オーストラリア演習場(TRAINING AREA -AUSTRARIA-)

MAP特徴

  • BGM-颯爽たるシャア(TV版 Disc-1 5曲目)冒頭から転調前までをループ
  • REV2.14より、新兵(新規プレイヤー)用チュートリアルおよびトレーニングモード用ステージとして登場。
  • OVA「機動戦士ガンダム0083STARDUSTMEMORY」第1話冒頭での舞台。トリントン基地の近郊であり、地球連邦軍のMS部隊が戦闘訓練を行なっていた。
  • 見通しのよい開けたステージに岩山や落下したスペースコロニーの残骸など大小の障害物が立ち並ぶ。
  • 訓練用ステージのため拠点はないが、狭いマップの上障害物も少ないのでトレモでの稼ぎには最適。その分攻撃も集中しやすい。

初めて戦場の絆をプレイする方へ

  • カード作成から2プレイ(4戦)の間は、このMAPでプレイすることになります。
    • 連邦側はジム・トレーナー、ジオン側がザク・トレーナータイプでの出撃となります。この戦闘に限り、自機コストは25になります(本来は120)。そのため、いくら撃墜されてもほぼ敗北はありません。
    • 対戦人数は5vs5。対戦相手はCPUしかいないので、思いっきり戦えます。
    • 拠点が設けられておらず、回復行動を取る事が出来ないので、ひたすら前に出て味方と共に敵MSと戦いましょう。
    • 機体がどのように動くのか、自分の武器の使い方や射程はどれ位か、レーダーと目視での敵との距離のギャップはないか、連撃の入力タイミングはどのくらいか…ここで覚えて実戦に役立てましょう。
    • 出現する敵機体(いずれもCPU仕様で弱体化されている)

地球連邦軍で出撃
機体名 コスト 耐久値 備考
ザクII 50 90 ほとんど攻撃してこない。
ザクII(S) 130 150 1機だけ出現。
バズーカや格闘、タックルで攻撃してくる。
特にタックルは威力が高いので注意。


ジオン公国軍で出撃
機体名 コスト 耐久値 備考
ジム 50 90 ほとんど攻撃してこない。
ガンダム 130 150 1機だけ出現。
やや遠距離からビーム・ライフルで攻撃してくる。
まともに食らうと大ダメージなので注意。

  • ここで2プレイ(4戦)すると連邦側はジム、ジオン側はザクIIが支給され、次回プレイからは全国オンラインでの対人戦となります。

ガンダム・ザクII(S)試乗キャンペーン

一部店舗でパイロットカードを作成すると、初回のみプレイ料金不要で地球連邦軍はガンダム、ジオン公国軍はザクII(S)に試乗できる。
試乗なので1プレイ2戦ではなく、1戦のみ。敵はCPUのみの5vs5。戦場はここ。
プレイ後、パイロットカードをターミナルに通すと、ガンダムの代わりにジム・トレーナーが、ザクII(S)の代わりにザク・トレーナータイプが支給される。
  • 試乗なので勝敗・パイロットポイント・撃墜数はカウントされない。
  • 試乗なので機体は初期装備・初期セッティングのみ。耐久値やコストはそのままだが、ガンダムのビーム・ライフルには照準偏差機能がない。
  • 敵のコストは通常通りだが、耐久値がやや低い(150~170くらい?)。連撃やQDも決めてくるため、油断してると敗北することも。
  • 試乗後、カードをターミナルに通してもやはり民間人のままである。もう1プレイして二等兵になり、さらに1プレイしてジムザクIIが支給される。



戦術


マップ



(写真は戦場イメージです。 Photo: Wikimedia Foundation, Inc.)