カーテンを開けると、空には一面の青空が広がっていた。
「今日はいい天気だ・・・・どっか走ってこようかな」
「どこか行くの?マスター」
「あぁ、折角の天気だからな。サイクリングでも行こうかと。お前も一緒にどうだ?」
「え、でも・・・どうやって?マスターの自転車はカゴなんて付いてないのに」
蒼星石の言うとおり、俺の自転車にはカゴが付いていない。
「それ以前に、お前カゴに入れられるの嫌だろ?」
「う、うん・・・・」
「安心しろ、カゴなんか無くてもこの世には便利なアイテムがあるんだよ」


数分後、俺は近所の河川敷を自転車で颯爽と走っていた。
背負ったリュックからは、蒼星石がひょっこりと後ろ向きに顔をのぞかせている。
「わ、わ、速いよマスター!」
蒼星石がそんなことを言う傍ら、ちょっと意地悪してみようと、更にスピードを上げる。
「ま、マスター!スピード出しすぎ!怖いよ!」
俺の背中で声を張り上げる蒼星石。こういうときにこそ、後ろに目が欲しいものである。
足の力を抜く。やがて背中は静かになった。
「蒼星石」
「なに?」
「俺の頭乗っていいぞ」
ずっと後ろ向きでいてはつまらないだろう。俺のせめてもの気遣いだった。
背中がゴソゴソと動き、重みがリュックの中から、肩、頭へ移動してきた。
「わあ・・・・」
この川の水質はお世辞にも綺麗とは言えないが、日光が当たって水面がキラキラと輝いていた。
「マスターはいつも、この高さで世界を見てるんだね・・・」
「実際にはもう少し低いけどな」
「そういうこと言わないでよ、マスター」
恐らく蒼星石は、俺の頭の上で頬を膨らませているだろう。
「すまん」
苦笑いで答えた。

ゆっくりと、蒼星石と一緒に走る。
たまにはこういうのもいいかもしれない。
「・・・マスター」
俺の頭に手をついたままの蒼星石。
「どうした?」
「・・・・いや、呼んでみただけだよ」
エヘヘ、と蒼星石は笑った。
俺はハンドルから手を離し、頭の上の蒼星石を抱え上げた。
「ちょっ、マスター、危ないよ!」
「こんなの朝飯前だ」
俺は右手はハンドル、左腕で蒼星石を抱えるような体勢になる。
「・・・・マスターはあったかいなあ」
「そりゃ運動してるからな」
「・・・・・・マスター・・・・・・」
「すまない」
また余計なツッコミを入れる俺。
(でも、そこが好き)
「なんだって?」
俺が訊くと、蒼星石は満面の笑みで答える。
「ううん、なんでもない!」
春の心地よい風が吹いた。