のあるジム(指揮官機)のような乗り味だが、
メイン武器をキャノンBやサブ武器を爆散榴弾にするとゴッグに近くなる。

射撃武器はゴッグのように持ち替えが無いが、格闘に関しては黄色ロック時以外は持ち替えが発生するため、切り払いの際などは注意。
持ち替え時はガンキャノンのように両の拳を打ち付ける。

《タックル》

モーションはとび蹴り。
TVアニメ機動戦士Zガンダムで本機が登場した際に見せたものの再現。
タックルセッティングで威力が50になる。

■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
298 224km/h 1.1cnt ?m 173km/h 10.9rpm 40f 40 100km/h

(硬直減)
300 222km/h 1.1cnt ?m 171km/h 10.3rpm 36f 40 100km/h

(歩行)
307 220km/h 1.1cnt ?m 169km/h 10.3rpm 40f 40 111km/h

(ジャンプ)
292 216km/h 1.1cnt ?m 194km/h 10.3rpm 41f 40 100km/h

(ダッシュ)
282 243km/h 1.1cnt ?m 165km/h 10.3rpm 42f 40 100km/h

(機動)
272 235km/h 1.1cnt ?m 186km/h 10.6rpm 41f 40 100km/h

(ブースト)
310 203km/h 1.2cnt ?m 156km/h 10.0rpm 40f 40 100km/h

(タックル)
312 192km/h 1.1cnt ?m 148km/h 9.7rpm 40f 50 100km/h

(装甲)
357 181km/h 1.1cnt ?m 140km/h 9.7rpm 40f 40 100km/h

+REV.3.38まではこちら
REV.3.38まではこちら (この白文字テキストは折り畳みによって生じる改行の位置を調整するためのものですのでこのまま残してください)

■セッティング

セッティ
ング名
アーマー
旋回
速度
ダッシュ
性能
ダッシュ
距離
ジャンプ
性能
ブースト
消費率
最終確認
Rev
備考
機動重視4 272 +2 +4 81m +4 13-25% 3.22 全体的に機動力向上
機動重視3 279 +1 +5 84m 0 12-25% 3.22 ダッシュ強化
機動重視2 292 +1 +2 77m +5 12-23% 3.22 ジャンプ強化
機動重視1 299 +4 +1 73m +1 11-22% 3.22 旋回強化
ノーマル 307 0 0 71m 0 11-21% 3.22
装甲重視1 312 -1 -3 ???m -3 11-21% 3.22 タックル強化
装甲重視2 312 -1 -3 ???m -3 11-21% 3.22 硬直軽減
装甲重視3 317 -1 -3 ???m -3 9-21% 3.22 ブースト量増加
装甲重視4 357 -1 -5 ???m -5 11-21% 3.22 装甲強化

それぞれ特化セッティングとなっている。

《ノーマル》

ノーマルでも比較的高いAPを有する。
それと引き替えに機動力は基本的に緩慢で、ブーストの伸びも一歩足りない。
APを重視しつつ機動力とのバランスを取ったセッティングとも言えるが、セッティングが揃えば敢えて乗る事も無いだろう。


《機動重視》

鈍重な機動力を補うためにも、特別な戦術やステージとの相性でもない限りは機動重視セッティングにしたい。

機動重視1は旋回性重視
旋回性能が上昇するため、インファイトなどで翻弄されにくくなる。
ただし本機はただでさえ格闘型機体であり比較的鈍くAPが高いため、敵対する相手はこちらの苦手な射撃戦で処理しようと距離を置かれる事も考え得る。ステージなども含め全体的に考えたい。

機動重視2はジャンプ性能重視
ふわジャンなどによる機動力の底上げが可能。
メイン武装が硬直を狙うタイプなのでふわジャンの時間が長いのは利点になる。
ただしダッシュ性能は低いままなので硬直を刺したとしてもダッシュが追いつかなかったりしないように、位置取りは十分に考慮したい。

機動重視3はダッシュ性能重視
このセッティングでやっとダッシュが格闘型機体らしく使えるようになる。
それでも低コスト帯相当の性能なので過信は禁物。ジャンプ性能などはやはりやや重い。
ただでさえ格闘型機体は位置取りが重要であり、APもまだ十分にあるため、このセッティング、または次の機動重視4を基本としても良いかもしれない。

機動重視4は総合的な機動力強化


《装甲重視》

基本的にノーマルの時点で既に重い本体機動力が更に低下するため、地上ではステージを選ばねば展開の遅さがネックとなりやすい。
宇宙ステージでふわジャンを多用するならばある程度そのデメリットは軽減されるが、やはりスピードが出ない事と、宇宙ステージは基本的に広いため孤立しない立ち回りを心掛けたい。

装甲重視1はタックル威力強化
接近戦における地力が上がるが、旋回も低下し翻弄されやすいので注意が必要。

装甲重視2は硬直軽減
キャノンBには大きな硬直があるため、少しでも隙を隠す助けになる。
ただし機動力の低さは変らないため、障害物を利用しているうちに孤立しないように気を付けたい。

装甲重視3はブースト量増加
比較的長い距離をブースト移動する事が可能。こちらも障害物を利用する助けになる。
ただしブースト速度は変らず遅い。そのため、相手が近距離型機体などの場合、障害物に入る間に回り込まれ撃ち込まれたりしないように、利用する障害物はよく考えたい。

装甲重視4はAP重視
このコスト帯ではゴッグに次ぐ非常に高いAPを得られるが、鈍重な本体性能に拍車がかかる。
乱戦に飛び込んだとしても武装的にも乱戦に向いているわけではないので、
戦果を挙げるにはやはり癖のある武装や本体の習熟が必須。
バルカンで仕切り直しする時はする、乱戦を利用するならすると、基本的な格闘型機体の経験が大切になる。

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング

ジャンプセッティングは機動2に比べ、ダッシュ速度・ジャンプ速度が低下している。
ダッシュセッティングは機動3に比べ、装甲値が3増加し、ダッシュ速度がごく僅かに減少している。
機動セッティングは機動4に比べ、ダッシュ速度・ジャンプ速度が減少し、小ジャンプ硬直が若干減少している。

推・突・装セッティング



■支給(コンプリートまで7800)

順番 武器名 支給バトルスコア
初期 240mmキャノンA
頭部バルカン砲
パンチ
旋回セッティング
-
1 硬直減セッティング 500
2 歩行セッティング 500
3 ジャンプセッティング 500
4 240mmキャノンB 700
5 ダッシュセッティング 700
6 機動セッティング 700
7 ブーストセッティング 700
8 爆散榴弾 1500
9 タックルセッティング 1000
10 装甲セッティング 1000

+REV.3.38まではこちら
REV.3.38まではこちら (この白文字テキストは折り畳みによって生じる改行の位置を調整するためのものですのでこのまま残してください)

■支給(コンプリートまで7800)

順番 武器名 支給バトルスコア
初期 240mmキャノンA
頭部バルカン砲
パンチ
-
1 セッティング1 500
2 セッティング2 500
3 セッティング3 500
4 240mmキャノンB 700
5 セッティング4 700
6 セッティング5 700
7 セッティング6 700
8 爆散榴弾 1500
9 セッティング7 1000
10 セッティング8 1000

■まとめ

全体的にゴッグを意識した武装性能と堅実な本体性能を有している。
特化セッティング機体だが基本的にコスト160相応の性能のため、ブーストワークに関しては、ダッシュなら機動設定3にしてストレスを感じなくなる程度。
同コスト帯のジム(指揮官機)と似通っている部分もあるが、こちらの方が若干動きが鈍い分APやバランサーが高め。
また、ジム(指揮官機)より高バラに対して安定してよろけを取れる武装がメイン及びサブに装備でき、自身の高バランサーと相まってQSが狙いやすい。

コストアップ武装を絡めて運用する事で、その持ち味をさらに活かすことができる。
しかし全て組み合わせる事で、1ランク上のコスト200帯になる事は念頭に置いておこう。
コストアップ武装で無くともサブのバルカンは定評のある武器なので、自らに合った組み合わせを見つけたい。

その他使用感求む。


■その他