小ネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

下段避けを先端で当てると+4フレ。龍虎乱舞が連続ヒットします。


以下はtwitter用のメモ帳です。

【システム】対空に対して空ジャンプジャストの仕方は飛んでから下降し始めてからレバーを1に入れっぱなし。着地後も入れっぱなしにしておけばびた重ねでない上段避けなどもジャスト出来る。

【システム】体力0ドット時の飛び道具削りでバクステでの回避が困難なとき、烈風拳・パワーウェイブは下段避け、虎煌拳・発気掌・フレイムは上段避け空キャン全身か上半身無敵技で抜けることができる。バッフルズは死ぬしかない

【対ロック】シフト真空を狙ってきたらあせらずレバーうしろ入れながらCで投げよう。シフトを読めたなら上段避けでカウンターコンボも入れられるぞ

【対ジェイフン】流星落の2段目はしゃがみBですかせる。ジャストより密着するのでコンボを入れやすいぞ。

【対ほたる】小技→虎尾脚のコンボは小技をジャストしたら虎尾脚との間にすき間があるので無敵技やゼロフレなどで割りこめるぞ

【対マルコ】強虎砲をガードしたら五分なので反撃するなら通常技ではなく投げを狙おう。投げ抜けされても間合いが離れるので仕切りなおせる。

【対ドンファン】ドンファンに対しての空対空はバックジャンプ攻撃がいい。ジャスト後にスパドンされてもほとんどの場合着地してからガードが間に合う

【対北斗丸】北斗丸の小ジャンプC→Bは空投げ仕込だから飛んだら投げられるが上段避けで返せる。かわりに遅め小ジャンプDは上段避けをつぶしてくることを覚えると読み合いに持って行ける

【対ジェニー】ハリアーを立ガードしたら2段目をしゃがむ練習をしよう。2段目まで入れ込む相手ならすかして着地硬直に反撃できるぞ。

【対グリフォン】アクティブテュポーンはしゃがんでかわせることは有名だが、着地の隙に上段避けなどでカウンターをとれることはあまり知られていない。反応できたら地上カウンターコンボを狙ってみよう。

【グリフォン】ヘラクレススルーの壁バウンドで死ぬ体力の場合、バウンドのタイミングでゲージ技を使うとKO演出がゲージ技のものになる。


【対牙刀】小ジャンプ攻撃を食らってしまったらあきらめずにとりあえずバクステか上段避けを入力してみよう。運が良ければ着地零牙をかわせるぞ。

【牙刀】相手を浮かした後の風牙旋牙ループ。最速で旋牙を出すタイミングは風キャンのタイミングとまったく同じなので意識してみよう。

【対テリー】ダンクをガードして0フレ、ダンクをガードして0フレ…

【対テリー】強パワーチャージをジャストしたらレバーをうしろに入れなおしてCボタンで投げを狙ってみよう。ジャスト見ずに近Cしてくる相手は投げ飛ばせるし、連ガになる近Aはジャストになる。

【フリーマン】超必クリーピングデスのあとは少しだけ歩いて遠DまたはしゃがみCで追撃できる。成功すれば潜在版とほとんどダメージが変わらないぞ!

【対フリーマン】フリーマンの空ジャンプは着地硬直1フレが下段無敵になっている。そのためいつものように裏回って小足で確反・・・と思っているとガーキャンされてしまうぞ

【対グラント】画面端の凶鳥刃固めは2段目をしゃがんですかせば追加滅翔との間に無敵技やバクステなどで割りこめる。

【対グラント】ジャンプBでのめくりをガードしてしまったら次のしゃがみAが逆ガードになる。ジャンプBガード後に上段避けを入れておけば立Aならガード、しゃがみAなら上段避けで反撃ができる。

【対カイン】目の前でゼーレをパなされたら暗転後に小ジャンプ強攻撃すれば一方的に勝てるぞ

【対カイン】目の前でアーテムをパなされたら下手にガーキャンを狙わずに歩いて投げよう

【対カイン】強ランツェを空中ジャストした場合下りを必ず食らうが、発生の早い攻撃で相打ちを狙うことができる。空中投げもちなら下りの前に投げることができる。

【システム】牙刀やドンジェイなどの空中コンビネーションは2段目をしゃがんですかすことができる。このときグリフォンのみ着地を投げることができる。これはグリフォン以外のキャラはしゃがむと接触判定が大きくなるため相手が投げ間合い外へ出てしまうからである。

【マルコ】近Bは後半3フレームが完全無敵となっている。このことを利用してガードキャンセル技をすかすことができるものがあり、それは北斗丸の弱空破弾BRとジェニーの弱クレイジーイワンだ。特にイワンはガードキャンセルで使われることも多く、成功すればイワンの隙に近Dからコンボが入る。

【テリー】弱クラックシュートはフレーム表では-2となっていてヒットガードを問わず0フレ技が確定するように見えるが、相手がしゃがみ食らいをした場合は五分となるため確定反撃はない。数少ない中段技としてたまには使ってみてあげよう。

【ドンジェイ】ドンファンとジェイフンの遠距離Dは少し飛んで蹴っているモーションで、着地をキャンセルすることができる。たいして使えるものではないが、画面端でのみジェイフンは潜在鳳凰脚、ドンファンは俺様鳳凰脚を連続ヒットさせることができる。

【システム】暗転技のジャスト方法のまとめ。発生0フレの技は暗転したらレバーを離すだけでジャスト出来る。距離によって0フレでなかったりするので、両対応するために暗転したらまずレバーを離し、暗転終了時にレバーを後に入れる癖をつけよう。これで極端に発生の遅い技以外はジャスト出来る。

【対ジェニー】バッフルズは3ヒットする飛び道具で、ガーキャンは3段目のみしか行うことができない。また、持続の後半部分を起き上りに重ねると下段判定となる為、しゃがみガードを心がけよう。端端の距離で出された場合にはジャストを狙うと安全に近づかれてしまうので飛んでかわそう。

【立ち回り全般】前ジャンプ攻撃での空対空後は着地ガー不のチャンスだが、相手も後キャンかバクステで対応できる。攻撃側はバクステ狩りの行動(飛び道具やもう一度ジャンプ攻撃など)と後キャン対策の攻撃重ね(しゃがみBや小ジャンプ攻撃など)で後キャンしにくくすれば着地ガー不が生きるぞ。

【グリフォン】強ポセイドン・ウェーブは全身無敵→空中判定なので起き攻めなどのセットプレイを空中食らいで回避することができる(ドンジェイの下避けと同じ使い方)。強オリンポスオーバーは空中判定になるのに隙間があるので逃げには使えない。

【グリフォン】下避けは着地後も足元が無敵なので北斗丸のスライディングなどをすかすことができる(ただし足払いなど判定の大きい物は食らう)。対北斗丸戦でジャンプのフェイントとして使ってみると面白いかも?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。