※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ぶ、ぶつかるゥーッ!」
ガラス窓への距離がどんどん縮んでいく。
俺の体ならともかく、蒼星石の体をガラスのシャワーにさらすのはいやだーッ!
と、突然民家の窓が開け放たれた!
俺はそのまま民家の中へと突っ込んだ!
「ふう……なんとか蒼星石の体は無事だ……本当に良かった……。」
思いっきり床に体を打ちつけた気もするがそれはそれ。いてて……。
しかしちょうどいいタイミングで窓が開くとはラッキーだ。
しかし一体誰が……。
「あなたは……?」
突然、誰かから声をかけられた。
そうだ。ここが人の家だって事をすっかり忘れていた。
俺に声をかけた女の子は怪訝そうな目でこちらを見ている……。
しかたない、ここは落ち着いて対応しなければ。
「突然すみません。僕は蒼星石っていいます。
桜田という家を目指していたのですが、ちょっとしたトラブルで、あなたの家に突っ込んでしまったのです。」

うーん、今の説明には無理があったか?
言った後から後悔してきたぞ……。
「桜田……? 桜田っていう苗字の家なら、ここの近くにひとつだけあるけど……」
おお、意外と通じるもんだなあ。
「そこの家って、もしかして子供がいっぱいいて、引きこもりの中学生とかいませんか?」

「うん、いる……。 私もちょうどその家に行くところだったの。 よかったら、あなたも……。」

「いいんですか!? ありがとうございます! ところで良かったら、名前を聞かせてもらえませんか?」

「私は巴。柏葉巴(カシワバ トゥモエ)」

巴……雛苺の元マスターの子か!
この俺……どうも「強運」に恵まれてる気がするぜ……。
この体になったことといい、運よく巴ちゃんに出会えた事といい……。
さて、何はともあれ、これで他のドールたちと接触を図れる。
これから、誤解を招いたりしないように、言動には常に注意しなきゃいけないな。

「よろしくおねがいします、巴さん。」
「巴で……いいよ。」

元の体じゃこんなこと女の子に言われたためしがなかったなあ……。
その元の体に戻るために頑張るってんだから、複雑な気分だ。