「そろそろ行かないと、間に合わなくなるな」
「うん、早く戻らないと」
しばらくして開演時間が迫ってきたので、僕達はここを出ることにした。
しかし、その時――
トイレの洗面所にあった大きな鏡が水面のように揺れ動いた。
「こりゃあ…」
「nのフィールド…!」
場に緊張が走り、身構える僕達。
そして、そこから出てきたのは――
「…ここでいいんですね?」
「ええ、あってるはずですよ。…おや?貴方達は…」
――こともあろうに、雪華綺晶とラプラスの魔のふたりだった。
「…ふるえるぞハートッ!燃えつきるほどヒートォッ!!」
「「「…へ?」」」
マスターが突然叫びだした。このフレーズは…
「おおおおおッ 刻むぞ血液のビートォォッ!!!」
「いや、あの、ちょっと、何です?」
「何!?なんですかこれ!?何でこの人叫んでるんですか!?」
二人とも明らかにうろたえている。まあ当たり前か…
 サンライトイエローオーバードライブ
「山吹き色の波紋疾走――ッ!!!!」
「ホゲューッ!」
マスターのストレートが綺麗に決まり、吹っ飛んで行くラプラス。そのセリフは違うような…
この意味不明な状況が恐ろしいのか、雪華綺晶は彼女らしくもなくおびえている。
「い、いきなり何を!?」
「うるせえ!お前らがこの世にいなければ俺は騙されなかったんだ!死んで詫びろ!!」
滅茶苦茶な理由でラプラスをボコボコにするマスター。
「や、やめなよマスター…二人は何も悪くないんだから…」
「そ、そうです、今回は別に貴方達に危害を加えようとして来たわけではないんですよ」
「蒼星石……気を付けろ!信じるなよこいつの言葉を!」
「いや、ほんとに――」
「こいつはくせえーーッ!ゲロ以下のにおいがプンプンするぜーーーーッ!!こんな策略家には出会ったことがねえほどなァーーーッ! 
 今回は危害を加えようとして来たわけではないだと?ちがうねッ!!こいつは産まれついての策略家だッ!蒼星石、早えとこ鋏で切り刻んじまいなッ!」
「切り刻んじまいなって…二人がかわいそうでしょ?とりあえず話だけでも聞いてあげようよ」
何で僕は二人を弁護してるんだろう…
「まあ、蒼星石がそう言うなら」
渋々承諾するマスター。
「…えーと、今回は…あのー…」
なぜか口ごもるラプラス。
「…かまいません、教えてあげてください…信じてもらうためですもの」
さっきまで隅でうずくまっていた雪華綺晶が言った。…何を教えるんだ?
「じゃあ言いますが、今回は彼女がくんくんショーを見たいと言っていたから、わざわざ北海道まできたんですよ。貴方達と遭う予定ではなかったんです」
「「…はい?」」
雪華綺晶は顔を真っ赤にして俯いている…
「どうも彼女が貴方の部屋に侵入したとき、DVDを見たそうなんですよ。それきり夢中でして」
がっくりと肩を落とすマスター。
「で、今日この辺でショーがあると聞いて…どうしました?」
「いやあ、まあ、その…」
一拍おいて、マスターが呟いた。
「…とりあえず、電気代払えよ?」
「嫌ですよ、今金欠なんです」
さらりと返すラプラス。
「…槐に給料もらってるだろうが」
「だから、それがもう無いんですよ」
「何に使ったんだ?」
「禁則事項です」
マスターが何度聞いてもラプラスは答えない。本当、何に使ったんだろ…
「そういえば、貴方達はなぜこんなところにいるんですか?」
突然話題を買えるラプラス。よほど給料の使いみちを言いたくないのだろうか。
「修学旅行だよ。蒼星石もドールズも――って、このセリフ今日二回目だな…」
「どんなところに行くんです?」
突然、さっきまで俯いていた雪華綺晶が聞いてきた。…心なしか必死な声色で。
「んぇ?そうだな…洞爺とか、函館とか、小樽とか、札幌とか…」
マスターの説明を聞いていた雪華綺晶の顔が、途端に明るくなる。…何?
「聞きました!?『とうや』『はこだて』『おたる』『さっぽろ』ですよ!?」
「ええ、わかりましたわかりました、わかりましたから頭をシェイクするのはやめてください」
わざわざ洗面台に登ってラプラスの頭を揺さぶる雪華綺晶。
「蒼星石のマスターさん、ちょっと頼みがあるのですが!」
「無理。全然無理。まったく無理。100%無理」
雪華綺晶の頼みを一蹴するマスター。頼みが何なのか聞こうともしない…
「えぇ!?聞いてくださいよ聞いてくださいよ聞いてくださいよ!!」
「あの、そろそろ脳震盪を起こしそうなのでやめてくれませんか?私はカマキリじゃないんで脳震盪起きるんですが」
普段の冷静さはどこへやら、雪華綺晶はラプラスの頭を揺さぶりながら叫ぶ。
「やだね。槐に関してはそれで失敗したんだ」
「…槐?」
「あ、いや、後で話すよ」
僕達がそんなやりとりをしていると、雪華綺晶が不敵な笑みを浮かべてラプラスに言った。
「しかたありませんね…ラプラス!『あれ』を使うのです!」
「ちょ、突然止めないで…リバースしちゃう」
あからさまに気分が悪そうなラプラス。
そのうち、見かねたマスターが肩を貸して便器まで連れて行った…

「あ゙~~~……お見苦しい所を゙…お見せしました…で、なんでしたっけ?」
すっかり胃の内容物を出し終えたラプラスは、雪華綺晶にさっきの命令の内容を問いただした。
「ですから、蒼星石のマスターさんに『あれ』を見せてあげてください」
「ああ、『あれ』ですか…はい」
マスターに『あれ』を突きつけるラプラス。マスターはそれを見て硬直する。
「貴様…なぜそんな写真を…」
「まあ、個人的にはこんな写真どうでもいいんですが…彼女の機嫌を損ねたくはありませんから、これを貴方に渡すわけにはいきませんね」
「てめぇ…」
二人がそんな言葉を交わしているときに、僕は雪華綺晶にあることを訊ねてみた。
「ねえ…あれって何の写真? 何が写ってるの?」
「さあ…私が見ようとしても、ラプラスが『精神衛生上よくない』とか言って見せてくれないので…」
…本当、何が写ってるんだろう…
「…ムカついて来たッ!なんでくそったれのラプラスのおかげで俺がおびえたり後悔したりしなくちゃあならないんだ!?『逆』じゃあないか!?」
突然、それまでラプラスと睨みあいを続けていたマスターが呟きだした。
「…はい?」
「―――おびえて逃げ回るのは、ラプラスッ!!きさまの方だァァーーーッ!!!」
「ぃえぇ!?」
絶叫するマスターと、それに動揺するラプラス。
「その写真をよこせ。もしくは捨てろ。今すぐに」
やけに冷静な声で要求するマスター。
「え~…じゃあ渡しm」
「だめですよ!ぜったいだめです!私はそれでマスターさんを脅迫して、あの要求を呑ませなければ…!」
すぐに写真を渡そうとしたラプラスを、隣の雪華綺晶が叱咤する。
「あぇ~…じゃあ…その…私は…」
ラプラスは二人の顔を交互に見て、額(?)に汗を浮かべながら、すり足で移動している。あっちは…
「ジョーs…いや、私には基本的な戦いの発想法がありましてね………そのなかにひとつだけ残された戦法がありました」
じりじりと出口の方に後ずさりする。
「…それは!『逃げr」
       ドミネ・クオ・ヴァディス?
「―――『どこへ行かれるのですか?』おまえは、『磔刑』だーーーーーーッ!!!」
「アンギャアーーーーッ!!」
…いつの間にか回り込んでいたマスターが、出口に走り出したラプラスの顔にシャイニングウィザードを食らわせた…
「ああっ、この兎頭!何をやっているんですか!もし失敗したら梅岡先生呼びますからね!」
…三人ともキャラがおかしい。三人はもっと…こう…まあいいや。
「いや、でも、この人結構強いんですよ?」
「じゃあ貴方の力を使えばいいでしょう!?仮にもここはnのフィールドなんですから!何のために貴方を連れてきたと思ってるんです!頭の中まで兎なのですか!?」
…なんか雪華綺晶が翠星石に見えてきた…
「…では、僭越ながら。…ふふ、さっきまでのお返しですよ」
不敵な笑みを浮かべ、ラプラスが杖を振った。
「…!」
マスターの眼前に、たくさんの影が現れた。マスターが包み込まれていく。
「マスター!」
「大丈夫だ、心配な…!?」
影が形を成して行く。その形はさまざまだったが、人の形をしたものが多いようだった。
「な…これは…」
絶句して、膝をつくマスター。――突然、マスターの心から、記憶が流れ込んできた。
――昔いじめられた相手。昔傷つけられた相手――
それが、影の正体らしかった。
「どうです?要求を呑む気になりましたか?」
壁に寄りかかって嘯くラプラス。それを聞いて、忘れていた敵意が呼び起こされる。
「…君が、マスターを傷つけるなら――」
人口精霊の名を呼び、鋏を呼び出す。
「僕は、君を断ち切る!」
「ほう…貴方ですか。よろしい、お相手しましょう」
僕は鋏を構え、ラプラスとの距離を測る。
ラプラスが雪華綺晶の方を見た、その一瞬の隙をついて、僕は一気に間合いをつめ――
「蒼星石!!」
突然マスターが叫んだ。影の中から、右腕だけが出ている。
「マスター!?」
「蒼星石、鋏を貸してくれ!!!」
少し逡巡したが、すぐに思いなおした。
――マスターの言うとおりにして、失敗したことはあった。でも――
―――悪い結果になったことは、一度もない。
「受け取って、マスター!!」
僕が投げた鋏を、マスターの右腕がつかんだ。直後――
「何!?」
影が切り裂かれ、中からマスターが現れる。
「…よく戻ってこれましたね。あれで精神が壊れてしまう者もいると言うのに」
意外そうなラプラスに、マスターは笑顔で答える。
「…昔の俺なら、あの幻影に屈したかも知れない。だがな、今の俺には心を許せる仲間たちがいる。愛している護るべき人がいる。
 …『昔』にはそいつらはいない。『過去』に囚われていたら、そいつらに会えなくなっちまう。『現在』を見て、『未来』に進んで行かなくちゃな。
 …ま、振り返るぐらいはするけどな」
「マスター…」
…精神の弱いところを衝かれると、簡単には立ち直れない。
ジュン君も水銀燈にそれをやられて、夢に囚われそうになったことがある。
その時はのりさんのおかげで助かったけど、もしのりさんがいなくてジュン君一人だったとしたら、囚われたままだったかもしれない。
マスターは、そんな危険なものをいとも簡単に、それも一人で断ち切ってしまった。
なんて、強い人なんだろう。
「あのさ、三人とも、言いにくいんだけどさぁ…」
マスターが突然何か言い出した。
「これで、シリアスパート終わりだから」
「「「…はい?」」」
何を言って…
「俺がさっき言ってたことは全部本当のことだ。それは紛れもない事実。だけどな…」
一拍おいて、マスターが嘯いた。
「…悲しいけどこれ、コメディなのよね」
みもふたもないことを…
「まあ、私としてはそっちの方がいいですけどね。さすがにさっきの空気だと要求も脅迫もしにくいですし」
雪華綺晶…君がさっき一言もしゃべってなかったのは、そういう理由があったからなんだね?
「…さあ、お仕置きの時間だよ、ベイビー」
僕の鋏を持って、凍りつくような笑顔を浮かべたまま、ラプラスの方ににじり寄っていくマスター。
「いやいや、いやいやいやいや。本当勘弁してくださいよちょっと」
マスターと同じ速度で後ずさりするラプラス。
そのまま少し睨みあいが続く。
――最初に動いたのはラプラスだった。
「くっ…行け!」
その声にあわせて、さっきの影がマスターに襲い掛かる。
しかしマスターは鋏でそれを捌き、同時に二つの影を切断した。
両断され、崩れ落ちる二つの影。
「くそッッ」
やむなく、自ら剣を取ってマスターに討ちかかるラプラス。
しかし、それもマスターの鋏に難なく止められてしまう。
「バッ……バカなッッ!?」
「(中学時代)剣道部員、そんなヤワな斬撃じゃあ通用しないね……」
おもむろにマスターがラプラスに斬りかかる。
「部長の方がはるかにイイ打ち込みしてきたよ」
「~~~~~~~~~~ッッッ」
何とか持ちこたえ、後ろへ下がるラプラス。
マスターは更にラプラスとの間合いを詰めて斬りつける。
「つ……強いですねあの人」
「……」
「教えてやるよッッ!何で6人いるミーディアムの中で、俺だけがマスターと呼ばれているのかッッッ!!」
それは僕の個人的なことで…いいや、もう……
「あ、あの構えはまさか『Papier・Schneiden・Handwerk』!」
突然妙な構えを取ったマスターをみて、何か知っているらしい雪華綺晶が叫ぶ。
「し、知っているんですか雷電!」
マスターと対峙していたラプラスが聞き返す。…雷電?
「ええ、『Papier・Schneiden・Handwerk』…それは喜楽亭おもちゃ(人名)が編み出し、柳家一兆が改良を重ね、初代林家正楽が完成させた技…!
 その技は鋏で物を破壊しながらも、同時に別の物を創造するといいます…!(出典・民明書房刊『まあ要するに紙切りのことです』より)」
…もう、何がなんだか………
「…なら、それを受ければあとは私の物…!―――来いッ! 蒼星石のマスターッ!!」
「―――よい覚悟だ。死に物狂いで謳え雑念―――!」
ああ…もう……どうでもいいや………
「――『Elefant』!『Delphin』!『Schmetterling』ッ!!」
マスターが叫びながらラプラスとすれ違う。
――その直後、ラプラスのタキシードはバラバラにされていた。…よく見ると破片の一つ一つが象の形になっている。
「まったく、なにをやって……っ!?」
「……っっ!?」
――――同時に、僕らの服も。
…ちなみに、雪華綺晶の服の破片はイルカの形に、僕の服の破片は蝶の形に切られていた。
「くぅっ…対峙していたラプラスの服だけではなく、離れたところにいた私達の服まで切り裂くとは…
 その上、破片を動物の形に…完敗です。その写真、持って行きなさいっ…!」
「ちょ、ちょっと待ってよ!二人はともかく、何で僕の服まで…」
僕がそう問いただすと、マスターは少しあせりながら答えた。
「え?あの、えーと、あれだ…
 …き、君の裸が見たかったからさ☆」
「……………………」
もう、怒る気にもならない………
下着を残したのは良心の呵責によるものだろうか……