BORDER BREAK @ ウィキ 機体構成例3
機体構成例2の補足や、明確な運用方針を基に先鋭化された機体構成(アセンブルあるいはアセンブリ:以下アセン)例です。

編集される方へ:
珍しい構成、ネタ度の高い構成はネタうぃきへどうぞ。
また、機体コンセプトが大きく変化しないマイナーチェンジ構成は見出しを作らず、類似構成にバリエーションとして追記する形での編集をお願いします。

平均装甲値が軽減率の数値で書かれている場合が多々あります。
書き込みの際また実際使用する際には注意してください。





BBXに伴いテンプレが変化したため情報を削除しています。

中量級ベース

中量支援(BBX対応)

頭:ジーシェン・フー 胴:E.D.G.-β 腕:B.U.Z.-β 脚:E.D.G.-θ

ラドゥガ・49指向性地雷・軽量センサー・リペアユニットβで超過20。
武より8スロとなり、センサー支援必須のしゃがみ1、補助補給2、アンチブレイク1あるいは大破防止の合計5スロ以外にもエリア移動、ダッシュなどのチップがマップにより選択できるアセン。
頭はプリサイス2付きSTAR-20でもノックバックしない装甲B+で高チップのフーを、3秒胴かつ高SP胴を採用。

E.D.G.-θ胴もSP供給やチップ容量は劣るが、重量90軽く装甲等も優れているのでこちらもおススメ。
腕はプレイングスタイルにより、戦闘重視でCLS-イルミナルをつむ場合リロード重視で月影・新など、再起・修理を重視するならアスラ・弐腕等も。

重量級ベース


軽量級ベース



頭:ツェーブラ41 胴:ネレイド45改 腕:シュライクW 脚:ヤクシャ・弐

【強襲兵装◎ 重火力兵装× 狙撃兵装◎ 支援兵装△】 軽減率:115.25% スロット容量:6.0
軽量級でリロードA-をもつシュライクW腕を用いた軽量狙撃兵装アセン。
狙撃の定番腕部パーツ・E.D.G.-β腕を大幅に軽量化することで、頭胴に中量級パーツを搭載。
ダッシュAに加え、A-の射撃補正・リロード、そして積載猶予1100により狙撃の運用にも適した、狙撃対応型「役弐脚キメラ」に仕上がっている。
こちらは射撃能力を優先しつつ装甲を向上させている。

LZ-ヴェスパイン/マーゲイ・カスタム/セントリーガンLZ/光学迷彩・試作型 で積載ジャストだったが、Ver.3.0では40(1.00%)超過するので超過回避には重量耐性チップが必要。
素早く前線へ駆けつけ、迷彩による撹乱と装甲を活かしてのプラント戦が強み。
全身軽量級と比べて自爆の危険性がやや減っていることからジャンプマインも採用しやすい。

しかし、リロード速度がE.D.G.-βより下がってしまうのが欠点。
こちらも十分な速さではあっても、一射毎のリロードが長い高威力武器では特に差が現れやすく、
時間火力の低い狙撃兵装にとっては無視できない問題である。
この問題は、中量級よりも速く前線へ赴き、軽量級より硬い装甲によって生き延びることで、結果長時間攻撃が可能になるという発想で解決できるか。
副武器との連携を重視したり、大破しないことでカバーできるように立ち回りたい。

武器変更速度、SP供給が標準的なので、支援兵装はあまり得意ではない。
しかし武器を軽量化すればダッシュA前後を維持できるので、リロード速度を活かしてクイックスマックやLSG-アヴローラγを使ってみるのもよいだろう。
重火力は同じくリロードを活かして対ワフトローダー戦に備えておく程度か。