僕は今蒼星石の小さな手を握っている。
  蒼星石の可愛い手も僕の手を力いっぱい握っている。
 蒼「く・・・!」
  必死で頑張る姿を眺めているとなんだか和んでしまう。
  ただの腕相撲をこれ程まで楽しく思った事はない。
 蒼「うん・・・しょ!」
  蒼星石が力を入れるがびくともしない。
  そもそも体のサイズが違うし、特殊な能力があるとは言えやはり女の子だ。
 マ「ふふ・・・。」
  思わず笑いがこぼれる。
 蒼「マスター、真剣にやってないでしょ!」
 マ「いや真剣だよ?」
 蒼「じゃあ何で笑うのさ。」
 マ「蒼星石が可愛いなあって。」
  時折見せる冷たく鋭い雰囲気は微塵もない。
  まるでごくごく普通の女の子だ。
 蒼「・・・ほら真剣じゃない。」
  そう言ってまた頑張り始める。
  人間と違って筋肉が疲れるような事もないのだろう。
  形勢は変わらないものの一向に疲れを見せない。
 マ「じゃあ真剣勝負になるようにするか。」
 蒼「何?」
 マ「勝ったら蒼星石にキスさせて♪それなら必死で頑張っちゃう。」
 蒼「え!?マスターから?僕に?」
 マ「そ。唇と唇でチュッとね♪」
 蒼「な、な・・・!」
 マ「はい決めたー。じゃあいくぞー。」
  そう言って腕に力をこめようとする。
  瞬間、膠着が崩れた。
  ただし、自分が押し負ける方へと。
 マ「あれ?」
 蒼「真剣勝負でいいんだよね?」
  蒼星石が冷静にそう言った。
 マ「く・・・。」
  事態はすぐに飲み込めた。
  蒼星石の力が増しただけではない。
  同時に脱力感に襲われていた。
 マ「くそっ!」
  慌ててテーブルの端を左手でつかむ。
  その薬指には灼け付く感覚。
  なんとか互角の位置まで戻した。
 蒼「へえ、やるね。」
  いつまでも消耗しない蒼星石と急速に消耗し続ける自分。
  勝つには短期決戦しかない。
  少しずつだが押し込んでいく。
 蒼「くぅ・・・。」
  蒼星石にも焦りが窺える。
  あと少し・・・。
  もうちょっとで勝ちというところで手がぴたりと止まる。
 マ「く、く・・・!」
  力を振り絞るも固定されたようにびくともしない。
  ふと見ると蒼星石の顔には笑みが浮かんでいた。
 蒼「はい、それまで。」
  余裕の声と共に圧倒的な力で押し返される。
  そして丁度さっきまでと反対の位置で手が止められる。
 蒼「ふふふ、勝っちゃうよ?」
  必死で抵抗する。
  しばらくして、
 蒼「はいお終い。」
  手がテーブルに触れた。
  そのまま体ごとこてんと倒れてしまう。
  もうへとへとで起きられない。
  いわゆる『ハナクソほじる力も残ってねえ』って有様だ。
 蒼「あーあ、あんな風に無駄に粘るからだよ。」
  僕をからかっていた蒼星石が意地悪く言う。
 マ「キスが嫌なら・・・言ってくれれば・・・しなかったのに。」
 蒼「嫌じゃないよ?」
  蒼星石が帽子を脱いでテーブルに置く。
 蒼「ただ・・・ダメでしょ?」
  蒼星石が倒れた僕の顔をのぞきこむ。
  そのまま顔と顔が接近し、唇と唇が触れた。
 マ「ん・・・・・・はあっ。」
 蒼「忘れちゃったの?そういう事をする時はあなたはマスターだけど、ご主人様は僕。」
  蒼星石が横になったままの僕のシャツのボタンを外す。
 蒼「ご主人様に自分から手を出そうなんていけない子だ。」
 マ「な、何を・・・?」
 蒼「マスターの負けだから罰ゲームだよ。」
  あっという間にベルトまで外されてしまった。
 蒼「きちんと躾けてあげるよ。いろいろとお仕置きしながらね。」
  笑いながらも冷たく鋭い雰囲気を湛えた蒼星石がそう宣言した。