湘南高速索道


概要

会社概要

社名 株式会社湘南高速索道
英文社名 Shonan Hisepeed Monorail Co.,Ltd.
種類 株式会社
設立 2000年 1月1日
略称 特になし
本社郵便番号 248-00**
本社所在地 神奈川県鎌倉市
横浜支社所在地 神奈川県横浜市栄区
電話番号 0467-24-2713
代表者 代表取締役社長 光三百弐
業種 陸運業
事業内容 鉄道による一般運輸事業、観光業、土地建物の仲介及び賃貸事業
売上高 41億円(鉄道単独)
資本金 90億円
決算期 3月
従業員数 264人(2006年3月31日現在)
コーポレートカラー 神奈川ブルー、 湘南スカイ
主要株主 神奈川鉄道北関東高速鉄道?
主要子会社 高速索道不動産株式会社
株式会社湘南タクシー
有限会社湘南クリーンエアサービス
外部リンク

解説

湘南高速索道は、2000年に神奈川鉄道の100%子会社として設立され、当時路面電車として運営していた神奈川海岸鉄道線の2線のモノレールによる置き換えと、鎌倉市内の渋滞改善を目的とした3つのモノレールを開業させるための会社である。
現在は3路線とも開通済みで、3路線とも黒字経営であり、乗り入れ先でもある湘南モノレールと共に数少ない優良なモノレール会社である。

歴史

この会社の歴史はまだ浅く、計画も2000年に始まったものである。
そのとき既に神奈川海岸鉄道として運営していた軌道の2路線の真上を走るモノレールの1号線計画、2号線計画と、鎌倉市の渋滞混雑のための路線である3号線計画があり、3線とも計画がまとめられたが、ことに急を要する順番で建設が行われた。
そのため、開業順が変わり、2002年に2号線が、2004年に1、3号線がそれぞれ開通した。2→1→3という変わった順番である。

 ゆめいずみ線については別頁での解説になります


車両

  • 5000R系
この車両は全線を担当し、現在40編成存在するが、そのうちの編成番号「C」を持つ編成は、最高速度の関係上2号線以外の路線を走ることができない。
その他「Y」編成は3号線専用、「S」編成は1・3号線を担当する。

最高速度はC編成が75km/hで、それ以外は90km/hであるが、S編成の湘南モノレール線乗り入れ時は75km/hに抑えられる。
車体構造は全編成がアルミ製で、軽量転換クロスシート。扉は片開きである。

  • 5000S系
この車両は20編成すべてゆめいずみ線対応で、編成札には「D」が付く。
ギア比を加速側に変更し、100‰の勾配にも対応している。
そのため最高速度は75km/hに落とされた。
車体は、R系と比べ、窓の大きさ、顔つきの違い、扉の違い(この車両は両開き)、ライトの位置、座席配置(この車両はセミクロス)などの差異が見受けられる。


湘南高速索道の路線



関連項目






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー