ガンダムGP01フルバーニアン RX-78GP01fb

ブースト・ポッドを備えた宇宙戦用の試作1号機
長時間ダッシュを活かした戦いが身上。
超ロングダッシュ可能

基本データ
兵種 前衛/近距離戦型
出撃可能地域 地上:×
宇宙:○
コロニー内:○
アーマー値 276
コスト 280
バランサー/よろけ/基礎バランサー 高/100/300
着地硬直 極小(??F)
オーバーヒート時の回復速度 極遅
機動4(約8cnt.)
支給ポイント 60勝利pt

大破したガンダムGP01に修復を兼ねて宇宙空間戦闘に特化した改修を施した機体。
背部の可動式ブースト・ポッドが目を引く。

REV.3.53より空中以外でもロングダッシュ可能に変更。


■メイン

武器名 弾数 ダメージ
ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
ビーム・
ライフルA
8発/
単発
密着 15
最長 20
60
低1:3発
中2:4発
高2:5発
16.7cnt ? FCS199m
ロック216m
射程257m
ビーム・
ライフルB
8発/
2連発
密着14
最長15
[1HIT]
48
低2:4発
中2:5発
高3:7発
常時リロード
4cnt/発
? 赤ロック204m
射程257?m

《ビーム・ライフル共通》

近距離戦型「ビーム・ライフル」共通の特徴として、発射時硬直がない。
クイック・ストライクもOK。状況に合わせて動きやすい。
FCS範囲もジム・カスタム並みに狭いので、偏差撃ちもしやすい。

《ビーム・ライフルA》

1トリガー1発発射、装弾数8発。撃ち切りリロード。
射程100以降から威力が15から上昇する。最大で20とBRとしては低め。
HIT時のノックバック効果は12m。
撃ち切りリロードで単発式マシンガン並みの連射(0.18cnt)が可能と、ガンダムGP01のBRAとBを足して2で割ったような性能。
しかし同機と異なり連撃威力が高くなく、HIT時のノックバックがあるためQS性能は高くない。
おまけに近距離のメインとしてはリロード時間が長く、サブと合わせて弾切れを起こしやすい。
高い連射性能と撃ち切り式を生かして敵機の硬直を狙っていく射撃主体の運用を心掛けると良いだろう。

低バラ:1ヒットから3連撃(1ヒットでよろけ)
中バラ:2ヒットから3連撃(2ヒットでよろけ)
高バラ:3ヒットから3連撃(2ヒットでよろけ)

《ビーム・ライフルB》

1トリガー2連射、装弾数8発。常時リロード。
A型よりもFCS距離は短いが、弾速が加速式となっており、初速は速くないがロック外ではかなりの速度を誇る。
残弾が1発だけでも使用可能。

高バランサー以上には1トリガーでよろけが取れないため、QSやカットをする場合は頭部バルカン砲を利用するとよい。

ロック外からの置き撃ちが有効に思えるが、本機は宇宙専用機のため歩き合いになる場面がコロニー内以外では少ない。
現状では扱いが難しい武装である。

低バラ:2ヒットから2連撃(2ヒットよろけ)
中バラ:2ヒットから3連撃(2ヒットよろけ)
高バラ:4ヒットから3連撃?


■サブ

武器名 弾数 ダメージ
ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード
速度
対拠点
能力
備考
頭部
バルカン砲
30/
5連射
密着 4.4
最長 5?
24/1発
低1:8発
中1:10発
高1:13発
13.2cnt × 白表示m
射程154m
1発強制よろけ

《頭部バルカン砲》

1トリガー5連射、装弾数30発。
ガンダムGP01と全く同じ性能。
割とバラけ、トリガーを引いたままだと、0.44cnt前後の間隔を空けて5発ずつ発射。(フルオートではない)
攻めの起点に、着地ずらし対策に、と近距離間合いでは優秀な兵装。
ダウンを取るにはメイン武装との併用が必要。またリロード時間も長いので残弾管理にも注意したい。

コンボ早見表
バルカン→格闘
対低 ~2発→3連撃、5発→初撃ダウン
対中 ~5発→3連撃
対高 ~7発→3連撃、10発→初撃ダウン


■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
備考
ビーム・サーベル 24→26→20 60→50→ダウン
3回
合計威力70
追尾距離59m
タックル 30/40/50 1発
ダウン
セッティングによりダメージ値変動

《ビーム・サーベル》

ガンダムGP01同様、右から左上へ斬り上げ→回転突き→回転斬り降ろし、というかなり変わったモーション。
しかし同機と異なり、ダメージは同コスト帯の近距離型機体の平均値となっている。
GP01同様、ビームサーベルに持ち替えるとFCS範囲が拡大するため、敵に裏に回られた時等は、ビームサーベルに持ち替える事によって容易にロックを取れるようになる。

《タックル》

盾を前に出しながら突進する一般的なもの。
出の早さは普通。

■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
276 270km/h 4.2cnt ?m 208km/h 12.9rpm 30f 30 104km/h

(硬直減)
278 267km/h 4.1cnt ?m 206km/h 12.0rpm 21f 30 104km/h

(歩行)
285 267km/h 4.2cnt ?m 206km/h 12.0rpm 25f 40 115km/h

(ジャンプ)
270 262km/h 4.1cnt ?m 228km/h 12.0rpm 26f 30 104km/h

(ダッシュ)
260 291km/h 4.4cnt ?m 200km/h 12.0rpm 27f 30 104km/h

(機動)
250 280km/h 4.2cnt ?m 220km/h 12.4rpm 26f 30 104km/h

(ブースト)
288 254km/h 4.6cnt ?m 196km/h 11.6rpm 25f 40 104km/h

(タックル)
290 247km/h 4.1cnt ?m 190km/h 11.3rpm 25f 50 104km/h

(装甲)
325 234km/h 4.1cnt ?m 180km/h 11.3rpm 25f 40 104km/h

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング



+ REV.3.38まではこちら

■支給(コンプリートまで9300)

順番 武器名 バトルスコア
初期 ビーム・ライフルA
頭部バルカン砲
ビーム・サーベル
旋回セッティング
-
1 硬直減セッティング 500
2 歩行セッティング 600
3 ジャンプセッティング 700
4 ダッシュセッティング 800
5 ビーム・ライフルB 2500
6 機動セッティング 900
7 ブーストセッティング 1000
8 タックルセッティング 1100
9 装甲セッティング 1200


まとめ

ガンダムGP01同様、コストは280と最高クラスだが、同様にアーマー値はやや低め。
ただしその機動性は280コストの中でも群を抜く。

GP01と異なり、接近戦を挑んでも連撃威力がコスト相応のため、インファイトは利点が薄い。
しかも同機同様ダウンがとりやすい兵器を持たないため、囲まれると一瞬で撃破されてしまう。
上記ウィークポイントや高いコスト・長距離ダッシュ性能を考えると、GP01よりも一層、射撃戦で縦横無尽に走り回る運用に向いていると言えるだろう。
そのため適切に状況判断ができる場馴れした熟練パイロットが乗るべき機体と言える。

消化目的で使用すると、GP01以上の扱いづらさに四苦八苦した揚句、高バランサーかつ低耐久値の高コスト機という事で敵機に狙い撃ちにされる可能性が非常に高い。
運用には慎重を期する事を念頭に置いておくべきだろう。
逆を言えば囮役には向いているので、撃墜されない自信があるなら敵機を引きつけて振り切るような運用も可能。
パイロット次第で数々の運用法が考えられるため、今後の研究が待たれるところである。

その他

原作では当初、GP01の宇宙仕様は素体のGP01に宇宙用コアファイターを搭載するだけの予定だったが、GP01がシーマ艦隊との戦闘で中破したため、月のアナハイム・エレクトロニクス本社で徹底改修され、コアファイターだけでなく機体全体がリニューアルされた。
特徴としてコアファイターのエンジン部分を露出してそのままバックパックとし、バックパックのブーストポッドをはじめ機体各所にブースターとスラスターが設けられ、完全に宇宙仕様となった。結果的に当初の予定とは大きくかけ離れた機体となった。
劇中姿勢制御や方向転換を行う際は、胸部のスラスターが展開したり、背部のブーストポッドが回転したりしていたが残念ながら本ゲームではその辺のギミックは再現されていない。

コードネームは「ガンダム・フルバーニアン・ゼフィランサス」。ゼフィランサスとは蘭の一種で、花言葉は「期待」。