貴方と蒼星石が向き合って座っている・・・。
貴方「どうなさいました~?」
蒼星石「マスター・・・ボク何だか熱があるみたい・・・。」
貴方「医者である私の事は先生と呼びたまえ。」
蒼星石「マス・・・先生・・・どうしたら治るのでしょうか?」
貴方「注射をすれば直に治るでしょう。」
蒼星石「注射・・・ですか・・・。」
貴方「そう、注射だっ!!」
 そう言うと貴方は立ち上がり、自分のズボンを一気に下げる
蒼星石「キャッ」
 蒼星石の目の前にはいきり立つ貴方のモノがそびえ立っていた。
蒼星石「マスター・・・。」
貴方「ん?」
蒼星石「ボクは自分の病気を治す前に、マスターに外科手術を施さないといけないようだね・・・。
 そう言う蒼星石の片手にはしっかりと鋏が握られていた。
貴方「ちょっとまって、蒼星石ちゃん、落ち着いてねっ、お願いだから。」
蒼星石「問答無用っ」
貴方「アーッ!!!!!!!!」
蒼星石「・・・やっぱりボクには切れないよ・・・。」
貴方「蒼星石・・・。」
蒼星石「だからお願い・・・ズボンを穿いて・・・。」
 蒼星石は涙目で訴えていた
貴方「嗚呼・・・その・・・なんだ・・・悪かったな・・・蒼星石。」
 蒼星石の悲しそうな表情を見た貴方はどこか心が痛んだ。
 もう悪ふざけはよそう・・・。そう思った。