トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ようこそ Beat? へ。
旧サイトから移植したのですが、改めて旧文を読んでみると、妙に意気込んでて堅ーい。読むのがしんどい。続きを書くに書けなーい。ということでblogを2つつくりました。当面はこっちで更新していきます。
獣の身体 -ケモノのカラダ-
現在更新中。
beat's blog
取り敢えずやってみたブログ。

最近の更新

取得中です。


旧トップページ

私はパーカッションプレイヤーであります。ここでは

  • 打楽器の叩き方や練習方法
  • いかにしたら身体がビートを産み出すのか

なんてことを考えていきたいと思います。また、一方、私は自転車乗りであります(ロードバイク)。自転車に上手く乗るには、身体を上手く使えるように練習する必要に駆られます。普段使わないような筋肉も使ったりします。そこで、ビートを生み出す、

  • 身体そのもの

についても考えて行きます。最終的には身体とビートを結びつける「時間」についても考えて行ければと思っています。

日常の動きの中のビート

1.序論 (2006.2.3)
  • 連載のねらい
  • いきなり「ビート」って言われても:用語の定義
    • ビート
    • リズム
  • 歩く
  • 手をブラブラ
  • 階段を駈け上がる
    • タッタッタ」の現象学
    • 隙間はあるのか?
    • 謎の秘密は「タメ」にあった
(以下、つづく)

色んな打楽器とその演奏方法のコツ

順次追加していきます(各々準備中)。
  • コンガ
  • ボンゴ
  • シェイカー
  • タンバリン
  • トライアングル
  • 番外編:保管と運搬

身体がビートを産み出す方法へのガイド

現在、目次を検討中。こちらも順次追加、変更していきます。
  • ビートって何?
  • 身体の使い方

私の使用楽器紹介

何かのご参考になれば。








.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Under the Groove of "響き" since 2006
総合トップ







リンク

来訪者数
  総数   -
  今日   -
  昨日   -