|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

GRUPPEN グループレッスンATM

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ホームページが新しくなりました!
↓2014年1月以降のスケジュールはこちらから
http://feldenkrais-practice.jp/

*


ATM (Awareness Through Movement—動きを通じての”気づき”)とは、
無理のない動きによって脳を刺激し、
不可能を可能に、可能を容易に、容易を優美に(M.フェルデンクライス)
するものです。無理のない動きですから、障害のある人でも行えますし、心身に対する意識を向上し可能性を増やすものとして、世界中多くの芸術家も学んでいるものです。

「身体への旅」
「脳の中の身体の地図作製」
「自分の声を聞く」
と言い換えることができます。

期待できる効果
リラックスとリフレッシュ
心身ともに徐々に柔軟になる
腰痛や肩こりが治まる
美しい姿勢
楽な呼吸
視力の改善
スポーツの技術の向上(寄り速く走れるようになり、テニス、ゴルフが寄り上手くなり、また疲れにくくなる)
体力がつく
ダンス、ヨガ、あらゆる身体パフォーマンスは上手に、楽に、楽しくなる
声のヴォリュームが増える
自信を持つようになる
よく眠れるようになる
想像力が増える
方向感か買うが良くなる
性格が明るくなる
 ・
 ・
 ・

ATMのやり方について
どこで
• 心地よく体を横たえることができ、なおかつ柔らかすぎない所で行います。
• 床の接触を感じられることが重要です。畳、あるいは床にヨガマット、毛布などを敷くことをおすすめします

どのように
・まず、心地良さを大事にして行います
 →必要に応じてタオルなどを枕代わりにしたり、膝の下など、支えが欲しいところにおいて下さい。なお、動きを止めてしまうような柔らかい支えはお勧めできません
 →ゆっくり動いて下さい
 →痛み、抵抗感などを感じない範囲で、小さく動きます。小さければ小さいほどいい。
 →どうしてもある動きに痛み、違和感が伴う場合、動きを想像するだけにとどめ、実際には動かないで下さい。動きをイメージすることは驚くほど効果があります。
・なるべく多く休みを入れて下さい
 → 疲れたり、退屈になったり、集中力が切れたりする前に休みましょう。動きが心身にどのような変化をもとらしたか、休みながら感じ、またはボートして、その刺激の処理を神経系に任せましょう。なぜ:痛み、退屈や疲れは学習の大敵。痛み、疲れや退屈を感じながら、学ぶことはできませんから。そうした感情に成ったら、休みましょう。
 →・動きと動きの間に、間を入れて下さい (2、3回呼吸しながらできるだけ脱力をする。一つ、一つの動きが新たな、新鮮な動きであるように。くっつけないでおきましょう)
・力をできるだけ抜いて動きます
 →頑張らない
 →その動きのために必要でないところにまで力が入ってしまっていないかに注意を払って下さい
 →できるだけ脱力し、リラックして動きます
・量より質
 →沢山、早く、大きくには肝心が全くない。小さくて、少なくて、ゆっくりがいいので、質を求めましょう。滑らかで、ギザギザの少ない、スムーズな動き方をしましょう。
・何をやっているかを意識でける余裕を持ちながら動きましょう。つまりゆっくりと、動きと動きとの間仁摩を挟みながら、小さい、心地いい範囲で、呼吸を楽にできるような動き、心地いい動きをしましょう
いつ
いつでも、またどれくらい長い間でもいいです。
寝る前に五分だけ、思い出しているあるレッスンの一部でもとても効果がありますし、よく眠れるようになるでしょう。
または一日を新鮮に始めるため朝に、
または首、肩、目の疲れ、あるいはストレスを和らぐためお昼に。
気が向いたときにいつでも、いくらでもやって大丈夫です(なお、以上に描いたように、あくまで心地いい、頑張らない動き方をなさって下さい)



ここから下は広告です。
グーグルさんいつもありがとう。