薔「あの扉の中、その先に水銀燈は居るはずです。」
 マ「あそこに・・・。」
 薔「では・・・力になれなくてすみませんが、私はここで失礼します。
   部外者が立ち入るべき戦いではありませんし、出来ればもう戦場には居たくない。」
 蒼「そうだね、これは僕らの問題だ。ここまではありがとう。」
 薔「では・・・御武運を。」

  指し示された扉を開け、その中に広がる世界を慎重に進む。
  確かにそこに座り込んだ水銀燈の姿を見つけた。

 銀「ふふっ・・・ようやくあんたを倒したってのにこのザマよ。
   あんたの家来にやられちゃうなんて・・・思わなかったわ。」

  水銀燈は物言わぬ人形となり安置された真紅に話しかけていた。
  恐らくは此処こそが水銀燈が真紅を倒した場所なのだろう。
  何ゆえに彼女はここをしばしの安息の場としたのだろうか。
  その胸中は分からない。

 銀「あらぁ・・・あなた達・・・こんな所まで何しに・・・来たのぉ?
   ・・・って、一つしか・・・ないわよねぇ。」

  水銀燈が途切れがちに言葉を紡ぐ。
  一目で弱っているのが分かる。
  全身ボロボロで翼もへし折れ、かつての姿は見る影も無い。
  どうやらまだかなりのダメージが残っているらしい。

 蒼「君を倒しに来た。雛苺に勝って翠星石の仇を討つにはそれしかない。」
 銀「ふん・・・笑っちゃうわねぇ。」
 蒼「確かに卑怯かもね。でももう決めたんだ。」
 銀「違うわよ・・・双子の姉の・・・仇討ち?
   どうせ最後に残れば・・・自分が倒さなきゃいけない相手じゃない。
   ・・・・・・くだらなぁい。」
 蒼「それは・・・。」
 銀「要するに・・・覚悟が出来てないのよ、アリスになるための覚悟が・・・。」
 蒼「・・・かもね。」
 銀「まあいいわ、かかって来なさい。」

  水銀燈がよろよろと立ち上がる。
  おそらくはまだ飛ぶ事さえ出来ないのだろう。
  今にも倒れそうな様子で剣を杖にして体を支えていた。