※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

んで、生ゴミに捨ててる蒼星石を見てゾクゾクしていたら
そこを見られて

蒼「・・・気持ち悪いなぁ・・・。もしかして、マスターってM?」
蒼星石がまるで汚物を見るような目で俺を見ている。
マ「(;´Д`)'`ァ'`ァ 」
その視線に更に快感を覚えていた俺に、子供が悪戯する時のような視線を送る蒼星石。
蒼「・・・フフフ・・・MならMって言ってくれればそれなりの扱いをしてあげたのに・・・」
マ「(*´д`*)ハァハァ」
蒼「マスター、脱いでそこに四つん這いになりなよ」
マ「キター━━━━(゚∀゚)━━━━!!!」
蒼「よくできました・・・。じゃあ・・・次は」

(省略されました・・全てを読むには蒼星石の可愛さは異常と書き込んでください)