「じゃあ僕は先に寝るよ、おやすみなさい、マスター。」
それを聞いてから30分程経った頃、俺も寝室に向かった。
もう蒼星石も寝付いただろうと思ったので、
俺は軽いいたずらを仕掛ける事にした。

起きないようにそっと鞄を開けてみた。
蒼星石は気付かず眠っていたので、頬にそっとキスをしてみた。
「んっ・・・・・うわっ、マスター!?」
蒼星石はゆっくり目を開け、俺に気付くと驚いた様子で声を上げた。
「もう・・・驚かさないでよね・・・」
「一人で勝手に寝るなよ、一緒に寝るぞ。」
「もう・・・しょうがないなぁ・・・」

俺は蒼星石をそっと抱き上げ、一緒にベッドに入った。
「しょうがないとか言う割にちゃんと抱き付いてくるんだな。」
「だって・・・マスターあったかいから・・・。」
それから蒼星石が寝付き、その後俺も眠りに付いた。
朝になっても、蒼星石は俺の寝間着を掴んだままだった。