※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

膵炎(すいえん)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態を指し。

膵炎にはおおまかにわけて急性膵炎慢性膵炎がある。


疾患概念



(1)  種々の原因で活性化された膵酵素による膵の自己消化. 


(2)  膵やそのほかの主要臓器に炎症と組織障害が引き起こされる. 


(3)  短期間で軽快する軽症から多臓器不全で死に至る重症まで、さまざまな臨床像を呈する 



(1)  膵の持続的な炎症により、多くは不可逆的に線維化と実質の脱落が生じる


(2)  進行すると膵外分泌機能不全による消化不良や内分泌機能不全による糖尿病をきたす


膵炎の成因・病態


  • 成因

 (1)  急性膵炎,慢性膵炎ともにアルコール性が最も多く,約半数.
       ついで原因不明の特発性が1/4~1/3,胆石性10~20%. 

 (2)  まれな成因として高脂血症,高カルシウム血症,薬剤性,外傷性,家族性,自己免疫性 


  • 病態

(1)  胆汁の膵管への逆流や膵管内圧の上昇によりトリプシンが活性化され,
      それを引き金にほかの膵酵素やホスホリパーゼA2が活性化し,
      膵管や膵実質を傷害して膵炎が発症する. 

(2)  好中球の活性化やサイトカイン,膵微小循環障害なども膵炎の発症進展に関与している. 

(3)  慢性膵炎では継続的なアルコール多飲などにより膵液の粘性が増しタンパク栓が形成され,
      微小膵管の障害と閉塞により上流膵管内圧の上昇,上流域の膵線維化と実質破壊が引き起こされる. 



関連ニュース


現在、このプラグインはご利用いただけません。



現在、このプラグインはご利用いただけません。


基本方針に賛同していただけるなら、誰でも記事を編集したり新しく作ったりできます。

本サイトは、あなたに対して何も保証しません。

本サイトの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。

あなたが、本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。
あなたの適用される法令に照らして、本サイトの利用が合法であることを保証しません。
コンテンツとして提供する全ての文章、画像、音声情報について、内容の合法性・正確性・安全性等、あらゆる点において保証しません。
リンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
全記事とも、GNU Free Documentation License(以下、GFDLと略します)に基づく改変・再利用を許諾しますが、法令その他の法慣習に反する形での利用を許諾することはあり得ません。
文章と共に表示されている画像は、それぞれ文章とは別個のライセンスに基づく提供となります。
事前の予告無く、コンテンツの提供を中止する可能性があります。

本サイトが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等、いかなる保証もされません。


  • ウィキはみんなで気軽にホームページ編集できるツールです。
  • このページは自由に編集することができます。
  • メールで送られてきたパスワードを用いてログインすることで、各種変更(サイト名、トップページ、メンバー管理、サイドページ、デザイン、ページ管理、等)することができます



バグ・不具合を見つけたら?

お手数ですが、こちらからご連絡宜しくお願いいたします。
http://atwiki.jp/guide/contact.html


分からないことは?

等をご活用ください