ここはREV.3のページです。
REV.2.xの情報の閲覧・編集は ギャン/REV2 を参照。
ページをREV.3準拠に更新中のため、REV.2.xの情報が含まれている場合があります。

ギャン  YMS-15

ゲルググとジオン軍次期主力MSの座を争った試作型MS。格闘戦に主眼をおいて開発された。

基本データ
兵種 前衛/格闘型
出撃可能地域 地上:○
宇宙:○
コロニー:○
アーマー値 274
コスト 280
バランサー/よろけ/基礎バランサー 中/80/240
着地硬直 極小
オーバーヒート時の回復速度 遅(約7cnt?)
支給ポイント 7000p(カード引き継ぎの場合)

硬直が非常に小さく、総合的な機動性は最高クラス。
Rev4への以降に伴いジオン最速格闘機の座はシナンジュに譲ったが、コストは250に軽減され、
未だに第一世代型モビルスーツ最高コストに見合った優れた速度と軽快性を兼ね備えている。
また、格闘機体が持つ無硬直の射撃武器としては破格とも言える性能のメイン・サブと、初撃ダメージの高い格闘を兼ね備えており、隙の少なさを活かして敵を寄せ付けない立ち回りが可能。
一方で爆発力では同コスト帯の格闘機に一歩届かないので、使いこなすにはそれなり以上の腕と経験が要求されるだろう。



■メイン

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード QD処理値 備考
ニードル・
ミサイルA
32/
8連射
密着8
最長6
60/1発
低1:3発
中2:4発
高2:5発
13.9cnt 100?
2発ダウン
青ロック118m
赤ロック127m
射程167m
Rev4.07
ニードル・
ミサイルB
24/
3連射
密着9
最長7
80/1発
低1:3発
中1:3発
高1:4発
19.4cnt 100
2発ダウン
強制よろけ
青ロック???m
赤ロック127m
射程137m
Rev4.07

《ニードル・ミサイルA》

1トリガー8連射、装弾数32発。
発射遅延は無し。
1トリガーのダウン値が480と非常に高く、また発射弾数も多くばらけるため、カス当てQSには扱い辛い。
連射数が多めでダウンが取れるメイン射撃という点ではアレックスの腕部ガトリングガンAに近い性能であるが、威力・射程の面で大きな違いがある。
あちらは密着5ダメージで威力減衰が激しく最長1ダメージまで低下してしまうのに対し、こちらは密着8・最長6ダメージと安定して高威力を発揮する。
特に高バランサーに対しては1トリガー30~40ダメージと、格闘機が持つ硬直の発生しない射撃武器としてはかなり高いダメージである。
加えてロック距離127mに対して射程が167mあり、射程外を歩いている敵にノーロックで掠らせることが可能。
このため4VS4の牽制・仕掛け合いでも相手のAPをじわじわと削っていくことができ、コストアップなしに見合わぬ性能を発揮する。
持ち替え動作が一切無く、1トリガーで複数機に対しダウンを奪いやすいため、自衛や仕切り直しにおいても使い道がある。
ただし癖の強さは本武装の方が高く扱いが難しい。
発射弾数の多さがたたって接敵した状態での発射は弾ごと斬られる恐れがあるほか、。
装弾数も4トリガー分しかないため、注意深く立ち回る必要がある。
独特な性能だが、間合いを自在に調整し、他機体を寄せ付けない本機の立ち回りを支える鍵となる武装でもある。しっかり使いこなしたい。




《ニードル・ミサイルB》

1トリガー3連射、装弾数24発。
こちらもアレックスの腕部ガトリングBと類似した性能。1発強制よろけ。
青ロックからのQD外しが可能。
しかしグフ・カスタム3連装ガトリング砲Bと同様に1発目が当ってしまうので、外した後時間を置かない限り格闘1撃でダウン。
その際の敵機体からの反撃(タックルなど)が可能かどうかは要検証。
サブのハイドボンブで外すことを推奨する。


■サブ

武器名 弾数 ダメージ ダウン値
よろけ:
ダウン
リロード QD処理値 備考
ハイド
ボンブ
A
6/
単発
[射出時]15 1発ダウン 15.7cnt 60
1発ダウン
白表示 127m
射程 137m
Rev4.07
[浮遊中]35(要出典)
ハイド
ボンブ
B
6/
単発
密着 25
最長 25
1発ダウン 13.9cnt 60
1発ダウン
ロック距離127m?
射程 157m
Rev4.07

《ハイドボンブA》

1トリガー1発発射、装弾数6発。
シールドから発射される宇宙機雷。
発射遅延は0.6cnt。
トリガーを引いたままでの連続発射も可能だが、連射間隔は長く(約2cnt.)、1発ずつゆっくりと発射される。
弾速が遅く、100mほど飛んだところで浮遊状態に移行する。浮遊中も徐々に前進し、射出から4.5cnt.後に121m地点で爆発する。
前進中はゆっくりと2度上下に動き、爆発直前に一度上下に大きく動く。
MS接触時に爆風が発生し、複数機をダウンさせる事ができる。
撤退時にばら撒いていくと原作に似た使い方が可能。

クイックドロー時、発射前に盾を構える動作があるため、素早い射出はできない。
このためQD外し用の武装としては非常に優秀。
装甲4で赤ロックからでも外せる。

《ハイドボンブB》

1トリガー1発発射、装弾数6発。
一発強制ダウン、トリガー押しっぱなしでフルオート連射可能。
それなりの弾速、ロック距離<実質射程という性能、近接信管と爆風による実質的な当たり判定の広さから、硬直取り、射程外の歩きの潰し合い、突っ込んでくる敵への牽制と用途は様々。
こまめに撃ち捨てをするなどして、弾数管理を意識したい。

赤ロックからの外しはダッシュセッティングで可能。レバーの入力を左が9時(左)の方向、右が11時と12時の間の方向
(体感的に11時の方向寄り?)にすると外すことが出来るが、青ロックほど簡単ではないので感覚を掴むまで練習を要する。
機動セッティングでも不可能ではないが、他セッティングで外しを狙う際は青ロックから斬りかかろう。
最速でのQDループは一撃で終わってしまうが、ほんの少し遅らせる事で擬似最速外しが出来る。

赤ロックで斬りかかると外せないが、威力・弾速・射出速度でAに勝るので、射撃兵器として使う(ヒット前提)ならこちらを推奨。
8vs8等の多人数戦闘で1QD・2QDで飛び回ったり、外しループを期待出来ない場合もドローが確実にヒットしやすいこちらを推奨。


■格闘

武器名 ダメージ ダウン値
連撃回数
対拠点能力 備考
ビーム・
サーベルA
38→27→22
(理論値 38→34→35)
60→0→0
6回
× 合計威力86
追尾距離59m
ビーム・
サーベルB
9→7→10→9→9
合計44[最小]
30→25→30→30→30
(理論値30→31→47→59→60)
合計145[最大]
60→0→0
→0→ダウン
5回
チャージ式
最大チャージまで
1.8カウント
追尾距離59m
ビーム・
サーベルS
38→26→22 60→30→0
制限無し
× 合計威力86
追尾距離59m
タックル 40~50 1発ダウン × タックルセッティング:50

《ビーム・サーベルA》

他機体と同様の格闘武装。
格闘動作が連邦のジム・ライトアーマー等と似ているので、連邦から転向してきたパイロットにも3連撃が出しやすいかもしれない。

QD外しを用いた3連撃→外し→3連撃の計6撃で強制ダウン。
6撃目の後のQD入力をすれば敵機はダウンしているが一応QDCは可能である。
しかし、6撃目で強制的にバックブーストがかかりQD時に無駄弾を消費してしまう。

これほどの高機動の機体での1ドロー、2ドローによるヒット&アウェイは非常に強力。
特に、1撃目と2撃目が高威力(2連撃で64ダメージ)のため、2QDによる一撃離脱などの運用次第で高い成果が見込める。
また2連外し→2連外し→1発外し→タックル 64+64+38+(40or50)=(206or216) の大ダメージを与えることが可能。
ただし、ハイドボンブが3発必要な上に時間がかかり過ぎ、途中で対処される確率が高い。

メインAでの3連撃QDで94ダメージ
メインBでの3連撃QDで95ダメージ
サブAでの3連撃QDは101ダメージ。
サブBでの3連撃QDは111ダメージ。

《ビーム・サーベルB》

ジオンでは珍しいチャージ格闘武装。本機の他はジオンではアッグが装備している。
右上から斬り→突き→突き→突き→左から横払いの5連攻撃となる。
格闘追尾は初撃と3・4・5撃目で分かれている。

威力は非常に高く、MAXチャージだと大抵の機体の3連QDダメージを上回る。
装甲セッティングのタンクなどを除き、ほとんどの敵機を2セットで撃破できるだろう。
ただしチャージ格闘の仕様上、ゴリ押しは厳禁。
サベAよりも融通が利かないので、射撃でプレッシャーをかけつつ、格闘を入れる隙を見逃さないようにしたい。

敵機の無敵時間中に格闘を放った場合、敵機の無敵時間が切れるのに合わせて誘導が発生する。
空振った場合、高速で5段の格闘を出し切るため、敵機が密着状態でタックル反撃をしてきても、タックル入力による無敵解除→タックル誘導の開始&対格闘無敵発生の間の数フレームにこちらの誘導が割り込んで格闘が決まる。
もちろん無敵時間中に逃げられれば話はそれまでだが、無敵時間を利用したフェイントをかけてきた敵などには積極的に仕掛けていきたい。
同様に、黄ロック外の敵に空振りした場合、タックルのように少し前進した後2~5段目まで振り切るため、その前進で敵機を黄ロック、3段目から誘導して敵機を斬ることがある。
それでも90ダメージと十分な威力があるため、狙える時は狙ってみるといいだろう。
空振り後の自機を見て反撃するために前進してきた敵機が、黄ロックに入って斬ることもある。
以上の性質を利用すれば、QSを仕掛けてこようとこちらに向かってくる敵に格闘を「置いておく」ことで、高確率で反撃可能である。

とにかく本武装の特徴は「空振りの隙の多さと同時に格闘誘導の時間が長い」ことにあるため、たとえば通常格闘なら引っ掛けでかわされそうな局面でもあえて格闘を振って、反撃してきた敵機に何段目かをヒットさせるという戦法も可能。
本武装の特性を理解し、冷静に対処してくる敵に対しては効果がないが、本武装に限らずチャージ式格闘の普及率からしていわゆる「わからん殺し」が可能であることは大きい。

その融通の効かなさから、ワンチャンを狙って大ダメージを与えるための武装と思われがちだが、先述のような「置き」でもって3段目~5段目または5段目のみをヒットさせ、細かくダメージを取って行く事も重要である。
またこの武装は自動で連撃を継続するため、連撃中に正面からカットするために迫ってくる敵機に対してロックを送ることで、手軽にロック送り格闘が出来ることも特徴である。
連撃を抜けた敵機はダウンせず、反撃を食らう可能性もあるが、後ろに味方が居た場合、「カットする」という行為は必然的にある一機にJOINTが入ることなので、状況によってロック送りによるカットしに来た敵へ反撃は積極的に行なおう。

トレモ:オーストラリア8vs8最弱でフルチャージを当て続けて、1,500点台が平均と言った所か。

《ビーム・サーベルS》

Sクラス専用格闘装備(以下Sサベ)。支給武装ではなく、Sクラスでのみ武装選択画面に自動的に追加される。
QD外しを用いた連撃回数に制限がないが、入力タイミングがサーベルAと比べてシビアになっている。
QD外し前提となるのでハイドAと合わせて装備したい所だが、青ロック格闘を意識すればハイドBでも外しループを狙っていくことはできる。
また、Sサベ共通の特徴ではあるが、格闘型機体の一般的な格闘装備(以下Aサベ)より与ダウン値が高く設定されているため、双連撃を行った際はより早く敵をダウンさせてしまう。
特にSサベ同士ではそれが顕著であり、これを装備して7連撃以上を入れることなく戦闘を終えた場合、単に双連撃の性能を落としただけの結果となってしまう。
Aサベの上位互換というわけではなく、外しループ性能と双連撃性能のトレード・オフであるため、将官になったからと言って考えなしにこれを装備することは避けたい。
想定敵(タンクや高コスト近・射といった外し耐性の低い敵を相手にするかどうか)や味方の機体選択、予定される戦術(単騎・切り離し・被せなど)を考慮するようにしよう。

《タックル》

シールドチャージ、タックルセッティングでのみ威力が50になる。

■セッティング

セッティング名 アーマー
ダッシュ
速度
ダッシュ
時間
ダッシュ
距離
ジャンプ
速度
旋回
速度
硬直
時間
タックル
ダメージ
歩行
速度
備考

(旋回)
274 276km/h 1.1cnt ?m 216km/h 13.3rpm 24f 40 117km/h

(硬直減)
276 273km/h 1.1cnt ?m 214km/h 12.4rpm 20f 40 117km/h

(歩行)
283 273km/h 1.1cnt ?m 214km/h 12.4rpm 24f 40 129km/h

(ジャンプ)
268 268km/h 1.0cnt ?m 237km/h 12.4rpm 25f 40 117km/h

(ダッシュ)
258 295km/h 1.1cnt ?m 208km/h 12.4rpm 26f 40 117km/h

(機動)
248 289km/h 1.1cnt ?m 226km/h 12.9rpm 25f 40 117km/h

(ブースト)
286 252km/h 1.1cnt ?m 197km/h 12.0rpm 24f 40 117km/h

(タックル)
288 239km/h 1.1cnt ?m 187km/h 11.6rpm 24f 50 117km/h

(装甲)
333 226km/h 1.1cnt ?m 176km/h 11.6rpm 24f 40 117km/h

+ REV.3.38まではこちら

旋・硬・歩セッティング


跳・走・機セッティング


推・突・装セッティング


■支給(コンプリートまで12000)

順番 武器名 支給ポイント
初期 ニードル・ミサイルA
ハイドボンブA
ビーム・サーベルA
旋回セッティング
-
1 硬直減セッティング 400
2 歩行セッティング 500
3 ジャンプセッティング 500
4 ダッシュセッティング 700
5 ビーム・サーベルB 1000
6 機動セッティング 1000
7 ブーストセッティング 1200
8 タックルセッティング 1200
9 装甲セッティング 1500
10 ハイドボンブB 1500
11 ニードル・ミサイルB 2500

+ REV.3.38まではこちら


■その他

REV.3.18現在、TOPパイロット使用MSランキングで2位を獲得している機体である(2013年5月)。
本機が最も活躍を見込める4VS4が週に一度しかないことをかんがみると、非常に高い評価を得ていることがうかがえる。
ニードル・ミサイルA、ハイドボンブB、ビーム・サーベルS、機動2の組み合わせは、削り・奪ダウン・ワンコンボの威力・フワジャン性能・APを高次元で兼ね備えており、Sクラスでよく見られる。
コストと使用率に裏打ちされた性能を誇るが、それを発揮するには繊細な立ち回りが要求される。
高コスト機故に被撃墜時の被害が大きく、多人数戦で最前線を支えたり、乱戦に参加したりするのは他の機体に比べてリスクが高い。
撃墜された場合、コストアップ武器を装備した280コスト機体でなければ相討ちでもコストが回収できない点は肝に銘じておく必要がある。

コスト240のケンプファーと比べると、射撃武装の豊富さ、格闘の威力など柔軟性で劣る。
同コストの格闘機体のゲルググ(S)と比べるとブースト距離の長さ、QSが可能、射撃・QDダメージが少ないなど、性能が明確に差別化されている。
一回の格闘ダメージが高いこれら2機に対し、こちらは機動力と射撃武装を活かして手数でダメージを稼ぐタイプである。
しっかりとコンボを決められなければ大ダメージを奪えない、玄人向けの機体でもある。

                                                                                                                                                                                                                                         ----