「ふぅ……。」
PCの電源を切り、俺はその場に寝っ転がった。
今に始まったことじゃないが、何で俺はこんな人生を送ってるのかと思う。

寝て、起きて、飯食って、バイトして、PCやって、飯食って、寝て……。
その繰り返しだ。
「あぁ……せめて蒼星石が家にいてくれたらなぁ……。」
 バカげた考えだとはわかっている。しかし、俺の視界にたまたま神棚が見えたもんだから、お願いしちまった。
「(どうか神様、俺のところに蒼星石が来ますように……そしてあんなことやこんなこと……いやもういっそ蒼星石にしてくれ!)」
アホらしいと思いながらも願いを終えて、目を瞑った。とたんに眠気が襲ってくる……。


『あぅあぅ♪なぜだかこの人の願いを聞き届けてしまったのです。これも何かの縁ですし、叶えてあげるのです♪』

 

------------------------------------------------------------------------------------------

 

「いでっ!」
 目を覚まし、身を起こそうとした途端、何か硬いものに頭をぶつけてしまった。
しかもよく見たら真っ暗だ。いったいどうなってんだ?

さっきぶつかった所を手で押してみると、あっさりと動いた。
それと同時に、光が射し込んでくる。
「うおっ、まぶしっ!」
光を手で防ぎつつ、身を起こした。
そして今まで寝ていた場所に目をやり、俺は愕然とした。
「え? これは……『鞄』!? しかもローゼンメイデンが入ってるやつみてーなッ! まさか……拉致されたのか!?」
寝起きということもあり、頭がパニック状態だ。
しかし、俺は起きた部屋にある鏡を見てしまったことで、余計にパニックの園へ落ちていくことになってしまった。
「え……! え!?」
言葉が出なかった。
鏡に映ってるのは俺じゃあない。
シルクハットに、茶色のショートカット。
緑と赤の、宝石のように綺麗なオッドアイ。
そしてなによりも、大事なものがついてない。

そう、鏡に映っていたのは、ずっと憧れ、恋い焦がれてきた、
蒼星石そのものだった。