ネット対戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

各項目の説明

サーバーを立てる
自分がサーバーになり、対戦相手の接続を待ちます。
対戦相手に「IPアドレス:ポート番号」の形式で接続先を伝えることでネットワーク対戦をおこなえます。
サーバーを立てるとき、観戦の許可/不許可の選択も可能です。
サーバーになるためにはポート開放が必要です。
IPとポートを指定してサーバーに接続
IPとポートを画面上で入力し、サーバーを立てているプレイヤーに接続します。
「対戦をしますか?」の質問ではいを選択した場合は対戦、
いいえを選択した場合は観戦になります。
すでに対戦が行われている場合は、観戦をするかどうかの選択画面が表示されます(観戦が許可されていない場合は表示されません)。
一覧からサーバーに接続
東方非想天則のインストール先フォルダにある「address.txt」に記入されたアドレスから選択し、
接続ができます。
リストには最大16個までアドレスを登録できます。
履歴からサーバーに接続
過去に接続したサーバーの履歴が表示され、そこから選択して接続します。
クリップボードのIPでサーバーに接続
ネット対戦接続時、一番使われている機能です。
クリップボードに「IP:Port」の形式でテキストがコピーされているとき、その接続先に接続します。
基本的に「IP:Port」の形式のテキストがコピーされてさえいれば、余分な文字列が含まれていても接続が可能です。
使用プロファイルの選択
使用するプロファイルを選択できます。
ここで選択したプロファイルは、相手と接続中は変更できません。


ネット対戦をはじめる前に

東方非想天則でのネット対戦をするとき、自分がサーバーになる場合は UDPポートの開放が必要です。
ポート開放できる環境にあるならば、必ずこの操作を行っておきましょう。
ポート開放の方法は使用している環境によって大きく異なるため、当wikiではサポートできません。
各自で調べて行うようにしてください。
参考
Google検索「ポート 開放」
尚、一般的にはポート番号10800が使用されています(この番号でないと動作しないという制約はありません)。

また、ポートが開放できないクライアント専門同士の対戦にはhamachiが有用です。
Hamachi
http://www.eonet.ne.jp/~s600/hamachi/

「東方非想天」と「東方非想天則」のネット対戦に関して

以下のような仕様になっています。

非想天則+緋想天
から接続
非想天則のみ
から接続
緋想天のみ
から接続
非想天則+緋想天
で待ち受け
可能 不可 不可
非想天則のみ
で待ち受け
可能 可能 不可
緋想天のみ
で待ちうけ
不可 不可 可能
添付ファイル