※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(すごい雨だな・・・)
朝からぽつぽつと降り続いていた雨は、授業の間に豪雨に変わっていた。
通り雨だろう。
ぼーっと窓の外を眺めていると、突然空が光った。
「うっ」
目を細めた直後、校舎の外に轟音が鳴り響いた。
雷である。
教室の中も少し騒がしくなる。
結構近いな、嫌だ怖い等の声が飛び交う中、家で一人で留守番をしている蒼星石の事が気になった。
確かあいつは雷が苦手だったはずだ。大丈夫だろうか。
そう思っていた矢先、ポケットに入っている携帯が震えた。
こっそりと携帯を出し、発信元を確認する。
自宅。言うまでもなかった。
「先生、トイレ行ってきていいですか?」


トイレの個室の鍵をかけ、震え続ける携帯を取った。
「マスター!」
慌てた声だった。
「雷が怖くて・・・マスターの声が聞きたくて・・・」
その声はだんだんと弱くなる。
「マスターは学校で授業中なのに・・・ごめんなさい、わがまま言って」
「なんだ、そんなことか」
俺は少し安心した。
「別にそんなことは気にしないよ。俺はいつでもお前のためなら授業くらい放り出してくるさ」
「マスター・・・」
「それに、今家にいるのはお前だけだ。俺がいない間、しっかり留守番してくれないと」
受話器の向こうで、蒼星石はうんうんと頷いていた。
「・・・うん、そうだね。ありがとうマスター!」
蒼星石はすっかり元気を取り戻したようだ。
「じゃあ俺はそろそろ授業に戻るよ。今日は早く帰れるようにがんばってみる」
「うん、ありがとう!がんばってねマスター!」
さて、留守番をがんばる蒼星石のために俺ももう少し頑張りますか。