※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前回までのあらすじ
朝起きたらなんと蒼星石になっていた!
じじいの世話は出来ないので脱走、偶然飛び込んだ家は柏葉家だった!
なんとか巴のおかげで桜田家に行くことが出来たのだが……?

「着いたよ。」

巴の声を聞いて、俺は鞄から飛び出した。

「ここが桜田家か……。」

なんでも巴は、ここにいる子に会いに来たらしい。
巴が手に持ってるのは不死家の袋だし、たぶん雛苺だろう。
じじい家に翠星石もいなかったし、どうやら既に桜田家に3体のドールがいると見て間違いないだろう。

巴がドアのチャイムを鳴らすと、わりとすぐにドアが開いた。それと同時に、何かが走ってきて、巴に飛びついた。

「トゥモエエエエエエエエ!」

「ふふ、いい子にしてた?雛苺」

雛苺か。抱きつかれた巴もまんざらでもないようだ。

「やあ、雛苺」
俺はできるだけフレンドリーに雛苺に声をかけた。
「あー、蒼星石!久しぶりなのー!」
「あら?みんなのお友達?」
のりちゃんもやってきたようだ。とても不思議な気分だが、ここは冷静になれ、俺。
「はじめまして。僕はローゼンメイデン第4ドール、蒼星石。翠星石の双子の妹で、真紅と雛苺の姉です。みんながここにいると聞いたので……。」

「あら、そうだったのぅ?私はのり。桜田のりっていうの。よろしくね。さあ、上がって上がって。巴ちゃんも遠慮しないで」

「すいません、私はこれから部活があるので……。」

「あら…それじゃ仕方ないわね……がんばってね」

「え~、巴帰っちゃうの!?」

「ごめんね、雛苺。また後で来るから。」

「は~い……。」

雛苺はぶすくれているがこれ以上わがままは言わない。

「おじゃまします。巴さん、グラッツェ(ありがとう)! 君の幸運を祈ろうッ!アリーヴェ・デルチ(さよならだ)」

俺はここまで連れてきてくれた巴に礼を言い、桜田家にお邪魔した。

巴は少し微笑みながら帰っていった。

さて、ここに翠星石に真紅、更にジュン君がいるのか……。

ああ、やっぱ不思議な気持ちだ。

「あれ、蒼星石ってそんなキャラじゃなかったような気がするの……。」

やべっ……。

どこがいけなかった?つい気分が高揚して変なこと言っちまったか?

「雛苺。僕たちは悠久の時の中、時の流れ、世界の流れを感じながら生きているんだ。そんな中で価値観が変わらないわけが無い。
たとえば邦楽のショボイ曲しか聴いたことの無い人がビートルズの名曲を聞いて洋楽のよさに目覚めるのはコーラを飲んだらゲップが出るくらい確実なことじゃあないかい?
とにかく、『苺大福を一口食べたら魅了される』ように、考え方や価値観は意外と簡単に変わってしまうものなんだ。
人間社会に長い間暮らしていればなおさらね。
わかったかい?雛苺。」

「うゆ……よくわかんないの。」

「はは、まだ雛苺には早かったかな。さあ、皆のところに行こうか。」



フゥ~ッ…。

純粋で精神的に幼い雛苺だから、なんとか口から出任せの説明ではぐらかすことが出来たが……。

これが真紅相手だったらと思うと……ゾッとするぜ。

とにかく、注意を払って、一時のテンションに身を任すことだけは慎まなければいけない。

ここでの行動が、今後の生死を分けることになるのかもしれないのだから……。

俺の死は即ち蒼星石の死。

すごいプレッシャーだ。絶対に死ぬわけにはいかないじゃないか。

まったく、やれやれだぜ……。