翠「何してやがるですぅ?」

マスターがPCに向かって何かやっている。

マ「あぁ、これは三国志だよ」
翠「三国志?」
マ「昔の中国の戦乱を題材にしたゲームさ」
翠「ふーん・・・そんなゲームがあるのですか」
マ「んだ・・・ところで蒼星石は?」
翠「蒼星石はチビ人間の所に行ってるですぅ」
マ「ジュンの所に?珍しいな・・・」

そう言ってマスターはゲームを続けた。
翠星石はマスターの膝の上に乗って、それを見ている。

マ「・・・むぅ」
翠「どうしたんですぅ」
マ「どうにもな・・・攻めるにも相手の武将が優秀で、攻めるのに躊躇するのよね」
翠「ふーん・・・!!」

翠星石はその武将データの名前を見て、驚いた。

マ「どうした?」
翠「こ・・・こいつは・・・」
マ「こいつ・・・あぁ、陸遜か」
翠「こいつは、昔の翠星石のマスターですぅ!」

それを聞いたマスターは、腰を抜かした。

マ「ま・・・マジかよ!?」
翠「陸遜 伯言・・・間違いなく昔の翠星石のマスターですぅ」
マ「そらまた・・・随分大物のマスター持ってたんだな・・・」
翠「蒼星石も同じ時代に目覚めてたんですぅ」
マ「同じ時代って・・・誰がマスターだったんだ・・・?」
翠「周瑜 公瑾・・・同じ呉の武将ですぅ」

それを聞いたマスター、さらに腰を抜かした。

マ「おいおい!お前等何っつー大物のマスター持ってやがんだ!!」
翠「偶然が重なっただけですぅ」
マ「・・・しかし、その時の話、気になるな」
翠「しゃーない、話してやるですぅ!」