※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「じゃあ僕は先に寝るよ、おやすみなさい、マスター。」
それを聞いてから30分程経った頃、俺も寝室に向かった。
もう蒼星石も寝付いただろうと思ったので、
俺は軽いいたずらを仕掛ける事にした。

そっと鞄を開けて見た、やはり眠っているようだ。
そして俺がキスをしようと蒼星石にそっと顔を近づけたとき、
「ちゅっ」
蒼星石が突然起き上がり、俺の唇にキスをした。
「えへへ、ビックリしたでしょマスター?」
それでも唖然としている俺に蒼星石が続ける。
「いつもやられてばっかりだから仕返ししようと思ってずっと待ってたんだよ。」
そこでようやく蒼星石が待っていた事を理解した。

それから一緒にベッドに入ったあと、蒼星石が話しかけてきた。
「マスター。」
「ん、どうした?」
「今度は・・・マスターからいいかな?・・・
いたずらとかじゃなくて・・・ね?」