原作四巻21話の、蒼星石のローザミスティカが水銀燈に奪われるシーンに、このスレの住人が乗り込んできたら

水「貰っちゃった貰っちゃったぁ……蒼星石のローザミスティカ……」
翠「水銀燈、そいつを返すですぅ!」

???「待てぇーーーーーーーーい!!!!」

水・翠「!?」
赤い変な人「マスターレッド!」
青い変な人「マスターブルー!」
黄色い変な人「マスターイエロー!」
赤・青・黄「三人揃って!」

赤・青・黄「蒼 星 石 と お 話 し た い ん ジ ャ ー !」

翠「な、なんですかこいつらは……」
レッド「ヘイ! そこの真っ黒な羽根を生やした第一ドール!」
水「な、なぁによあなたたちは……」
レッド「今しがたお前が蒼星石から奪ったローザミスティカ……我々が奪い返させてもらう!」
ブルー「レッド貴様! その台詞は私が喋る算段だったのではないのか!?」
レッド「うるせぇこの腐れブルーが! 蒼星石と同じ色だからって調子に乗るんじゃねぇ!」
ブルー「なんだとこのイカれレッドが!」
イエロー「ふ、二人とも喧嘩はやm」
レッド・ブルー「「黙れ! 貴様は蒼星石に愛されたくないのか!?」」
翠「誰でもいいから早く蒼星石のローザミスティカを取り返すですぅ!」
レッド「くっ……ブルー! イエロー! ここはひとまず協力しよう! ブルー、まずは先制攻撃だ!」
ブルー「任せろ! 喰らえ水銀燈! ラピスラズリキィーック! トゥッ! トゥッ!」
水「………………」
翠「全然届いてないじゃないですかぁ……」
ブルー「貴様ぁ、正々堂々と地面に降りてから戦わないか!」
翠「そこからですか!?」
イエロー「落ち着くんだブルー、ここは蒼星石のフィールドの中なんだから、その気になれば我々だって飛べるはずだ!」
レッド「はっ! ここは蒼星石のフィールド……いわば蒼星石の中……! あぁ、蒼星石、感じるよ。君のぬくもりを……」
イエロー「しまったぁ! 感受性豊かなレッドがおしゃかになったぁ!」
ブルー「よっしゃ、飛べたぞ! 改めて喰らえ、水銀燈! ラピスラズリキィーック!」
水「そんなの当たらないわぁ……死になさい!」
ブルー「ぐぶふぉぉおおぉおおおお!?」
イエロー「ああっ! ブルーが羽根まみれに! レッド、早く目を覚ますんだ!」
レッド「あ、ありのまま今起こったことを話すぜ! 「『ストライク』と話したらいつの間にか蒼星石とピーッしていた」催眠術だとか超スp」
イエロー「レ、レッドが駄目なら僕がぶごふぁぁああぁぁあああ」
翠「よ、弱すぎですぅ! こいつら何なんですかぁ!」
レッド「すいません、特殊スーツ(単にnのフィールドに入れるだけ)を着たただの一般人です」
翠「頼りにならないですぅ! やっぱり私が……きゃぁぁああ!」
レッド「ああっ、義姉さん!」
水「たかが庭師と一般人ごときが私に勝負を仕掛けるなんて、おこがましいにも程があるわぁ……」
レッド「な、なんだと貴様!」
翠「(あ、足をやられたですぅ……不本意ですけど、この人間を頼りにするしかないです!)やい、赤いの!」
レッド「何ですか義姉さん!」
翠「そ、その……もしも蒼星石のローザミスティカを取り返してくれたら、そ、蒼星石を一日貸してやってもいいですよ!」

ナ ナンダッテー!!
 Ω ΩΩ

翠「きしょっ! 全員復活したですぅ!」
レッド「そうと決まれば水銀燈! 貴様のその真っ黒な羽根全部毟り取って、手羽先にして蒼星石に料理してもらってやる!」
水「ぜ、全力で阻止させてもらうわぁ! 喰らいなさい!」
ブルー「レッド! また羽根を飛ばしてくるぞ!」
レッド「三人の力を合わせるんだ!」
レッド「お話スレがのびーる、のびーる、ストップ!! 大きな声で、数を数えてみよう!」
レッド・ブルー・イエロー「い~~ち、にぃ~~、さん~~、しぃ~~~、ごぉぉ~~~!!」
水「な、なんなのあれは!」
翠「い、隕石ですかぁ!?」
レッド・ブルー・イエロー「どうだぁ、蒼星石への愛情パワーがここ(主に隕石)に、溜まってきただろう!!」
水「み、見える……! 黄色い全身タイツの変態が……キャァァァァァァ!」

ドゴーーーーーン!

翠「お、恐ろしいやつらですぅ……あの水銀燈を難なくぶっ飛ばしてしまったですぅ……!」
レッド「はい姉さん! 蒼星石のローザミスティカですよ!」
翠「あ、ありがとですぅ。さぁ蒼星石、目覚めるですよ!」
蒼「う、うぅん……あれ、僕は……」
レッド・ブルー・イエロー「そ、蒼星せkくぁwせdrftgyふじこlp!」
蒼「うわぁっ、す、翠星石、この人たちは……?」
翠「一応、命の恩人です。礼を言うですよ、蒼星石!」
蒼「あ、あの。助けていただいて、ありがとうございます」
レッド「蒼星石が!」
ブルー「我々に礼を!」
イエロー「たまらん!」

レッド・ブルー・イエロー「ぐばぁっ!」

バタッ バタッ バタッ

翠・蒼「…………………」
翠「とりあえず、戻りましょうか」
蒼「なんか原作と僕の性格違うし、真紅たちがいないようだけど」
翠「気にするなですぅ、作者がアホなだけですよ」


続く