蒼「行ってらっしゃい、マスター」

会社に行くマスターを玄関で見送る僕。いつもの風景。

蒼「さて・・・と。」

お茶を入れて一時のリラックスをしていた時に、それが目に入った。

蒼「あれ?」

そこには、1枚の封筒が置いてあった。

蒼「あれは確か・・・」


~~~~~~~~~~


マ「・・・はい。では会議はその日の午後2時ですね・・・はい。では失礼します。」

携帯電話で話してたのは会社の人だろうか。

マ「さて・・・会議の資料はこれ・・・と。忘れないようにしないとな。」


~~~~~~~~~~

蒼「確かあの時の・・・大変だ!」

会議の資料を忘れるという、マンガにありがちな事をマスターは平然とやってくれた・・・

蒼「早く届けないと・・・」

しかし、ドールである僕が外を平然と歩いたりしたら大騒ぎになってしまう。
下手したら、マスターに迷惑をかけるかも知れない・・・

蒼「どうしよう・・・そうだ!」

僕はある人の事を思い出して、準備を始めた。




外は快晴、平和な昼下がりだ。

ただ・・・


ダンボール箱が動いている事を除けば・・・


蒼「(マスターがやってたゲームで、ダンボール箱に隠れて隠密行動するゲームがあったんだ。それを真似すれば・・・)」

…蒼星石よ、スネークの世界と2007年の日本は違うのだぞ…

もちろん通行人は不審に思う。
人が居る所では立ち止まっているが、それが道路のど真ん中とかだと、どう考えても怪しい。

公園に差し掛かった時、それは現れた。

蒼「(野良犬・・・)」

野良犬は蒼星石の入ったダンボール箱の臭いを嗅いだ。そして・・・小をひっかけた。

蒼「(うわっ!!)」

危うく声が出そうだったが、何とかとどまった。

蒼「(くさいよ―このダンボールはもう使えないや)」

蒼星石は、辺りに人が居ない事を確認して、ダンボールから脱出した。

蒼「さて・・・人目の付かない場所を行くしかないか。」

蒼星石は、マスターの会社への近道を順々に辿った。
マスターの会議まで、もう時間が無い。
しかし、その近道に立ちはばかるものがあった。

蒼「この空き地の隙間を通れば近道なんだけど・・・」

そこには、草が生い茂っていた。

蒼「・・・仕方ない、レンピカ!」


後日、その空き地の一部が派手に伐採されている様子が、子供達によって発見されたという・・・


そうして、マスターの会社に辿りついた。時間は午後1時20分。
しかし、まさか正面玄関から入る訳にはいかない。

蒼「そういえば・・・マスターは敵の注意を逸らして潜入するって方法取ってたっけ・・・」

蒼星石は、辺りを見回した。
すると、荷台ギリギリの木材を積んでいるトラックが目に付いた。

蒼「・・・ちょっと手荒いけど・・・レンピカ!」



マ「ただいま、蒼星石。」
蒼「おかえりなさい、マスター。」

いつもの夕方の風景だった。

マ「いや―今日会社の前で、過積載のトラックが荷台崩壊起こして、騒然となってたよ。」
蒼「怖いですね―」

もちろん犯人が僕だなんて言えない。レンピカに荷を切ってもらったなんて・・・

マ「会社のみんながその騒ぎで飛び出したんよ・・・警備員の人もな。」

僕はその隙に、マスターの鞄に資料を入れたのだ。

マ「まぁとにかく、一時騒然となったけど、何とか収まっt・・・っと」

マスターは携帯の着信に応えた。

マ「・・・はい、大丈夫です・・・えぇ、明日の会議に支障は・・・」
蒼「あ・・・明日・・・!?」

僕はそのマスターの言葉に驚いた。

マ「・・・はい・・・では。・・・いやなぁ、明日の会議用の資料が何故か鞄に入っててな。」
蒼「明日の・・・」
マ「いやはや、オレもそこまでボケるようになったかと、ちと悲しくなったぜ。」

そう言って、大きく笑い出した。

蒼「は・・・ははは・・・」

もちろん僕としては笑えない。
大掛かりな騒ぎ起こして届けたモノが、実は明日のモノだったなんて・・・