ダークエンペラーズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダークエンペラーズ


吉良星二郎の後釜を狙っている研崎竜一が作り上げたエイリア学園最後のチーム。
その正体は入院組離脱組(豪炎寺を除く)、バックアップチームで結成されている。
ネタバレCMでその存在は僅かながら明かされていたが、その時点でまさかこうなるとは誰が予想出来たか。
チーム名が不明の時の通称は「黒フード」「アレ」等、明らかになってからは「ダンペラ」「DE」等。

「仲間が敵になり戦う」というシリアス定番ネタであるにも関わらず、スレでは完全にギャグ扱いである。
ピチピチユニフォームとエイリア走り、そしてネタ要員でメンバーが固まっている事が敗因だろう。
また、ゲームでのDEユニフォームはド根性バット立ち上がリーヨしている。
何故真・帝国学園のようにしなかったのか。むしろ何故最後の最後に二番煎じ展開をやってしまったのか。

彼らの中に裏切ったと確実に断言出来る者は誰一人として居ないのだが(というか設定を考えると被害者だが)、見せ方のせいかすっかり悪者認定されている。
味方には洗脳無しに素で裏切り行為を行った人物は居るのだが、何故かそれらを差し置いて最低クラスの扱いを受ける。

当然ながら作中での扱いも散々だが三期では更に格差が出来、一部だけ選抜試合に呼ばれ、更にその中でも裏切った可能性の高い二人が代表入りしている。

強さを求めたダークエンペラーズ戦後、一部は実力が無いと社長に明言されたり汚名返上出来ていなかったり
三期ではほとんど台詞が用意されていない等と地味に後味が悪い事になっている。正に踏んだり蹴ったりである。
黒歴史の筆頭であるためか、総集編では見事にスルーされた。正気に戻るとやはり恥ずかしいのだろうか。
また、世界への挑戦!!のEDではこれまでに登場したチームのイラストを見ることができるのだが、他ののチームは描かれているにもかかわらず、このチームのみハブられた。
ちなみに舞台版開演前に放映されていた総集編ムービーの中でも完全にハブられていた。

ゲームでは僅かだがエイリア石に手を出した経緯や謝罪した様子が描写されているのに、アニメではほとんどすっ飛ばされたので登場した際「どうしてこうなった」状態になった人も少なく無い。
特に入院組に至っては本気で何があったのか最後まで分からないままであった。
(ゲームではリハビリが上手くいかない件、それ故に皆よりも遅れている事への不安、自分たちの必要性に対する疑問が原因と思わせる描写がある。ただし肝心のエイリア石を手にするシーン等は描かれておらず、決定的な描写にあまりにも欠ける)
その為、風丸栗松は良く「謝れよ」と手厳しい突っ込みを受けている。染岡さんとマックスはまずああなった理由が不明であり、半田影野宍戸少林は前後が悲惨過ぎてあまり突っ込まれない。
明らかに数合わせ要員の西垣杉森シャドウに至っては最早巻き込んでしまってごめんなさいと謝るべきかもしれない。

そしてこのチームが使うグローブやシューズを何故か古株さんが雷門グラウンドで 売ってる。
ダークフェニックスの件といい、ゲームで黒フード(DE前哨戦)の正体が雷門OBな件といい、ここまで来ると彼がエイリア学園と内通しているのかとさえ思えてしまう。
因みにゲーム上で体感する強さはかなり個人差があるようで、ジェネシスに比べて強いか弱いかについては意見が真っ二つに分かれる。ステータスだけはトップクラス。

世界への挑戦!!では風丸エクスカリバーを、半田オーディンソードを、マックスゴッドブレイクを習得するようだ。マックスはいいものの、風丸と半田は完全にとしか思えない。
さらに我らが染岡さんは皇帝ペンギン1号を習得する模様。流石染岡さんと言いたいところだが、再び足を怪我しないか心配である。
そして杉森は魔王・ザ・ハンド自力習得だったり。

世界への挑戦!!ボンバーのクリア後に見ることができる設定資料集によれば、当初は杉森の代わりに たまごろう が、西垣の代わりに 大谷さん が入る予定だったようである。
大谷さんのDE姿がフツーじゃないそうで見送られたとの噂がある。大人達のド根性バット立ち上がリーヨしてしまうとか。


風丸 一郎太

背番号:10
ポジション:FW
ダークエンペラーズのキャプテン。髪が解かれ、重力に逆らっている様に固定されている。
エイリア石の力で人間を超える足を手に入れた。
  • 必殺技
疾風ダッシュ(前使用していた技と名前は変わっていないが演出が完全に別物)
分身ディフェンス
トリプルブースト
ダークフェニックス

染岡さん

背番号:11
ポジション:FW
言わずもがなイナ妻。もみ上げが強烈。通称モミ岡さん。ダークエンペラーズでの扱いは風丸に次いで大きい。
吹雪アイスグランドに凍らされ視聴者を安心させつつ、ワイバーンクラッシュで得点を決める。
  • 必殺技

杉森 威

背番号:1
ポジション:GK
御影専農中3年。ツノ(髪)が微妙に伸びている。今回で二度目の洗脳。
影野との連携必殺技「デュアルスマッシュ」は爆熱ストームすら簡単に止める。
  • 必殺技

西垣 守

背番号:2
ポジション:DF
木戸川清修中学1年。彼だけ居る理由が特に無い。完全に数合わせである。
トライペガサスで一応達とつながりはあるが…。
ダークエンペラーズでもフェニックスはもう飛べない!とか厨二病発言している。
  • 必殺技

宍戸 佐吉

背番号:8(ゲームでは3)
ポジション:MF
アフロが増量。少林との連携必殺技、シューティングスタージャンプ台 として立ち塞がる。
ジャンプ台なのに「どうです?俺たちの必殺技は」とどや顔で一之瀬に発言している。
  • 必殺技

影野 仁

背番号:4
ポジション:DF
影の存在である事を未だ気にしている様だ。
  • 必殺技

栗松 鉄平

背番号:5
ポジション:DF
出っ歯がパワーアップしたり、笑い方が変化したりしている。
  • 必殺技

半田 真一

背番号:6
ポジション:MF
エイリア石の力で中途半端な自分が変われると思っている。
髪が伸びてボサボサになっている。その為若干イケメンになった(ゲームではイケメンUP!がついている)が吹雪と被ってしまっている。
  • 必殺技

少林寺 歩

背番号:7
ポジション:MF
髪の毛が伸び、白目。アニメ版では目の「+」の「-」の部分が太くなっている。
  • 必殺技

松野 空介

背番号:9(ゲームでは8)
ポジション:MF
帽子の左耳先端が破れている。今回もあまり目立たない様だ。
  • 必殺技

闇野 カゲト

背番号:3(ゲームでは9)
ポジション:FW
エイリア石の力で更にに染まった。
ダークトルネードで先制点を取る。
ゲーム中でのDE版説明文は 「闇から生まれた暗黒の戦士。その闇はさらに深く…」より全開になっている。
  • 必殺技