超必殺技


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 覇王翔吼拳
飛び道具を貫通する極限流を代表する飛び道具。超必版はかなり遅く、相手の飛び道具を見てから撃ってもまず当たらないでしょう。また、基本的にこのゲームの飛び道具は速いのでつぶされやすいと思います。潜在版であればでも速く、見てからでほぼ当たるので非常に強力です。発生保障、というか弾が出るまで完全無敵です。
虎砲ブレーキング、上段下段払いから潜在版がつながります。相手のジャンプ攻撃を上段払いでとった場合は通常版も入ります。
通常版はダメージは大きいのですが基本的につながりません。ただし、必殺技でカウンターをとった場合には非常に大きなダメージ元となります。当て方はカウンターで浮いている敵に当てるのではなく、前述のダウン回避不能現象を利用して当てることになります。今作のカウンターは、浮きが高くなり、一度だけ全ての攻撃で空中追撃可能になることに加え、何も追撃しなかった場合ダウン中の相手に一度だけ攻撃を当てることができます。ただしダウン回避可能であるため普通は当たりません。GC虎砲や上段払いでカウンターを取ったときなどで、相手の着地に超必版覇王を入れることでダウン回避不能となり、ダウン追撃として当てることが可能となります。たとえ端と端の距離で虎煌拳がカウンターで当たったとしても追撃が入りますので、カウンター表示が出たら積極的に狙っていくのもいいでしょう。GC虎砲のブレーキングミスした場合に起こりやすく、ブレーキングできなかったとしてもちょうど重ねることができるので非常に狙いやすいと思います。
相手の超必殺の飛び道具に対しては通常版は消され、潜在版は貫通します。例)パワーゲイザー、ゼーレ
相手の潜在飛び道具に対しては通常版潜在版ともに消されます。例)潜在パワーゲイザー、潜在ゼーレ等

  • 極限虎砲
発生0フレ技。切り替えし、連続技と非常に重宝します。つなげる場合は主に虎砲ブレーキングから、画面端であれば弱虎砲→飛燕疾風脚→極限虎砲で超威力の連続技ができます。端に相手を押し込んで中段または下段の二択から狙うことができます。発生0フレなので、空対空後に着地ガード不能を狙うこともできます。ただしバクステで回避されると非常に危険です。

  • 竜虎乱舞
ゲージ2本使用します。レベル1~3は0フレ、4は3フレ。暗転したときにろボタン連打でレベルが変わります。なんかコンボにつなげたらとてもかっこいい。とてもダメージがでかいのでファイナルラウンドなどで決めにいく場合は0フレ狙いやコンボで〆ることもできます。体力の軽く半分はもっていけます。
着地ガー不狙いで出した場合、バクステでも回避はできないので(ただしダメージは少し減る)積極的に狙っていけるものでもあると思います。
レベル4は高さによっては全段空中ヒットさせることが可能なので、虎砲ブレーキングから繋げることができます。タイミングが難しいのですが、レベル4はダメージが非常に高いのでもし高確率で成功させられるようならば狙ってみると良いかもしれません。
特筆すべきはレベル3のガードクラッシュ性能。しゃがみガードの状態で約50強のガード値を削ることができます。これはほたる、ジェニー、北斗丸のガード値50キャラを0から割ることができるということです。55キャラでも小パン2回ガードさせていれば割れ、20以上のダメージが見込めます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。