2
「眠ってるし軽くキス位平気だろう」
貴方の顔が蒼星石の顔に近づく
唇が触れようとした瞬間、突然蒼星石が貴方の頭を掴み唇を奪い、舌を入れてきたではないか
あまりに突然の出来事で何が何だか分からない
このあとはもう蒼星石にされるがままだった
あとは貴方達の妄想力に任せた