注意: この項目には未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれている可能性があります。
    不快に感じる方は閲覧をご遠慮ください。

(エロいのでそういうの嫌いな人や未成年の人は閲覧しない方がいいかも
 それに承知していただければどうぞ↓ by編集人)























 双子のマスター:姉風呂の続編
 「妹風呂」



 マ「ふぅ、明日までにやらなきゃなのに全然片付かないや。二人は先に寝てて。」
 蒼「分かりました。」
 翠「いろいろ大変でしょうけど無理はせずに頑張って下さいね。」
 マ「ありがとね。」

  どれだけかかるかも分からないので、マスターは双子を先に寝かせて作業に取り掛かる事にした。

 翠「じゃあ蒼星石、私達は先に休んでしまいましょうか。」

  そう言って蒼星石を促す翠星石の顔にどこか期待めいたものが見えた気がした。


 マ「やっと・・・終わったー!さー、お風呂に入って疲れを取るぞー!!」


  マスターが頭を洗っていると誰かが入ってくる気配。

 マ「ん?翠星石?」

  入って来た人物が背後からマスターの体にこちょこちょといたずらする。

 マ「ちょっとやめてよ。悪いけどさ、シャワー取ってくれる?」

  無言で手渡されたシャワーでリンスを洗い流す。

 マ「ふぅー、ありがとう。・・・蒼星石!?」

  そこに立っていた意外な人物にマスターは動揺を隠せない。

 蒼「安心して下さい。僕一人ですし、変な事をするつもりもありません。」
 マ「あ、そう。・・・どうしたの?」
 蒼「お疲れでしょうし、たまにはお背中くらい流させていただこうと思いましてね、ご迷惑でしたか。」
 マ「いや別に。それならタオルくらい巻いてきたら?」
 蒼「洗い物を増やしても、と思ったのですが。それとも・・・僕の裸など見るに耐えませんかね?」
 マ「そんな事は無いよ。」
 蒼「そうですか、ではお体を洗わせていただきますね。」

  マスターの全身をタオルでごしごしとこする。
  特に変わったことも無く、普通に洗われる。

 蒼「じゃあ流しますからシャワーを貸して下さい。」
 マ「はい。お願いします。」
 蒼「マスター、お加減はどうですか?」
 マ「気持ちいいよ。」
 蒼「そうですか。ところでマスター、一つ聞いてもいいですか?」
 マ「なんだい?」
 蒼「なんで最初・・・翠星石が入って来たと思ったんですか?」
 マ「え、それは!・・・ほら、また前みたいな事を・・・」
 蒼「でもマスターは僕の姿に驚いていた。答えた通りなら僕も居ると考えてたはずですよね?」
 マ「う、それは・・・」
 蒼「つまり、マスターは翠星石が一人で入って来たと思った。
   そしてそれは、マスターにとっては特に驚く程でもない普通の事だった・・・違いますか?」
 マ「・・・・・・。」
 蒼「単刀直入に言います。マスターは翠星石と二人でこうして過ごしてきた。
   僕の居ないところで、もう何回か関係を重ねている。違いますか?」

  シャワーを止めた蒼星石が確信に満ちた目でマスターの目を見据える。

 マ「・・・もう誤魔化せないみたいだね。そうだよ、その通りだ。
   僕は翠星石に手を出した。蒼星石に言われた通り、僕は下劣な人間だったのかもね。」
 蒼「最近、マスターは僕の事を避けている。僕が邪魔なんですか?だったら・・・」
 マ「それは違う!!!違うんだけど・・・」
 蒼「この際ですから気を遣わないで言ってもらえた方がありがたいです。
   やはり・・・翠星石のように女性らしい子の方がいいんですよね?」
 マ「蒼星石だって女の子らしいじゃない。」
 蒼「ありがとうございます、でももっと個人的な部分でどう思っているかを知りたいんです。」
 マ「それは・・・」
 蒼「お願いです。マスターが僕の事をどう思っているのかを、マスターの本心を教えて下さい。
   これが最後のチャンスになるかもしれませんし・・・」

  蒼星石はそう言って俯いてしまった。

 マ「最後って・・・分かったよ、嫌われちゃうかもしれないけれど本心を話すよ。」
 蒼「・・・はい。」
 マ「以前にも言ったけど、二人のうちのどちらが大事かを選ぶなんて出来ない、その通りだよ。」
 蒼「でも・・・マスターは翠星石を選んだ。」
 マ「確かにね。翠星石と先にきっかけがあって、そういう事をしてしまった。
   その気持ちに後ろめたいものは無いし、偽りも無い。だけど・・・」
 蒼「だけど・・・なんなんですか?」
 マ「だけど・・・やっぱり蒼星石の事も諦められない。
   翠星石と関係を持ったからそんな事は許されないというのは分かる。
   でも同時に、蒼星石にも自分の想いを受け入れてもらえるんじゃという期待もしてしまう。
   要するに最低の男なんだよ・・・虫の良すぎる話だよね、翠星石にも申し訳ないや。」
 蒼「それで僕を避けてたんですか?」
 マ「蒼星石を見ていると・・・また自制が利かなくなりそうで。
   蒼星石も、翠星石も傷つけてしまうんじゃないかと・・・。
   ふぅ・・・そんな事を考えてしまう時点でやっぱり性根が下劣なのかな。」

  そこで二人の間に重い空気が流れる。

 蒼「もう一つ、いいですか?」
 マ「何?」
 蒼「もしも僕と先に、翠星石と同じような状況になっていたら・・・マスターはどうしていましたか?」
 マ「え?」
 蒼「今のマスターと翠星石のような関係になっていたんでしょうか?」
 マ「きっとそうなっていたと思う。それで・・・翠星石を避けて悲しませちゃったのかもね。」
 蒼「そうですか。そうと知っていれば・・・もっと早く行動したのにな。」
 マ「えっ!?」
 蒼「いや、やっぱりいつもみたいに翠星石に気兼ねしてしまっていたのかもしれない。」
 マ「それってさ・・・」
 蒼「僕も翠星石と同じ気持ちだったって事です。」
 マ「同じ・・・気持ち・・・。」
 蒼「僕もマスターに『女』にして欲しかった・・・。」

  そう言ってマスターの体に抱きつく。
  マスターがごくりと生唾を飲み込む。

 マ「で、でもそれは・・・。」
 蒼「一度だけでいいんです。たった一度だけ・・・それできっと後悔も抑えられるから。」
 マ「後悔って・・・」
 蒼「なんで勇気を出せなかったんだろうって。
   なんで今ある関係を壊してしまう事を恐れてしまったんだろうって。」
 マ「蒼星石・・・。」
 蒼「最後のわがままです。お願いです、僕にも思い出を下さい。そうすれば、きっと耐えられる。」
 マ「だけどそれは・・・許される事じゃないよ。」
 蒼「確かに・・・僕のこの行動も含めて翠星石に対する裏切りかもしれない。
   でも僕だって少しくらい幸せが欲しい。
   もしも、まだ僕の事も少しでもいいから大事に思ってくれているのなら、お願いします。」
 マ「・・・分かった。確かに翠星石を裏切る事になるのかもしれない。
   でも蒼星石の悲しみは僕が最後まで自分を抑えられなかったせいだ。
   それで少しでも蒼星石の悲しみが癒えてくれるのなら、その罪も背負うよ。」
 蒼「ありがとうございます。いや、ありがとう、かな?
   今だけは・・・また前みたいにこうして話しかけてもいいですか?」
 マ「全然かまわないよ。ううん、無理な頼みかもしれないけれど、これからもそうして欲しい。
   正直に言うと蒼星石との距離が遠のいたようで、避けられてるようで辛かったんだ。」
 蒼「そっか、今までごめんね。」
 マ「ううん、元はと言えば僕が悪いんだ。蒼星石が気に病む事じゃない。」
 蒼「いや、いいんだよ。じゃあ、お願い・・・」

  蒼星石が目をつぶると口付けを促す。
  マスターが吸い込まれるようにして唇を重ねた。
  ふと翠星石との事を思い出してしまい、マスターの胸をちくりとした痛みが刺す。

 蒼「・・・どうしたの?」
 マ「あ、いや・・・どこまでやってしまってもいいものかと。」
 蒼「ふふっ、最初で最後なんだから全部リクエストしちゃってもいいかな?
   今思い浮かんだように、最低限でも翠星石にしている事は一通りにね。」

  蒼星石が心中を見透かしたかのように言う。

 マ「う!・・・じゃ、じゃあ今度はちゃんとしたキスね。もっと大人の。」
 蒼「ふふふ、どうぞ。」

  再びキスをし、今度は蒼星石の口の中へと舌を侵入させる。
  最初は戸惑ったような蒼星石もおずおずと舌を絡ませてくると、次第に積極的に動かし始めた。

 蒼「ん・・・はぁ・・・」

  マスターが舌の動きを休めぬままに、手を蒼星石の可愛い乳房へとあてがう。
  絡み付いていた舌が一瞬だけびくりと強張った。

 蒼「ん・・・んふぅ・・・」

  しかしすぐに続きを促すように動きを再開する。
  それを受けてマスターが蒼星石の胸を優しく揉み込む。

 蒼「ん、んむ・・・んあっ・・・」

  緩急をつけつつ手を動かしていると蒼星石の声が次第に鼻にかかったものに変化する。
  そこで自己主張を始めた小さな乳首をそっと摘んでみた。

 蒼「ひっ!!」

  刺激が強過ぎたのか蒼星石が顔を歪める。
  それを見たマスターが口と手を離す。

 蒼「あ・・・?」
 マ「えーと、気持ちいい?」
 蒼「は、はい・・・もう、そんな事をわざわざ言わせたいの?」
 マ「あ、ごめん。でも別にそういうつもりじゃなくって、痛かったりして嫌な思いをしてたらと不安で。
   その・・・蒼星石の覚悟に応えられてるのかなって思ってさ。」
 蒼「ふふふ、まあそうなんじゃないかとは思ったけどね。
   ・・・ねえマスター、僕もマスターに気持ち良くなってもらいたい。」

  頬を上気させ、どこかとろんとした目の蒼星石が言う。

 蒼「何をすれば喜んでもらえるの?何でも言って。出来る事ならなんだってしたいんだ。」
 マ「えーと。」
 蒼「・・・ここをこうすればいいのかな?」

  蒼星石がマスターの脚の間に跪くと屹立したものに手をかけてしごく。

 マ「ちょっと待って!」
 蒼「何?僕じゃあ満足できなそう?」
 マ「違うんだ、気持ちいいんだけど、その・・・蒼星石にも気持ち良くなって欲しい。
   自分一人だけでじゃなくって一緒に気持ち良くなりたい。」
 蒼「一緒に?でも・・・どうすればいいんだろう。」
 マ「うーん・・・それなんだよね。」
 蒼「僕が普通の女の人みたいだったらマスターと交わってそう出来るのに・・・。」

  そう言うと蒼星石が悲しげにうつむいてしまう。

 マ「ま、まあそんなに深刻にならなくても・・・」
 蒼「そうだ!マスター、お湯張ってあるよね、中に入ろうか。」
 マ「う、うん。」

  マスターが湯船に浸かる。

 蒼「あのさ、抱っこして僕も入れて。」
 マ「分かった。」

  言われるがままに蒼星石を抱き上げる。

 蒼「あ、自分で立つよ。マスターは寄りかかってて・・・そうそう。じゃあちょっと失礼するね。」

  蒼星石がマスターの脚の上に立つ。

 マ「これでどうするの?」
 蒼「こうするの。」
 マ「あっ!!」

  蒼星石が今度は足で押さえつけるようにしてマスターの肉棒を刺激する。

 蒼「気持ちいい?」
 マ「う・・・うん。」
 蒼「それは良かった。この体勢なら、マスターも・・・その・・・出来るよね?」
 マ「あ、ああ・・・そうだね。」

  マスターが上体を前に出し、蒼星石の乳首を啄ばむ。

 蒼「んっ!」

  唇で甘噛みする度に蒼星石が身をよじる。
  その動きがマスターにも一層の快感をもたらす。

 マ「くっ、すごい・・・!」
 蒼「水の中だからそんなに体重がかからないと思うんだけど、痛くない?」
 マ「大丈夫、痛いどころか気持ちいいよ。それにしても器用だね。」
 蒼「初めてだけど・・・マスターのためだからかな?」
 マ「ありがとう。されるのも初めてだけど案外いいものだね。」
 蒼「あれ、翠星石とはまだなの?」
 マ「まだだけど・・・翠星石の事は言わないでよ。やっぱ辛いからさ。」
 蒼「あ、ごめん。でも僕が一番乗りを頂けちゃった訳だ。ふふふ・・・。
   いいよ、今から翠星石の事を忘れさせてあげる。」

  そう言うと気合が入ったのか、今度は足の指を絡ませてより複雑な動きで刺激を与える。

 マ「あぐっ!!」
 蒼「その分だと問題なさそうだね。何も考えられなくしちゃうから。」
 マ「う、う、うぅ・・・っ!!」

  快感で頭の中が真っ白になったマスターがこくこくとうなずく。

 蒼「どう?イっちゃいそう?」
 マ「まだ・・・蒼星石にも・・・」

  こみ上げる射精感を我慢して目の前にある胸を愛撫する。

 蒼「ああ・・・マスターが気持ち良さそうにしてくれてる・・・僕も・・・気持ち良くして・・・。」

  蒼星石が両手でマスターの頭を抱え込んだ。

 マ「ん・・・んむ・・・」

  マスターもそんな蒼星石を抱き寄せるようにして

 蒼「あ、いい!いいよマスター!!」

  大きく身を仰け反らして喘ぎながらも、蒼星石は足での刺激を忘れない。

 蒼「も、もう僕・・・イキそうだよ!マスターもきてくれる?」

  蒼星石の両手の中でマスターがうなずくのが分かった。

 蒼「じゃ、じゃあ・・・一緒に・・・ああっ!!」

  蒼星石がひときわ大きく体を揺すぶると喉をそらせて吼える。
  それに呼応するかのようにマスターも欲望を放った。
  かくして二人は同時に頂点に昇りつめ、しばらく抱き合った形のままで余韻に浸っていた。


 マ「ふぅー・・・いい湯だ。」
 蒼「でもマスターのが浮いてるね。」
 マ「ごめん・・・中で出しちゃったから。」

  お湯の中をぷかぷかと真っ白な塊が漂っている。

 マ「洗面器ですくい取って流しちゃおう。」
 蒼「待って。」
 マ「どうしたの?」
 蒼「僕に・・・頂戴?」
 マ「頂戴って?」
 蒼「その・・・すくって飲んじゃっていいかな?翠星石みたいにさ。」
 マ「あの、汚いと思うよ?」
 蒼「念のためにと思ってお昼の間にピカピカに洗っておいたから平気だよ。」
 マ「ああ、道理で綺麗になってた訳だ。」
 蒼「見違えたでしょ?」
 マ「うん。大変だったろうにありがとう・・・って、そうじゃないよ。」
 蒼「お湯の他にはマスターの老廃物だよね?なら平気じゃない。」

  蒼星石が事も無げに言う。
  決して冗談で言っている感じではない。

 マ「・・・じゃあどうぞ。」
 蒼「はい、いただきますね。」

  待ちかねたように両手ですくって口をつける。

 マ「うんと、どう?」
 蒼「熱で固まってちょっとひっかかるけど、マスターのだと思うと美味しいし、幸せだよ。」
 マ「へえ・・・そりゃあどうも。」
 蒼「マスターなんか元気なくない?もう疲れちゃった?」
 マ「そうでもないけど・・・ちょっとのんびりとつかろうか。」

  蒼星石を同じ向きに抱きかかえ、浴槽にもたれかかる。

 蒼「そうだね、一休みしようか。」
 マ「一休みって、もしかして間を置いてまた・・・っ!」
 蒼「うふふ、この分なら間を置く必要なんてないかな?」

  抱きかかえられた蒼星石が両手でマスターの股間のものをいじると早くも元気を取り戻してきた。

 マ「ちが・・・そういう意味じゃあ・・・」
 蒼「やっぱ手の方が楽だなあ。思ったところを可愛がってあげられるし。
   三人で入っていた時から思ってたけどマスターって本当にここが弱いみたいだね。」
 マ「ちょっと・・・待ってってば。」
 蒼「最初で最後だからとことんまで相手してくれるんだったよね?」

  蒼星石が左手で陰茎をそっとくるみ、右手でまだ敏感な亀頭を優しく撫でる。

 マ「でっ、でも、あまり悠長にしていたら翠星石が気付いちゃうかも・・・」
 蒼「それなら平気だよ、どうせ起きてきやしないって、フフフ・・・。」

  既に蒼星石の愛撫は本格的なものへと変化していた。

 マ「あっ、駄目だ、また・・・ちょっと待った!」
 蒼「そんな風にしてくれると嬉しいな、遠慮しないでどうぞ。」
 マ「う、うぅーーっ!!」

  狭い浴槽の中でマスターの体がビクンと跳ねた。


 マ「はーーっ・・・。」
 蒼「ふふふ、やっぱり美味しかったよ。」
 マ「それはどうもありがとう。」

  そして再び出されたものが蒼星石のお腹に収まった。
  今度こそ一息入れたいと思いつつ、マスターが蒼星石の頭を撫でているとまたもぞもぞと動き出す。

 蒼「さーて、そろそろどうかな?」
 マ「ま、またぁ!?」
 蒼「うん、今日は僕一人でマスターを絞りつくしちゃうから。」
 マ「ひぃ!」

  悲しいかな、意思とは裏腹に急所を知り尽くした蒼星石の愛撫に股間のものはむくむくと膨らんできた。
  このままではヤバいと確信したマスターが反撃に転じる。

 蒼「えっ?・・・あ、くぅ・・・」

  背後から蒼星石を抱きすくめると耳やらうなじやらに舌を這い回らせる。
  どうやら思いの外に効果があったようで、蒼星石が動きを止め浸るような表情になる。

 蒼「んん・・・んふぅ・・・」

  マスターが胸の攻めも追加すると蒼星石が唇を噛みつつ切なげに身をよじった。

 蒼「あん・・・はぁはぁ・・・」
 マ「蒼星石・・・。」
 蒼「ん、なあに?」
 マ「なんかすごくえっちぃね。」
 蒼「な、何をいきなり!」
 マ「蒼星石のそういう一面をもっと見たい、見せて。」
 蒼「知らないよ!うー、マスターこそこんなにしちゃってさ!!」

  マスターのものはすっかりと元気を取り戻してビンビンになっていた。

 マ「だって蒼星石の気持ち良さそうな顔を見てたら昂ぶっちゃって・・・」
 蒼「知らない知らない!」

  蒼星石がはち切れんばかりになったものをしごいて反撃する。

 マ「むっ・・・」

  流石に二度も出したかからか、今度は長持ちしそうだ。
  マスターが蒼星石の攻めに翻弄されつつも必死で愛撫を続ける。

 マ「んく・・・ううっ・・・」
 蒼「あぁっ・・・ふぁ・・・」
 マ「ど、どう・・・もうそろそろイキそうなんじゃない?」
 蒼「ま・・・まだまだ!マスター・・・こ・・・そ・・・。」
 マ「そうそうされるがままにはならないよ・・・これでどうだ!!」
 蒼「ぼ、僕だって・・・!!」

  数秒後、二人揃って声を押し殺しながら絶頂に震えるのだった。




 蒼「はぁ・・・はぁ・・・。」
 マ「なんか・・・くたびれた・・・」
 蒼「マスターも?」
 マ「二人して何やってたんだろうね。」

  結局あの後互いに一歩も譲らずにイカせ合い勝負のようになってしまった。
  イってイカせてのデッドヒートを繰り広げ、今や二人とも精も根も尽き果てぐったりと湯に浸かっていた。

 蒼「どうして勝負みたいになっちゃったんだろうね。」
 マ「二人とも必死だしありゃ異常だったよね。」
 蒼「でも、その分すごく気持ち良かったしなんか昂奮したね。」
 マ「へっ?」
 蒼「や、やだなあ!変な事を言っちゃったよ。もう、マスターがあんな事を始めるからだよ!!」
 マ「あ、ごめんね?」

  はっきり言ってお互い様なのだが、乙女の恥じらいにマスターが折れる事にした。

 マ「でもその様子なら不満は無いようで良かったよ。」
 蒼「うん、ありがとう。」
 マ「なんせ一夜限りの逢瀬だものね。」
 蒼「ああ、あれね。」
 マ「思い出にはなったかな?」
 蒼「それなんだけどね。」
 マ「何?」
 翠「ふふ~ん、入りますよ~♪」

  上機嫌の翠星石が突如お風呂場に入って来た。

 蒼「あ、翠星石。」
 マ「!!翠星石、これは・・・僕が悪いんだ、僕の所為で・・・。」
 翠「蒼星石お疲れ様でした、どうでしたか?」
 蒼「ありがとう、うまくいったよ。」
 翠「ひっひっひ、そういう事じゃないですよ。そんなん見りゃ分かります。」
 蒼「どういう事?」
 翠「気持ち良かったですかぁ?何回くらいイっちゃいましたかぁ?」
 蒼「な、何を妹相手にセクハラしてるのさ!!」

  蒼星石が真っ赤な顔で抗議するも翠星石は笑ったままだ。

 翠「へっへっへ、その分だと満更でもなかったようですね~。」
 蒼「知らないよっ!」
 翠「ほうほう、何回イったかも分からないとは妬けちゃいますねー。」
 蒼「・・・マスターのばか。」
 マ「え、こっち!?」
 翠「一応聞いときますけど、もう十分に満足しましたか?まだまだってんなら外しますよ。」
 蒼「いや、お見通しの通りだよ。それは大丈夫。」
 翠「でしょうねえ。翠星石の経験量ならその位の予測は簡単ですよ♪」

  内容はともかくも、普段通りの様子で二人は話している。

 マ「あのさあ・・・怒らないの?」
 翠「ふっふっふふーん、よその女ならともかく、翠星石と蒼星石は一心同体ともいえる双子ですよ?
   蒼星石のものは翠星石のもの、翠星石のものも蒼星石のものなのです♪」
 マ「『もの』扱いはちょっと・・・。」
 翠「それに何を隠そう、今回の仕掛け人は翠星石ですからね。」
 マ「ええっ!!」
 翠「二人とも変に遠慮して無理してるのが丸分かりでしたからね、まるっと収めてやろうって訳ですよ。」
 蒼「翠星石のアドバイスがあったからお風呂場に突撃したんだよ。」
 翠「マスターが蒼星石にも好意を持っているのは見え見えでしたからね。
   まあ蒼星石のような素晴らしい子に心惹かれるのは当然ですが。」
 蒼「最初は自信も無かったし諦めようとも思ったんだけど、翠星石に励まされてね。
   マスターもお堅いからどうなるかと思ったけど・・・諦めなくて本当に良かったよ。」
 翠「いやー、二人がかりで必死にお風呂掃除した甲斐がありました。」
 蒼「本当にいろいろとありがとう。」
 マ「うーむ、するってえと、これからは・・・。」
 翠「これからまた三人で仲良く楽しく暮らしましょうね♪」
 蒼「翠星石ともどもよろしくお願いしますね。」

  双子がにっこりと笑う。

 翠「じゃあ今日は記念に川の字で寝ましょう♪ほれさっさと上がるです。」
 マ「はいはい。」
 蒼「ふふっ、せっかちだなあ。」

  そんなこんなで終始異様に上機嫌の翠星石に促されて大急ぎで寝室に入る。。
  マスターが双子を両サイドに腕枕し、三人は川ではなくホの字で眠りに就いたのだった。

!未成年注意表現有!
「姉妹の??」に続く